長岡生コンクリート
ローテク生コンも現代日夜技術開発が進んでいます。ここでは生コンの最新技術をご紹介していきます

2020/02/20

「生コン工場の未来予想図」毛受建材・DIY

「生コン工場の未来予想図」毛受建材・DIY

月に1度訪問する愛知県豊明市の毛受(めんじょう)建材には改めて生コン工場の未来予想図を見る想いだ。生コン工場の視点からではなく、そこを訪ねる人々(施工者・上級DIYer)目線から全ては設計されている。
https://www.menjo.co.jp/



上級DIYerからプロ施工者迄ニーズを満たす生コン工場

BD3BB7D4-BF05-4697-A083-049E20F1A2EC.jpeg

毛受建材の事務所兼店舗前エントランス(駐車場)。

入るとすぐにめにつくのは土嚢袋に入れられた砂利や現場で絶対に使う道具の類。

いずれも、建設現場の必須アイテムばかり。


35902808-E97D-475E-B235-60050CBEC433.jpeg

実物がおいてあるだけじゃない。

ここではどんな商品が手に入るのか。

そして、毛受建材はどのような姿勢で運営されているのかが大書されていてそれらは自然と目に飛び込んでくる。

そう、毛受建材では上級DIYerからプロ施工者まで、生コン工場の顧客が求める全てのものがワンストップで手に入るということがわかる。

まさに、生コン工場の未来予想図。



生コン工場の未来予想図「DIY×生コン」の具現化

/econ/blog/diytp.html

現在生コンポータルではそんな「なんでも揃う」生コン工場のマッチングサービスの準備を進めている。

そのキラーコンテンツはアウトレット生コン(または原料とするコンクリート製品群)。

生コン工場では日々大量の生コンが生産され現場に持ち込まれる。

ただ、世間にあまり知られていないのはそれら生コンは未使用で生コン工場に持ち戻されているという現実。

こうしたいわばアウトレット生コン(専門用語では残コンと呼んでいる)の有効活用を軸に全国各地のプロ施工者や上級DIYerと生コン工場をマッチングする。


7CBDE4AC-BE4E-4D7A-A9CF-F3D607C06C28.jpeg

園芸やDIYの必須アイテム花壇の縁石は生コン工場で発生するアウトレット生コンの1つ。


⚫︎アウトレット生コン

⚫︎アウトレット生コンで製造されたブロック製品

⚫︎再生砕石

⚫︎残土処分

など、生コン工場ならではの各種サービスに加えて、

⚫︎工具(レンタル)

⚫︎乾燥モルタル

⚫︎カーポート、ネットフェンス、ウッドデッキ

のように工場それぞれの姿勢に応じて各種製品をラインナップする。

訪れるプロ施工者や上級DIYerのニーズにワンストップで応える。

日本中の生コン工場が毛受建材のようになれば。

それはきっと素晴らしいことになるのだと思う。


僕たちはそうしたニーズを向けられている。

けれど、これまではひたすら、生コン製造販売だけを商いとしてきた。

社会の要請は変化している。

その変化に対して変わるも変わらないもそれぞれの工場次第。

全国各地の地元生コン工場の情報を透明化することでもっと社会に開かれた生コン産業が具現化しそれは社会ニーズをダイレクトに感じるきっかけになるはずだ。

常に顧客の要請を肌で感じそれを形にアウトプットする毛受建材は生コン工場の未来予想図だ。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら