長岡生コンクリート
ローテク生コンも現代日夜技術開発が進んでいます。ここでは生コンの最新技術をご紹介していきます
  • HOME
  • 新生生コン最先端技術

「たった1%の生コン夜間出荷」生コン工場の工夫(遅延剤対応)

夜9時以降に生コンを打設したい現場だってある。水の次に流通する材料と言われる生コンは昼夜を問わず現場から必要とされる。生コンポータルでは「たった1%」と言われる夜間出荷に対応している工場をWEBで紹介する予定だ。



夜間出荷に対応する工場はたったの1%

夜9時以降のオーダーに対して製造するのは夕方4時。

昼間の製造・出荷が終わる頃に1ロットの生コンを製造する。

それはそのまま5時間後に用いられる生コンとなる。

「え?!生コン5時間経ったらどうなるの?」


5時間後の様子。

夕方4時製造直後の性状とさほど変化が見られない。

これぞ、化学混和剤「凝結遅延剤」がなせる技術。

かくして工場の負担を最小限に抑えて夜間に生コンは出荷されている(事前協議必須)。



たった1%の夜間生コン出荷という現実

夜間出荷の負担は大きい。

まず、工業団地に操業している生コン工場でないかぎり対応は難しい。

近隣から苦情が寄せられるからだ。

昼間ならともかく夜更けにどさどさと生コンを製造することは許されない。

この時点で対応可能工場は大幅に絞られる。


さらに、過重労働。

点検や製造、試験、配達、その後の設備洗浄。

深夜に及ぶその作業は1人ではできない(1人ではリスクマネジメントの観点からもしてはならない)。

最低2人が草木も眠る丑三つ時にせっせと働く。

彼らはお昼に普通に仕事をしていたりもする。

いかにその分余暇をとったり深夜割増の条件だとしても夜間出荷は生活のリズムが狂う。

このため、対応可能工場はさらに大幅に縮小する。

今後生コンポータルでは夜間出荷対応工場をWEBで表示する予定だが現時点でも関東1都4県見渡しても10工場くらいしか思いつかない。

感覚としては「たった1%の生コン工場しか対応しない」のが夜間出荷。


もちろん冒頭で紹介したような工夫(遅延剤使用)で負担は最小限に抑えることだってできる(その場合JISマークが付せられないなどの制約はあるため十分協議が必要)。

しかしそうはいっても夜間出荷は昼間の操業が標準の生コン工場にとって負担は大きい。

つまり、「夜間の出荷に対応できる工場」はそのまま「強靭な組織とマインドを持つ選ばれた生コン工場」ということができる。


夜間に生コンを使っても使わなくても。

施工者目線から考えたらそんな生コン工場の仕入れルートは確保したいはず。

あらゆる特殊コンの中でも夜間の生コンほど地味だが困難を伴う生コンはない。

そんな生コン工場をWEB上で紹介しより多くの人たちに適正な機会が提供される生コン産業を目指したい。



宮本充也

「生コン工場の未来予想図」毛受建材・DIY

月に1度訪問する愛知県豊明市の毛受(めんじょう)建材には改めて生コン工場の未来予想図を見る想いだ。生コン工場の視点からではなく、そこを訪ねる人々(施工者・上級DIYer)目線から全ては設計されている。
https://www.menjo.co.jp/



上級DIYerからプロ施工者迄ニーズを満たす生コン工場

BD3BB7D4-BF05-4697-A083-049E20F1A2EC.jpeg

毛受建材の事務所兼店舗前エントランス(駐車場)。

入るとすぐにめにつくのは土嚢袋に入れられた砂利や現場で絶対に使う道具の類。

いずれも、建設現場の必須アイテムばかり。


35902808-E97D-475E-B235-60050CBEC433.jpeg

実物がおいてあるだけじゃない。

ここではどんな商品が手に入るのか。

そして、毛受建材はどのような姿勢で運営されているのかが大書されていてそれらは自然と目に飛び込んでくる。

そう、毛受建材では上級DIYerからプロ施工者まで、生コン工場の顧客が求める全てのものがワンストップで手に入るということがわかる。

まさに、生コン工場の未来予想図。



生コン工場の未来予想図「DIY×生コン」の具現化

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/diytp.html

現在生コンポータルではそんな「なんでも揃う」生コン工場のマッチングサービスの準備を進めている。

そのキラーコンテンツはアウトレット生コン(または原料とするコンクリート製品群)。

生コン工場では日々大量の生コンが生産され現場に持ち込まれる。

ただ、世間にあまり知られていないのはそれら生コンは未使用で生コン工場に持ち戻されているという現実。

こうしたいわばアウトレット生コン(専門用語では残コンと呼んでいる)の有効活用を軸に全国各地のプロ施工者や上級DIYerと生コン工場をマッチングする。


7CBDE4AC-BE4E-4D7A-A9CF-F3D607C06C28.jpeg

園芸やDIYの必須アイテム花壇の縁石は生コン工場で発生するアウトレット生コンの1つ。


⚫︎アウトレット生コン

⚫︎アウトレット生コンで製造されたブロック製品

⚫︎再生砕石

⚫︎残土処分

など、生コン工場ならではの各種サービスに加えて、

⚫︎工具(レンタル)

⚫︎乾燥モルタル

⚫︎カーポート、ネットフェンス、ウッドデッキ

のように工場それぞれの姿勢に応じて各種製品をラインナップする。

訪れるプロ施工者や上級DIYerのニーズにワンストップで応える。

日本中の生コン工場が毛受建材のようになれば。

それはきっと素晴らしいことになるのだと思う。


僕たちはそうしたニーズを向けられている。

けれど、これまではひたすら、生コン製造販売だけを商いとしてきた。

社会の要請は変化している。

その変化に対して変わるも変わらないもそれぞれの工場次第。

全国各地の地元生コン工場の情報を透明化することでもっと社会に開かれた生コン産業が具現化しそれは社会ニーズをダイレクトに感じるきっかけになるはずだ。

常に顧客の要請を肌で感じそれを形にアウトプットする毛受建材は生コン工場の未来予想図だ。



宮本充也

【岡山】「地図出し業務の効率化!」白石建設・コンカレント化

生コン工場の内勤の主要な作業の1が地図出し業務。住所、地図を始め、現場に関わるあらゆる情報が瞬時に全体と共有される驚異のシステム(白石建設)について。



究極の情報共有(岡山・白石建設)

799FCD02-7BCC-41D9-9721-4A36540F4298.jpeg

このほど白石建設に導入された書き込み可能なPCモニター。

常にここには運行状況が動態的に表示されている。

さらに受付が顧客からヒアリングした諸条件をタッチペンで書き込むこともできる。

武南社長ぢきぢきにプレゼンいただく活用方法。

従来紙にメモされ1 to 1の情報伝達でしかなかったこの情報は記録も残され瞬時に任意に設定できるメンバー複数名と共有されることになる。

スマホ(無線機能付き)はドライバースタッフ全員に支給されている。

組織を取り巻くあらゆる情報は適時共有できる。


1E294E0A-0B56-4D57-AF80-D13576A67B1D.jpeg

それら情報の都度にQRコードが生成され、誰でも簡単にこの情報にアクセスすることができる。

汚い字もこんなふうに綺麗なフォントに変換される。

プレゼン資料作成にも有効だ。

工夫次第で無限大の使用方法が生み出される。

このシステムはきっと今日も、そして、明日も。

新たな使用方法が見出され、それは白石建設スタイルをさらに進化させるだろう。

それぞれの生コン工場にあった情報共有スタイルが進化する。



生コンICTはやらされるものじゃなく、主体的に起こすもの

今話題のi-Constructionに見られるトレンド。

監督官庁が「やれ」と号令を出したから。

そんな動機付けで嫌々やるようなICTでは生産性の向上もきっと限定的。

理想的なのは白石建設が実践しているように。

それぞれの生コン工場が主体的に「これ、便利」と始める取り組み。

そうした取り組みでなければいつまでも「やらされ」意識は拭えない。


話題になっている伝票の電子化もそうだ。

こうした取り組みに永久に光があたらないのは動機付けが内側からではなく外からということが大きいように思う。

特に、

⚫︎生コンは経産省

⚫︎建設は国交省

という監督官庁が縦割りとなっている場合は件の、

「国交省の口車に乗せられるもんか!伝票のデータは絶対に渡さん!」

みたいな話になってしまう。


生コンICTという理想に求められること。

それは、行政の働きかけを待つのではなく、それぞれの工場がそれぞれに今からできることを実践すること。

そして、それら実践をITを通じて共有すること。

相互に関連し合うこと。

産業がコンカレント(同期)化すること。


訪ねるたびにSomethomg Newを見つけることのできる白石建設で考えていたことは概ねこんなところだ。



宮本充也

「起業とは崖から飛び降り、落ちるまでに飛行機を組み立てるようなもの」(週刊生コン 2020/02/03)

どんな小さな挑戦でもいい。今日の自分と違う明日の自分を創造する。70年産業生コンでは一見そうした挑戦は諦めなければならないようにも見える。でも、そんなことはないはずだ。日々どこかで展開される生コン「未知への挑戦」。



「起業とは崖から飛び降り、落ちるまでに飛行機を組み立てるようなもの」

LinkedInの創業者リード・ホフマンはこういった。そう。スタートアップって、なんかカッコいい。

ただ、現実はそんなかっこいいもんじゃない。
崖から飛び降りたら、急に雨が降りだしたり強風が吹いたりもする。落下している途中でよく見たら飛行機の設計図が未完成だったり、崖の上に工具を忘れてきたことに気づいたりもする。そして、なんとか組み立てた飛行機が急浮上するのは本当に一握り。慌てて作った飛行機には欠陥があり、浮上したと思ったら急降下したり、低空飛行を続けたりもする。

飛行機の完成が間に合わなかった時、地面にたたきつけられて死ぬのは自分だけじゃない。そのことをよく考えないといけない。逆に考え過ぎると眠れない夜が続く。だから、マズイと思ったらためらわずにパラシュートを開こう。そして、時間はかかるかもしれないけど、本当に創りたい未来があるならまた再び崖の上へ登ればいい。きっと次はうまく飛べるはず。もっと高く。もっと遠くへ。

(工具を忘れたなら、すぐにDIY FACTORYで注文すればいい。)

出典:https://www.facebook.com/100001136389175/posts/2754017901312729/



【富山】「生コン車ファースト!」あづまコンクリート(その3)

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/3_2.html

飛び降りた瞬間に突風。

「生コン屋さんからジェットコンがあたりまえに届く世界」の創造。

富山県のあづまコンクリートでは先週その記念すべき第一歩が踏み出された。

半年以上の準備をして臨んだ実機実験。

なんとドラム内に残留した生コンが硬化するというアクシデントで幕を閉じた。

そう、「失敗」に終わった。

誰もやったことないこと。

果敢に挑戦した。

そして、あづまコンクリートはその歩みを止めない。

2歩3歩と前進する。

それは、未知「生コン屋さんからジェットこんが当たり前に届く世界」が見たいから。



【埼玉】「衝撃のカーポートと土間コンを1日で施工」エクスショップ・透水性コンクリート

http://www.nr-mix.co.jp/dry_tech/blog/1_29.html

カーポートと土間コンが1日で終わる世界の扉が開け放たれた。

こちらも半年以上の準備を経て先週実現に至った。

結果的に大成功、想定通りに幕を閉じた。

「カーポートと土間コンを1日で施工」

このことがどれだけ多くのエクステリア関係者に喜びを届けられるか。

いずれも1日施工があたりまえ。

⚫︎カーポート

⚫︎土間コンクリート

それらがたった1日の中に収まってしまう。

それも十分なゆとりをもって。

未知を求めて果敢に挑戦した結果はその当事者はもちろん関わる全ての人たちにとって喜びを届けることになる。



【千葉】「プレートマーク対策にポリカはいかが?」置き場出入り口舗装

http://www.nr-mix.co.jp/dry_tech/blog/post_1000.html

何度も検証され効果が確認されたこれまでから脱却する。

変化には痛みを伴う。

ただ、変化せずその場に立ち止まり続けることは「安心」かもしれないが思考停止に導かれる。

今日も、昨日と同じこと。

明日も、今日と同じこと。

やがて、何も疑うことなくこれまでのやり方を盲信するようになる。

そんなふうにならないように。

小さな挑戦でもいい。

閃いた小さなアイディアを躊躇わず実践する。

すると、これまで誰もが困っていたことが簡単に解決できたりしてしまうのだ。



「未知への挑戦」

起業。

新たな挑戦を起こす。

それは崖から飛び降り、落ちるまでに飛行機を組み立てるようなものかもしれない。

誰にとっても怖い。

知らないところ、経験したことのないことを、知る、経験するというのは恐怖が付きまとう。

僕も日々恐怖の連続だ。

ただ、1秒前と現在が一度も同じだったことがない世界に生きる僕たちは理解する必要がある。

変化こそ本質。

今も世界中で変化が起き続ける素晴らしい世界に僕たちは生きている。



宮本充也

「スマホ無線用ハンドマイクがそろいました」運転中の【ながらスマホ】が厳罰化!

スマホ無線用ハンドマイクがそろいました。ハンドマイク導入によりスマホを触ることなく通常の無線のように扱うことができます。スマホに電源を入れジャックを差し込めば自動的に電源が入ります(池上さん報告)。



運転中の「ながらスマホ」が厳罰化!

D5C6A17A-AAA7-4C93-8095-C32070145F62.jpeg



生コンポータルでは全台スマホ無線採用

http://www.nr-mix.co.jp/new_nama/blog/post_116.html

随分前から生コンポータルではスマホ無線を標準としてきた。

なにせ、無線ではなくスマホは色々とつぶしがきくのだ。

電話はもちろん運転者さんの自由裁量でいろんなアプリをダウンロードできる。

生コンポータルでは現場共有をメッセンジャーで行っている。

写真も撮れるから便利だ。

現場待機中暇な時には無料ゲームに興じたり読書もいいだろう。

なにせ、スマホは色々とつぶしがきく。

そんなスマホ無線。

ここに来て困った法律が成立してしまった。

皆さんご存知。

運転中の「ながらスマホ」が厳罰化!

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201707/2.html

である。


生コン運転者は職業ドライバーだ。

業務上の無線操作とはいえ「スマホはスマホ」である。

この法律もなんとも融通のきかない四角四面な有様は心情的にはムカつくがルールはルール(納得はしていないが)。

もし、ルールを違えれば、下手すると1発免停。

生コン運転者の職業上がったりとなってしまう。

こりゃ、まずい。

ということで今回スマホ無線用ハンドマイクの導入とあいなった。


1B6A8D6E-B3E5-465B-A9D8-0D7DC56DD362.jpeg

接続するだけで無線になる。

スマホは持つ必要はない。

その辺に置いておけ。


34B82AAF-A461-4BEF-A5D1-F8CD28181423.jpeg

見ての通り普通の無線と同じ操作性。

詳しくは池上さんが教えてくれる。



きっと無線すらなくなる世の中がやってくるんだろうな。

https://www.afpbb.com/articles/-/3263953#default

69F72279-0419-4B90-9E76-FEF5E2D658A1.jpeg

スマートコンタクトレンズ。


OK Google!

Hey SIRI!

の時代だ。

冷静に考えてみると「なんで線で繋がってる機械を使ってんだろ」となる。

まるで時代に逆境していて馬鹿みたいだ。


確かにスマホのながら歩きは危ない。

ながら運転なんかもってのほかだ。

だから、国は規制する。

「やっちゃだめです」

「もしやったらおしおきです」

そして、訳のわからない法律が成立する。


ただ、民間企業が起こしているイノベーションは桁違いのスピードだ。

そのうち「ながらスマホ」の「スマホ」もなくなってしまうだろう。

僕が生まれた時のコンピューターといえば建物の大きさだった。

それが今はスマートコンタクトのサイズにまでなっちゃった。

ナノテクはさらにこのスピードを加速させるだろう。

細胞サイズまでコンピューターのダウンサイジングは進む。


そんな未来をみつめながら。

今回導入しました。

スマホ無線用ハンドマイク。



宮本充也

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート