長岡生コンクリート
ローテク生コンも現代日夜技術開発が進んでいます。ここでは生コンの最新技術をご紹介していきます
  • HOME
  • 新生生コン最先端技術

【静岡】「カラーコンクリートも承ります」特殊コン、企業間連携

静岡県伊豆の国市に操業する長岡さくら工場(生コンポータル運営)は歴史的に特殊コンクリートに率先して取り組む風土がある。「特殊コンなら長岡さくら」そんなブランドは生コン業の横の連携を通して全国にも発信されている(池上さん報告)。
製造:長岡さくら工場、施工:土佐谷組(沼津市)



「カラーコンクリートも承ります」

6E92DD0B-C6A3-4CA1-A763-727EE6A85175.png

現場共有のメッセンジャーグループでの池上さんの報告。



「いけません!」の即答だから頭くる。

他社さんのことだからあまり深掘りしづらいが、やっぱ姿勢って大事だと思う。

無理なもんは無理って時もある。

けど、その答え方に姿勢が浮かぶ。

当社工場のモットー。


「3マセンはいけません」

⚫︎知りません

⚫︎わかりません

⚫︎できません


そんな伝統から長岡さくら工場はいつしか「特殊コンなら長岡さくら」というブランドが地元に根付いている。


313A9E16-ECF9-4166-A8CC-AC410E0C9AC3.jpeg

こちらは一見普通の生コンにしか見えないが、カラーコンクリート(こげ茶)。


56360090-E87A-446D-BC36-C3D54147DEE1.jpeg

こちらもわかりづらいが打設され脱型されたカラーコン。



役所の図面に指定されているカラーコン。

基本、生コン工場は変化球に弱い。

プラントそのものがそうなっている。

貯蔵ビンに限りがある。

セメントや混和材(剤)を貯蔵する系統にも制限がある。

結果、

「できません」

とこうすぐ「ません」が出る。

生コンあるあるだ。

カラーコンを始め、


⚫︎軽量骨材コンクリート

⚫︎水中不分離コンクリート

⚫︎深夜打設(夜中の生コン出荷)


でも、この特殊コンクリート。

やればやるほどノウハウとして蓄積されていく。

http://www.nr-mix.co.jp/topics/post_479.html

二見さんのブログにもそのノウハウの様子が描かれている。

最初は「特殊」かもしれないが、いつしかそれは「平常」の光景となっていく。

そして、生コン工場として強くて健全なあり方ができあがっていく。



そんな生コン工場としての強くて健全なあり方は世界とシェアされている。

ITの時代オープンイノベーションや企業間連携は加速している。

今も中国から生コン関係者が来日している。

http://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/6.html

しかも、夜にはイタリアからジョルジオ さんが駆けつけてくれる。

無関係に見えた世界中に散在する「生コン」は今相互に無関係ではいられなくなった。

伊豆山奥の前向きな工場で生み出された技術は日本全国はもちろん世界中に接続していく。

地元のお客様(施工者)と生コン工場との関係性。

それらはさらにアップデートされて世界中に影響を与えていく。

それは一方通行ではない双方向に生み出される連携。

もっともっと前向きに。

3マセンはいけません精神で。

より喜びの届けられる生コン「生コンでいいこと」をうみだし広げて行きたい。


「カラーコンクリートも承ります」



宮本充也

「僕たちは小さな現場の味方です!」Danpoo、残土処分

生コンと同じく必ず建設現場で必要とされる残土処分のニーズとダンプを繋ぐマッチングビジネスDanpoo(https://www.danpoo.jp/)の杉本さん(代表)と安武さん(マーケティング担当)と面談。ターゲットは小口・小規模現場。痒いところに手が届く。「僕たちは小さい現場の味方です!」。



生コンポータルもDanpooも小さな現場の味方でありたい

7D3BFCCF-31DB-4C4D-A5A1-5C2680B61C80.jpeg

https://www.danpoo.jp/



スーパーゼネコンなど大規模な建設現場はちやほやされる。

残土も残コンも、「蛇口をひねれば」的なのりでありがたみもなくあたりまえのようにみなされる。

本当に困っているのは無数に散らばる小規模建設。

人手不足。

高齢化。

そんな時代に本当に困っている人のお役に立ちたい。

「ありがとう」

って言ってもらえる。

残土も生コンもどっちも建設現場でおよそ「必ず」利用される。

大規模現場はちやほやされる。

僕たちが見つめたいのは見出されず光の当たらない僕たちと同じような現場ラストマイルで働く人たち。


7C995B63-1253-4A58-B849-A4AEC88AFC16.jpeg

左が代表の杉本さんと右がマーケティング担当の安武さん。



もともとゴリゴリのダンプ屋さん。

僕がとても好意を持つのが社長が現場を知り尽くしているもともとダンプの運転手だということ。

現場を知っている。

現場の苦悩や常識をダンプ運転手という視点から多く経験してきた。

どこぞの大企業の社内起業とは違う。

資本と宣伝広告でIPO目的でゴリゴリするようなビジネスももちろんあるかもしれない。

建設界隈でもそうした向きはなくもない。

ただ、僕は思うのだ。

中身が空っぽ。

「あなたがやる理由」の欠如。

本当に現場の困りごとに対して自分自身で課題意識をもっているのか。

ただただ軽佻浮薄な卓上で出来上がったビジネスモデルを無理やり事業にしようとしていないのか。

本当に貢献したいという気持ちはあるのか。

IT革命意向あまた生み出されたマッチングビジネスを俯瞰していて常に感じていること。

「自分がやる理由」

杉本さんという経営者にはその「自分がやる理由」を見出すことができる。



そして、協業が始まる。

生コンポータルも小さな現場の味方。

僕が生コンに入職した当時に衝撃を受けたこと。

とあるスーパーゼネコン現場所長からのパワハラ。

いまだにそんな話は後を絶たない。

一方で地元の比較的小規模な建設現場のラストマイルにいる人たち。

地元顧客は常に僕たちに理解をしてくれた。

「大変だよね」

言葉だけでも嬉しい。

時に、「ありがとう」。

そう言ってくれる。


大規模現場はほっとけばいい。

それなりの流通も整備されている。

ちやほやされてのぼせ上がっておけばそれでいい。

僕には全く興味はない。

Danpooとの協業を通してもっともっと日本中の小さな現場で活躍する人たちに利便性を届けたい。

11月28日は杉本さんにもご参加いただきそんな構想を議論したいと思う。



宮本充也

「まだまだあるある!多様な提案」次はTerrazzo(ジントギ) #4

今にわかにわが国でも再認識されつつあるTerrazzo(ジントギ、人研ぎ)には単純にコンクリートを研いで断面の美を見せるものだけでなく、これまで紹介してきたように人工骨材の断面を含めた表現、さらには塗り壁材としてのジントギまで多様な提案が見られる。



無限に多様な提案がTerrazzoの強み

79423D5B-41A8-44A4-81F2-4A1E6753B769.jpeg

要望があり新設されたメッセンジャーグループ「Terrazzo JAPAN」。

ここではTerrazzoに関する国際的な情報共有を行なっている。

誰でも参加可能なのでもし希望される方はメッセージください。


A83C5AB0-DA0F-4AED-A4B0-0143CB22809B.jpeg

こちらはMAPEIのダイナストンを用いて製造されたタイル。

一見大理石のようなタイルだが、こんな色調は天然石では絶対に考えられない。

人工骨材を用いたコンクリートを研ぎ出すことによって浮かび上がる色調。


46884E70-2F26-48FF-A4B2-4946B3666133.jpeg

こんな色調も。

漆黒の天然骨材を造粒核としてピンク色のセメントペーストを用いて人工骨材を作る。

その骨材を用いて白色セメントでコンクリートを作ったものを研ぎ出す。

すると、世にも不思議な表面が立ち現れる。

自然はこのような色調を生み出すことはない。

本来自然が創造する断面をあらゆる組み合わせを背景に人工的に生み出す。

ジントギの可能性は無限だ。


08AF15DF-4A51-4168-A35C-781705F831BD.jpeg

そして、極め付けはこれだ!

なんと、老舗壁材メーカーフッコー(透水性コンクリート他で協業)からリリース。

人研ぎ仕上げ材。

こんな素敵でお手軽な提案はあるだろうか。

複数のプロセスで手間のかかる人研ぎを塗り壁として塗っちゃうだけで表現できる。

今後のこうした技術革新からは目が離せない。


62730513-1894-4AD8-A8D0-557730725F34.jpeg

詳細は11月13日〜15日迄フッコーナイトで発表予定だそうだ。



コンクリート、建設が進化する。

もともと強度とか耐久性ばかりに眼目が向いていたコンクリート、そして建設にも変化が訪れる。

僕たちはロボットではない。

あらゆる左脳的なアプローチはロボットやAIにとってかわられることだろう。

直感や美こそが人に許された領域になっていく。


今の建設現場に、「愛」とか「思いやり」という言葉は似つかわしいだろうか。

商談の冒頭で「信頼」とか「感謝」という言葉を使うことはないはずだ。


これまで使ってこなかった。

ただ、生きていく上で大切な言葉たち。

これからのコンクリートが求められる文脈の多くにはこうしたどちらかというと女性的であるいは情緒的な要素が含まれていくのだと思う。


人がコンクリートに求めるもの。

機能を超越した機能美。

その1表現としてのTerrazzoの再認識。

今後から目が離せない。



宮本充也

【静岡】「マーシー(田代まさし)も真っ青?!」1度使えば病みつきになる超流動混和剤

静岡県伊豆の国市。リフォームの土間にご利用。吹き出し(立ち上がり)はベース配合で打設し土間で超流動化。「こりゃ施工が楽だ!たすかったよ!」。以前の案内から超流動生コンを使ってみたくて今回元請けの監督にお願いしての打設。元請け監督さんも「これはいいね!職人さんも高齢化してるし何より省力化できる。土間に最適だね」と喜んで頂く。
製造:長岡さくら工場(生コンポータル)、施工:オリモ(高流動コン1.3m3 )



これはいいね!職人さんも高齢化しているし何より省力化できる。土間に最適だね

360FDDC2-7FE0-4454-9BAF-ABBA7F3D540C.jpeg

リフォームで土間コンの施工。


E71D6384-0D4A-413C-A682-1A8C61BD1C9F.jpeg

現場投入型超流動化剤は1m3に対して1リットルを投入する。

川の流れのように。

動画からでも「作業が楽になっている」様子がわかるはずだ。


A63510F4-F640-44C2-A63A-DB8335FFA1CB.jpeg

施工After1。


1556D0EC-7BF0-45F4-8168-776B443C868A.jpeg

施工After2。



マーシーも真っ青?1度使えば病みつきになる1,000円スライドの超流動生コン。

楽だけじゃない。

監督さんもご指摘のとおり。

建設産業もご多分にもれず人手不足、高齢化。

人がいない。

いたとしてもお年寄り。

たった1,000円プラスするだけで生コンが水になる。

水のように「勝手に充填」される。

田代まさしさんはなかなか薬物から卒業できないようだが、こちらの薬物(超流動化剤)も1度使えば病みつきだ。

やめられない。

5回でも6回でも捕まる。

やめられないのだ。

1度でも使ったらもう最後なのだ。

超流動化剤。

これは、危険だ。

否、是非こちらに切り換えるべきだ。

同じ仕事。

楽な方がいいよね。

この薬物、超ハイになれる。

田代まさしさんも真っ青な超流動化剤。

たった1m3/1,000円スライドであなたもへろへろ。

さあ、キメちゃおう。

1,000円スライドで生コンは超流動化する。

ベタ土間にはぴったり。



宮本充也

【兵庫】「超流動生コン伝説が日本列島を飲み込んでいる」体験会・泰慶

超流動生コンがその驚異の性能であらゆる関係者を飲み込んでいる。「今までの苦労は何だったのだ?」「え?!たったの1,000円スライド?」。その驚異の性能。神戸は泰慶生コンの体験会で施工者各位を飲み込んだ。



超流動生コンの施工実演 in 泰慶生コン

DE1CB93D-72E8-4661-9328-840BB4FA978A.jpeg

超流動化前の普通生コン(24-18-20(N))の排出。

土間コンなどよく見かける生コン。

その生コンに現場で超流動化混和剤をホッパーから投入すると。


DB6A589E-0716-4D08-8F2D-3B21360B8D1A.jpeg

おや?

随分勝手が違うようだ。

施工者がレーキやスコップで材料を移動させるわけでもない。

生コン車もその場から動いていない。

スランプ18cmだった生コンが水のように型枠の中を広がる。

映像を見てみよう。

さっきまでの生コンではないかのよう。

驚異の流動性。

まるで生き物のように。

あるいは、溶岩流のように。

意志を持っているかのような生コンの動きは美しくすらある。


06E265AB-6F29-4AC3-9AC5-93028E44FA2A.jpeg

取り巻く施工者(見学会参加者)はただ固唾を飲んで見守るだけ。



「やることないじゃん」

「今までの苦労はなんだったのだ?」

「え?!たった1000円で超流動化できるの?」


これまで見たこともなかった新しい生コンに対しての素直な感想。

日頃から生コンに触っている施工者にとっては夢のような出来事だったはずだ。

供給する僕たちにとってもまるで嘘みたいな光景だ。



超流動生コン伝説が日本列島を飲み込んでいる。

さながら溶岩流のように。

新しい生コン産業の幕開けを予感させる性能だ。



宮本充也

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート