長岡生コンクリート
ローテク生コンも現代日夜技術開発が進んでいます。ここでは生コンの最新技術をご紹介していきます
  • HOME
  • 新生生コン最先端技術

《vsケルヒャー》「既存土間にトップコートを塗るだけで、気軽に気軽にリフォームできちゃうよ!」エクスショップ・フッコー #4

「これ、いけんじゃね?」という関係者全員のノリノリプロジェクト「既存土間にトップコート塗るだけで、気軽にリフォームできちゃうよ!」は1ヶ月以上が経過し、今回エクスショップ立ち合いの元「タイヤ痕などしつこい汚れはどこまで落とせるのか」を確認。高圧洗浄機ケルヒャー登場。



vs ケルヒャー

⚫︎参考記事: 《洗ってみた》「既存土間にトップコートを塗るだけで、気軽にリフォームできちゃうよ!」エクスショップ・フッコー #3

1BFFADD6-322A-4C3E-A9A8-0AF131864AB8.jpeg

施工Before。

ふむ。

随分汚れているじゃあないか。

生コン工場の入り口だ。

一般家庭の比ではない過酷な環境に1ヶ月半放置されたサンプル施工。

日に大型車両が無数に往来し、油汚れやタイヤマークで随分と表面は黒く汚れている。

不安視されていた「膨れ」「剥がれ」という現象は今も起きていない。

推察するに土間コンクリートはすでに5ヵ年が経過された状態で無数のマイクロクラックが発生しておりそこから自由に水分の往来がされているため塗膜を破壊することが起きていないのだろう。

ただし、この汚れが仮にあらゆる手段を持ってしても除去することができない、ということになれば人によっては「ダメじゃん」という判断を下さないとも限らない。

今回はエクスショップの協力を取り付けて、「洗ってみようじゃあないか」プロジェクトが行われた。

撮影はお馴染みSUMMERHILLの奥川さん。

その模様はまた改めて生コンポータルのYouTube公式アカウントで公開予定。

25489AE4-D9E0-49EE-9711-AD8B0B0AA466.jpeg

左、担当者高石さんがデッキブラシを用いてゴシゴシ、右バケツを持っているのは代表取締役の加島さん。

なんと、当社のユニフォームを可愛く着こなしてくださっている。

これだけで僕の中で思いは成就されていたのだったが、僕の思いはよそに洗浄作業は粛々と進む。

CECEEB36-9CB3-43E6-9778-D937288AF9C2.jpeg

なんと社長直々にデッキブラシでゴシゴシ。

腰の入ったなかなかの洗いっぷりだ。

洗ったところは全体的に汚れは落ちているようだ。

C88EE5D0-D7A5-43EC-A361-F2015A8A0111.jpeg

456B2E78-0F63-4057-909B-D0FEB97EE00F.jpeg

このサンプルトップコートも加島さん直々に汚れを落としてもらえて光栄だろう。

結構綺麗になっている。

前回の動画でもわかるように、ざっと洗い流せば綺麗にはなるにはなるのだが、タイヤ痕などのしつこい汚れは流石に落とすことができない。

そこで、あいつの登場だ。

72412701-1B62-4A91-BAE9-AD2F4D3AE05D.jpeg

番長ケルヒャーさん発射直前の加島さんと土間コン。

表面は綺麗になってはいるが、やっぱタイヤ痕(たいやこん)が除去しきれていない。

さあ、覚悟せよ、トップコート。

45810F78-FA9A-4CBD-95BB-D27CBD7A0FC5.jpeg

あちゃー!

トップコートごと剥がれちゃったよ!!

ケルヒャーすごすぎ。

7A35D037-EBFB-4887-AC1C-1360B882B3C9.jpeg

作画・加島画伯。

それも、そのはず。

ケルヒャーはコンクリート表面ごと削るほどの水圧。

考えてみれば車両の塗装なんかイチコロでケレンされてしまっているほどの水圧だ。

タイヤ痕はおろかトップコートごと除去されるなんてそもそも想像の範囲内だ。

これだから、「やってみなけりゃわからない」ってのは実際だと思う。

なんと今回はエクステリアのキャリアも長く数多くの現場知識を有している高石さん、そして加島社長まで巻き込んでの大実験。

おあつらえ向きの結果とはならなかったものの、今後に数多くの課題を残したとも言える。

土間コンに付着した汚れは洗浄、というよりも、削られ除去されている。

土間コンリフォームにケルヒャーの洗浄力はきちんと立証されはしたが、ただ削った表面は永久に元通りの白さを回復することはない。

もう、これはリフォームというよりも、また別のジャンルって感じだ笑。



というわけで、vsケルヒャーについては、また別の次元の話、という結論になった笑。

加島さんによれば、「汚れの目立つ白に戻す、というよりは、リフォームをきっかけにお施主様思い思いのカラーを選べる土間コンクリート、って感じでしょうか」というエクステリア資材小売最大手の慧眼を覗かせる。

一生ついていきますっ。

そして、僕にも悔いが残っている。

今回は中性洗剤のみの挑戦となったが、酸性洗剤などもっと強力で物理的ではない洗浄方法もあったはずだ。

次回はそんな各種洗浄方法を試してみたいと思う。

そもそも、中性洗剤かケルヒャーかってホコタテじゃあるまいし極端なのだ。

ゼロヒャクすぎ笑。

というわけで、このシリーズ、続きます!

土間コンリフォームをお待ちの全ての人々のご期待にお応えするため。

エクスショップ、フッコー、そして生コンポータルの協業は続く。



宮本充也

《洗ってみた》「既存土間にトップコートを塗るだけで、気軽にリフォームできちゃうよ!」エクスショップ・フッコー #3

生コン車や乗用車が始終往来する過酷な環境で経過観察がされている土間コンリフォーム専用トップコートはおよそ1ヶ月経過しようとしている。タイヤマークや油汚れでずいぶん汚くなっているようだけど、これって落ちるのかな?水洗いをやってみた。



土間コンリフォームその後の水洗い

0082FF1B-D8CF-4853-A834-4C5351371FE9.jpeg

0B6C2E84-6096-460D-BB99-95EE487813BD.jpeg

久しぶりに工場に立ち寄ってみると笑、およそ1ヶ月経過した土間コンリフォーム実験スペースが目に飛び込んできた。

ずいぶん汚れたものだ。

そりゃ、仕方ない。

生コン工場で始終生コン車は往来しているし、勾配の下の方であるから油汚れもここに集中的に流れてくる。

トップコートされていない手前側の土間コンなどもはやみる影もなく真っ黒に汚れている。

「土間コンが白く輝いているのは最初だけ」

数年経てばコンクリート表面の微細な空隙に汚れ成分が入り込んで除去できない汚れとなって黒く変わり果てる。

そんな土間コンクリートの常識にあって、「既存土間にトップコートを塗るだけで、気軽にリフォームできちゃうよ!」ができちゃったら、すごいことになる。

エクスショップやフッコーなど事業パートナーとの雑談の時にふと立ち上ったこんな可能性。

じゃあ、やってみるか、ということで始まったこのプロジェクト。

「で、実際、汚れたらまた土間コンと一緒で綺麗に戻せないのか?」

それじゃ、意味がない。

というわけで、やってみた。

洗ってみた

C35957D8-D24E-45F1-B848-D2EDCB511176.jpeg

A71B435D-BC85-46FF-AFA9-B89A87EBFF55.jpeg

洗浄Before。

使うのは単なる水とブラシ。

ゴシゴシとやってみる。

《経過観察》「既存土間にトップコートを塗るだけで、気軽にリフォームできちゃうよ!」。1ヶ月近く経過し油やタイヤマークで汚れた表面を水洗いしてみた #1

https://youtu.be/6mxTjgjs-Jw

結構簡単に汚れが水に溶け出し流れていく。

最後、つい口を出ているが、「これ、結構アリかも」

率直な意見だ。

《経過観察》「既存土間にトップコートを塗るだけで、気軽にリフォームできちゃうよ!」。1ヶ月近く経過し油やタイヤマークで汚れた表面を水洗いしてみた #2

https://youtu.be/iC8gdNRUzjo

86976F86-102B-4372-B07D-BE5FD7A95D1E.jpeg

E478C7FB-2EBA-4160-B96C-20499ACF57DE.jpeg

CA39A02B-46BE-4F84-9C71-636DE5B3E272.jpeg

施工After。

明らかに洗った部分は元の白色側に戻っている。

簡単な水洗いだけでもこれほどの効果があるのなら、洗剤を用いたり高圧洗浄ならもっともっと綺麗になるだろう。

これ、結構アリかも。

っていうか、絶対あり。



その場に偶然居合わせていたPUMP MAN小澤さんも絶賛!

別件で工場にきてくださっていた小澤さん。

「この(コンクリートの専門家である)僕が最初、『なんでここだけ土間コン打ち直したんだろ』って思っちゃっいましたよ」

「これ、絶対売れますよ」

「うちのガレージの土間に使いたいのでください」

即座に判断、絶賛されていた。

これは、いける。


なんともお恥ずかしいことに、僕はその手の選球眼というか、審美眼的なものが欠落している。

「これ、絶対売れる」

と思っても、全然売れなかった経験は一度や二度ではない笑。

(ただ、僕の場合、「死ぬほどしつこい」というところが特技なのかもしれない)

一方の小澤さん。

系列会社にエクステリア会社も数え(https://www.ozawa-s.com/)、そのコンクリート界隈のプロダクトに対する洞察力には僕も一目を置いている。

そんな彼が言ったのだ。

「これ、絶対売れる」

僕じゃなくて、小澤さんがおっしゃったのだ。

だから、これは売れるはずだ笑。

きっと普及して、多くの「汚ない土間コンに困っている人々」を救済することができるはずだ。

また、あの頃の、綺麗で美しい庭が蘇る。

「はて、BBQでもやってみるか」

と思い立つようになる。

それって、素敵じゃないですか、お父さん。

しかも、これ、DIYできるってんだから!!

はて、あとは、流通か。

まあ、流通も、引き続きしつこくしつこく自前の流通(生コンポータル)に向けて情報発信をしよう。

誰かに頼らずとも本質的なプロダクトやサービスは売れる。

しつこくやっていれば、そのうち世界の飢餓に出会うはずだ。



というわけで、販売開始します。

製品の保証は何もありません。

そんなもんは自己責任でお買い求めください。

何でもかんでも「買う方が偉いんだ」みたいな理屈で偉そうに連絡してくる人は客ではありません。

よそ当たってください。

「既存土間にトップコートを塗るだけで、気軽にリフォームできちゃうよ!」

信じられないほど上首尾な経過にこちらも驚いている。

もちろん、この経過観察は生コンポータルがこの場所で操業している期間中ずっと実施されることになる。

物を見てみたいって方はぜひ気軽に静岡県伊豆の国市長岡1407−34をお尋ねください。

事務所に声かけてくれたらお茶くらいは出してくれると思います。

基本僕はおりませんので悪しからず。



宮本充也

《実験》「既存土間にトップコートを塗るだけで、気軽にリフォームできちゃうよ!」エクスショップ・フッコー #2

ありそうでなかった、「土間コンリフォーム」というサービス提供(有るには有るけど、スタンプ系デコレーション系ばかりで厳密な意味でのリフォームとは呼び難い)。6月11日に実施したトップコート塗装。10日間たった現在はどのようになっているか?



10日経過

27E45206-0CC2-4E2E-AD00-C5C80C15F96A.jpeg

Before

FBE25061-E072-40E0-AFF3-D799950CFE88.jpeg

After

⚫︎参考記事: 《実験》「既存土間にトップコートを塗るだけで、気軽にリフォームできちゃうよ!」エクスショップ・フッコー

やってみたら、結構いい感じにできちゃった土間コンリフォーム

そして、この場所は一般家庭の駐車場ではない。

乗用車だけでなく、生コン車(大型車両)も常時往来する過酷な環境。

実際、まだ5年程度しか経過していない土間コンクリートだが、眺めれば通常の駐車場よりも過酷な環境にさらされた名残を見せる。

そんな場所に鳴り物入りで登場。

土間コンリフォーム

さあ、10日たった現在の様子をとくとご覧ください。

BC9BD220-7F1C-4C96-90A6-6FC78C7ACEA4.jpeg

む。

09D2718C-7C95-4623-8C83-6A3610CD4D26.jpeg

むむむ。

E19E0575-75AF-4EFB-B977-71055CC98389.jpeg

28F9533B-F4AB-4857-A1EB-9AFC4104A7AE.jpeg

CB1D4F46-96F9-4861-A5F5-5F0E9659728A.jpeg

むむむむむむむむむむ。



悪くないんじゃね?

まあ、言っても、10日間だ。

この時点では何も判断してはいけないと思う。

ただ、結構ソワソワしていた割に、トップコートは膨れ(コンクリート中の水分が原因)や剥がれが見られない。

結構ちゃんとしてる。

また、汚れについても、生コン工場の土間コンだ。

勾配の低いところにサンプル施工されているから、水に混じったやら汚れやらがこの場所を通る。

10日間もさらされた。

その割に、結構白くて綺麗。

これが通常の戸建て住宅の駐車場だったとしたらまだまだ見栄えするんじゃないか。


膨れてる(割れ?)の確認
・これでケルヒャー(高圧水による洗浄)したらどうなるの?
タイヤ痕が目立たない色でリニューアル?
(エクスショップ加島さんから示されたチェックポイント)


さらに、今後も上述のようなポイントを絞って検証は続く。

30日、3ヶ月、半年、1年。

(まあ、3ヶ月の段階で洗浄・水洗いをしてどうかってところで、あらかたの判断はできると思うけど)

色も重要だなって思った。

新しい土間コンっていえば、「真っ白」がイメージされるけれど、これは元々好きで真っ白になってるわけじゃなく、コンクリートを仕上げると自然とこの色になってるだけ。

最初が真っ白純白だから、その分汚れが目立ちやすいってこともある。

だから、ちょっと落ち着いたような色。

アースカラー系、あるいは、黒系、赤もいいかも、そんな色でトップコートすれば、タイヤ痕も目立たなくていいかもってことは言えると思う。

色とりどりの土間コンで世界の景色は色鮮やかになるはずだ。

エクステリアプランナーを学習している僕からすれば、世界の景色をより美しくするのはエクステリアの役割だとも思う。



すでに立証されているように、本工法はDIY可能

既設土間コンの清掃に関しては今やホームセンターでも安価に売っているケルヒャーのような洗浄機が便利だ。

DIYerならよくご存じだろう。

さらに、スプレーガンもプロが使うようなコンプレッサーに接続するタイプでなくて電動式だって市販されている。

ずいぶん敷居が低くなったものだ。

あらゆる分野で日進月歩の進化が進んでいる。

土間コンだけ5年も10年も変化しませんてわけにはいかなかろう。

だから、ドライテックという新しいプロダクトが今見出されようとしているってのもある。

あらゆる分野は今のままで言い訳がないのだ。

仲間達と引き続きいろんなアイディア、いろんな可能性を楽しく追求していきたいと思う。

「ちょっと土間コン汚れてきたし、この色そろそろ飽きてきたなあ」

お父さん!

どうですか!

DIYで綺麗な土間コンリフォームしたら、きっと家族の尊敬を集められまっせ笑。

ああ、楽しい。



宮本充也

《コラム》「kg単位で生コンクリートを販売した場合の可能性について」

どのように注意していても生コン屋さんはどうしてもB2B(法人間取引)の発想から抜けられない。このところネット小売などこれまで交わることのない方々との接点が増えた。「kg単位で生コンクリートを販売した場合の可能性について」。つらつらと述べたいと思う。



【kg】 vs 【m3】 【C】 vs 【B】

分野が違えば単位も変わる。

僕たち生コン製造者は入職初日からm3(立米)という単位を頭に叩き込まれる。

生コンクリートは生コン車という特殊車両で建設現場に運び込まれる。

それらは橋やビルの基礎資材として1年間におよそ8,000万m3(立米)利用されている。

ほぼ、B2B、法人間取引だ。

僕自身21年目となる生コン人生においてその大半が、ゼネコン、行政、コンサル、設計、道路、工務店、ハウスメーカー、基礎工事業者、エクステリア工事業者らとの接点だった。

人脈も、その範囲を逸脱することはない。

集団催眠て言うのはあるんだと思う。

産業が構築してきた常識はいつしか従事する人々の思考を停止させる。

生コンはm3単位で売る

もはや逃れられない思考を縛る鎖のような制約。

それ以外の可能性はとてもないかのような発想の袋小路。

一方、ここ数年僕は個人的にこれまで生コン産業では考えられなかった人々との接点を経験してきた。

モノタロウエクスショップなどインターネットを介して物品や施工を提供しているネット小売企業らがそれだ。

これまで厳格に壁で仕切られていたB(法人)とC(消費者)の境界線が曖昧になってきた。

インターネットが起こしたいの流通イノベーションと言っていい。

近年のDIYの台頭が示すように、CもこれまでB2Bでしか流通してこなかった各種プロダクトに食指が動くようになっている。

ゴリゴリのB2B製品「生コンクリート」も例外ではない。

005A0417-6D6B-4DB7-9FDB-EC100111EE98.jpeg

(出典:https://www.facebook.com/groups/435168243324637/permalink/1816856688489112/

インターネットを散見すれば生コンクリートをDIYで駐車場(土間コンクリート)を作ってる強者を見かけることができる。



一般、DIYerにとっての生コンクリートは【kg】

ここで見落としてはならない事実がある。

これまで壁で分断されたきたBとCは互いに全く異なる前提を有している。


以前、某大手ECから「生コンクリートをインターネットで売れないか?」と言う相談が寄せられたことがある。

当時の僕も浅はかだったというか、「200以上の地域でそれぞれ協同組合が組織されてまして、ネット小売やHCの大原則《一物一価》が提案できないんです」という通りいっぺんの対応をした記憶がある。

ある地域では、15,000円/m3なのに、また別の地域では22,000円/m3ということが生コン業界ではザラにあるのだ。

だから、全国押し並べて1つの価格体型でプロダクト生コンを販売する(一物一価)、というのは当時の僕にとってはあまりにも突飛な取り組みに思えた。

一方、ドライテックは通常の生コンクリートよりも比較的柔軟に対応することができた。

16年かけて構築してきた生コン製造インフラ(現在620工場)が毛細血管のように全地域を網羅している。

まだ生まれたばかりの市場ということもあり価格もある程度高値一律で設定することができるため、小売との相性も悪くはない。

生コン × EC がローンチしてからおよそ2年の歳月が経過したがもしかしたらこの時に備えた準備段階だったのかもしれない。

一般の生コンクリートをもECで販売する

考えてみればあまりに当たり前のことで拍子抜けしてしまうのだが、 一般やDIYerの値頃感と僕たち生コン製造業者が前提としている価格帯系の間には大きな溝があった。

そして、これはチャンスに働くことになるのだ。

E6C34581-C82F-4B57-B19A-7418C7F319B9.jpeg

(出典:モノタロウ


ここで、一旦僕たち生コン製造者は従来の考え方、単位m3(立米)を捨ててkgで物事を考察してみよう。

一般、DIYerが生コンクリートを購入する場合の最も自然な候補は乾燥生コン、インスタントコンクリートというホームセンターやECで販売されているそれらだ。

例として1袋650円の上記製品を槍玉にあげたい。

1袋20kgで650円なので、つまり、650円/20kg=32.5円/kgということがわかる。

一方、生コンクリート。

全国各地様々な価格がある。

ここで、僕たち常識からはちょっとやりすぎと思われる価格設定50,000円/m3を例として引きたい。

生コンクリートの密度は一般に2.35とされている。

50,000/2.35=21,277円/t(1000kg)

つまり、21円/kgが生コン工場で製造され現場に運び込まれる生コンクリートのkg単価となる。

僕たちにとって「高っ、こんなの売れるはずがない!」と信じて疑わない価格がなんと一般の値頃感を引用してみると、一般人にとっては全然安いということができるのである。

D3785935-BA5A-4A85-A449-795358A8C298.jpeg

さらに、その便利さ。

例えば、ECやホームセンターで買い求めたインスタントコンクリートは施工に先立ちわざわざ袋を捌いて水をかけてガシャガシャ手作業でかき混ぜなければならない。

一方、生コン工場から届く生コンクリートは生コン車で届き、優しいおじさん(おばさん、お兄さん、お姉さん)がレバーを引いて出来上がりの製品を荷下ろししてくれるのだっ。

どどどどどっと一気に大量の生コンが降りてくるのだ。

せっせと計画通りに作業するだけで良い。

kgで考えるといかに生コン工場の生コンクリートが安いプロダクトかがわかる。

ますます加速するDIY市場で生コン屋さんの生コンクリートにはどれほどの潜在性があるだろう。



「生コンをもっと身近に」

生コンポータルではこれまでドライテックとともに「生コンをもっと身近に」する活動を展開してきた。

いちいち寄せられる問い合わせに丹念に協力してくれる各地に埋もれている積極的な生コン工場を掘り起こしてきた旅と言える。

その数、実に620工場は全体3,200工場の20%に及ぼうとしている。

閾値と考えている。

この製造工場アライアンスがこのプロジェクトを裏付ける。



生コン屋さんの生コンクリートをkg/21円で売る(50,000円/m3)。

50,000円/m3。

仮に、流通コストで40%かかったとしても(まずありえないが)生コン工場の蔵出し30,000円。

悪くない単価のはずだ。

例えば、当社長岡さくら工場は生コンクリート通常品を地元建設会社に16,000円とかで販売している。

簡単に言って、倍。

いかに、一般人相手で面倒が多いとはいえ、それを補ってあまりある利益が見込める。

これが、BとCの間にある認識の差なのだった。

《コラム》「kg単位で生コンクリートを販売した場合の可能性について」

これから関係者とこの可能性を深掘りしていきたいと思う。

僕たちは、生コン屋さん。

新しい文脈の生コンクリートを練って運んでなんぼの業態。

生コン産業のアップデートはインターネットと企業間連携によって成就しようとしている。



宮本充也

《実験》「既存土間にトップコートを塗るだけで、気軽にリフォームできちゃうよ!」エクスショップ・フッコー

お庭を舗装(土間コン)して数年経つと気になる汚れた地面。でも、コンクリートは無機質で変性しないから駐車場としての機能は果たしている。でも、「土間コンの機能って強さとか耐久性だけじゃなく、見た目も重要でしょ?」。土間コンリニューアルの実験の様子。
⚫︎参考記事: 《プロジェクト》「既存土間にトップコートを塗るだけで、気軽にリフォームできちゃうよ!」フッコー・エクスショップ



土間コンリフレッシュ大作戦

2330B862-1490-4695-8667-DAA1AE92A349.jpeg

実験は生コンポータル(静岡県伊豆の国市長岡1407-34)の入り口駐車場。

普段から、車の駐車や往来が発生しているドマコンだ。

前日にケルヒャーで洗浄を行い夾雑物を取り除いてからの塗装となる。

43684853-23CE-4B64-8A99-D30011C173A1.jpeg

実験に供されるマテリアルはドライテック専用トップコート(フッコー)のラインホワイト。

写真からもわかるように、土間コンはおよそ施工されてから5年が経過しており、表面が汚れているのがわかる。

本実験はその土間コンにトップコートを塗装することで新設当時の表面を取り戻そうとする意図。

さらに、そのリフレッシュされた土間コンの表面はその後経過時間に従いどのように変化していくのか。

すぐに剥がれてしまうのか。

汚れてしまうのか。

そんなにぐずぐずになるのであればいっそのことやらない方がマシなのか。

結構いい感じなのか。

はたまた、DIYでも気軽にできちゃうのだろうか。

プロに任せないとどうにもならないのだろうか。

そんな問いを立て、フッコー、エクスショップらの協力を得て今回の試験施工が実施された。

EEDA4C35-CB97-49BD-BC72-6138BBE14067.jpeg

885A553E-884A-419A-8FA5-B8E0C3DFDD45.jpeg

まずは、ネタの製造。

インパクトを動力とするブレンダーで説明書に書いてある通りに材料と水をかき混ぜる。

【透水宣言】DIY 透水性コンクリート'ドライテック'に色をつける!トップコート【DIYマニュアル】

製造方法はこちらの動画で詳細に解説されている。


BAEF80BC-66D8-4DC2-9ABA-53892B61923B.jpeg

まずは、吹き付けでトップコート。

こちら、スプレーガンはDIYの場合にはインパクトを動力としたハンディータイプを推奨する予定。

6AFE70B7-BEEF-4CDD-86B3-B0BD08C9EE3B.jpeg

こんなやつ(出典:MonotaRO

65C68BCD-324D-483F-B3B1-448F1DFD2332.jpeg

続いてローラー塗装。

こちらはDIYにも比較的敷居が低いはずだ。

それぞれを比較できるように、隣同士に配置した。

83B3241F-215F-4F50-A2F5-82A244BD3A42.jpeg

そんでもって完成。

見た目は完成したばかりの土間コンクリートのそれ。

白さが眩いばかりだ。

この場所は週明け6月14日から駐車場、あるいは通路として開放される。

はて、どのように変化していくか、1週間、1ヶ月、3ヶ月、刻々とその様子を観察していきたい。

もしも、「まあ、及第点だね」ってことになったら、早速日本一のエクスショップからリリースを予定している。

あー、楽しみ。

仮にDIYで気軽にお安くこのリフレッシュが一般家庭に届くようになればそれこそ実際に世界の景色は美しくなるだろう。

コンクリートは残念ながら時間の経過とともに汚れる。

その汚れたコンクリートは世界の景色を規定しているのだから。

リフレッシュされたら、世界は美しくなる。

明るくなる。



もちろん、希望的観測ばかりで胸を高鳴らせていたらそりゃ落胆も大きいと思うので、ほどほどにしておこう笑。

よくわからんが、結構簡単に出来上がってしまった。

僕の予想ではコンクリートの塗装で懸念される水膨れや剥離は一定の期間(例えば今回の場合施工後5年経過)経過しているので、内部の水の外への放出(水膨れの原因)は限定的なのではないか。

まあ、結果は僕たちではなく、現実が下す。

とにかく、やれることをやって、見守るしかない。

「既存土間にトップコートを塗るだけで、気軽にリフォームできちゃうよ!」

こうして実験は完了した。

ここからは経過観察となる。

乞うご期待。

(文尾にショート動画を貼っておきますので、ご興味あられる方は施工方法がわかりやすいと思うのでご覧ください)



宮本充也

《実験》「既存土間にトップコートを塗るだけで、気軽にリフォームできちゃうよ!」エクスショップ・フッコー《土間コンリフレッシュ大作戦》 #1~4

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート