長岡生コンクリート
ローテク生コンも現代日夜技術開発が進んでいます。ここでは生コンの最新技術をご紹介していきます
  • HOME
  • 新生生コン最先端技術

「生コン、商社、インターネット小売、施工、サプライヤー、新しい協業のあり方を模索する」

公共事業を頂きに据えた縦割り・階層の流通構造が軋んでいる。もう、特定の全体構想が辺境・ラストワンマイルに箸の上げ下げまでを指図するような産業モデルでは多様化する市場の要請に応えることはできない。「生コン、商社、インターネット小売、新しい協業のあり方を模索する」



新しい生コン産業の検討

FE3F2091-5260-4E8E-9B12-0075410758A5.jpeg

62AD3580-BE27-4E09-81FC-052A0535AA82.jpeg

丸壽産業戸石さんからのご挨拶。

E3501A34-4B7F-4C44-B43E-5215F4BDCBB4.jpeg

建設資材系インターネット小売日本一エクスショップの加島さん。

生コン × インターネット の可能性についてプレゼンをいただく。

0C60A142-FF6D-4E0B-9B69-DD34CC8E09DD.jpeg

75A46B74-9B9D-4010-93BC-2D22D8101CE3.jpeg

視察の最初は残渣式流動化処理土の概要が説明される。

生コン工場にもとより備わっている設備で製造される材料はこのところ法改正などの影響もあって市場が一気に広がっている。

151B8242-B1CE-4674-A3F0-308405D9FC6D.jpeg

AF314D23-15D8-4C66-BD55-DAF484835A80.jpeg

そして、ドライテックはここ数年インターネットの猛烈な追い風を受け飛躍的に成長している市場分野だ。

施工関係者も招いて構内で実演が行われた。

44CFEEFD-4210-40DE-9A5F-00CC2892680F.jpeg

640A057B-79D2-40CA-B3BF-BFDDE67F5C50.jpeg

https://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/post_324.html

ついで残コンステーションの説明。

現場から工場に持ち戻された残コンは全てこのプロセスで再生材に生まれ変わる。

E45877E3-1683-4C8E-BE2B-42ADD2F94871.jpeg

2A2793FF-07A1-44E6-9EC5-904D970B618A.jpeg

そして、新しい生コンからの提案として「現場における残コン処理を請け負う」あり方の模索。

⚫︎参考記事: 【静岡】「生コン屋さんが現場の《残コン処理》有償で請け負います」Re-con ZERO・丸壽産業



生コン産業は今のままでいいのか?

公共事業を頂きに据えた産業構造。

縦割り。

階層。

底辺にいる生コン工場。

特定の全体構想(国、自治体など発注期間)から箸の上げ下げまでを指図される。

従順に、JIS生コンをせっせと練っていれば、ご飯が食べられる。

いう通りに、恭順に。

親方日の丸。

言い過ぎのように思われる方もいるかもしれないが、これが生コン産業を底辺から眺めた現実だ。

上から降ってくる富は途中の多段階に及ぶ階層を経るごとにずいぶん搾取され僕たち生コン工場の元に届く。

一方、社会は激変している。

コロナ禍、SDG's、ESG、グレート・リセット、社会があらゆる産業に変革を突きつけている。

建設、生コンも例外ではない。

その只中で、引き続きこれまでの産業構造を僕たちは踏襲できるのか。

その構造で、新たな社会の要請に応えることができるのか。


いうまでもなく、生コンの市場は急速に縮小している。

人口半減に向けて、それはさらに加速するだろう。

その中で、これまで通り、お上の言う通り、恭順に、そんなあり方はどう希望的観測を持ってしても、成り立たない。

猿でもわかる理屈だ。

今こそ生コン業は新しい在り方にアップデートしていかなければならない。

新しい生コン業態を確立することで、これまで餌として与えられてきた生コン需要に頼ることなく、独立自尊の生コン業を営むことができるようにならなくてはならない。

昨日開催されたイベントには、商社(丸壽産業)、インターネット小売(エクスショップ)、施工、サプライヤー、そして生コン工場が複数社集まり、この点を議論した。

鍵は、インターネット、そして企業間連携により成功事例や問題解決策を共有するプラットフォームの構築。

各社が力を合わせて、新しい業態を作り、それをインターネットを通じて発信する。

今はまだ、建設・生コン産業におけるインターネットのプレゼンスは小さいかもしれない。

ただ、これから社会人として活躍する若いインターネットネイティブが台頭してくれば。

この取り組みはきっと業界の中でメインストリームとなるはずだ。

「全国各地からわざわざ伊豆を訪ねてくださった人々」

この時点でスクリーニングは済んでいる。

全員、猛者。

猛者がこれから切り開く、新しい生コン産業。

「生コン、商社、インターネット小売、施工、サプライヤー、新しい協業のあり方を模索する」

新しい常識を創造しようとしている。



宮本充也

《生コンがもっとよくなる》「生コン製造業の新たな《あき枠シェア》 試験室車両に黒ナンバー取得しました」

生コンポータルでは生コン製造業がより良くなるようなコンテンツをこれまでも多く開発しリリースしてきた。生コン製造業鍵はなんと言っても操業度。単位時間あたりになるべく多くの生コンを生産することが経営改善の鍵。始まる新たなプロジェクト「生コン製造業の新たな《あき枠シェア》 試験室車両に黒ナンバー取得しました」



「操業度」向上ソリューション

FB0902BE-BD80-4E05-B0BF-0303EE1723BC.jpeg

32772C59-FB9C-445E-9996-652A52136132.jpeg

4EEFC0D7-1F6B-499D-B0D7-80A16ABC1D83.jpeg

2E4568EE-8FAB-42C6-B623-18217734CEE2.jpeg

51E3E7B5-271F-4DE6-8071-0439176ABBC1.jpeg

92C0BEC5-808C-4A83-9696-077D708EC756.jpeg

197CBD27-6852-4FE2-9D34-31A8F4609B9E.jpeg

ほんの2時間足らずで黄色ナンバーから黒ナンバーに鞍替え完了。

これで、この車両で物流業を営み運賃を得ることができるようになった。



生コン製造業と操業度

よく、まあ、雨が降ってくれるものだ。

この時期、生コン工場の人々は苦しむ。

生コン工場にとって操業度は経営の明暗を分ける。

「生コン工場は練ってなんぼ」

生コンポータルではこれまで「練ってなんぼ」を満たすソリューションとして、ドライテック<残コンリサイクル生コン残渣式流動化処理土(生コン屋さんの埋め戻し材)などの開発・普及に取り組んできた。

こうした「生コンではないけれど、生コン工場で作れる」プロダクトを増やせば増やすほど、生コン工場の操業度向上に貢献することがわかっているからだ。

6765BAB0-49EB-46C8-B31C-25238B3D6214.jpeg

https://www.nr-mix.co.jp/dry_tech/case/

16年の歴史を有するドライテックは現在急激に普及を伸ばしアスファルトに代わる新時代の舗装として注目を集めている。

As:Con=95:5と言われるこの分野で普及が広がれば広がるほど生コン製造業にとっての新たな需要が開拓される。

それはそのまま操業度の向上を意味する。

EFB1E31F-2CE6-42C3-A08E-11DF302E3F53.png

https://www.nr-mix.co.jp/lquid/

なお、こちらは「生コン屋さんの埋め戻し材」でお馴染みの残渣式流動化処理土。

発生残土などを原料とし少量のセメントと水で配合されるこのマテリアルは生コンポータル(長岡さくら工場)で今年度既に10,000m3もの契約残高が見込まれている。

こちらも、生コン製造業の操業度を向上させるソリューションとして発信してきた。

C31082DF-7BD4-4AEE-AC91-A8DE719C7EA4.jpeg

https://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/post_324.html

そしてこちらは残コンステーションのプロセスで製造された残コンリサイクル生コン。

本システムでは生コン工場の困りごと「残コン」を快適に処理できるだけでなく、残コン由来のマテリアルを生コンの原材料(骨材)として適用できるようにしたもの。

こちらも、これまでになかった分野への適応を図ることで操業度向上に寄与している。



試験室車両に黒ナンバー取得

もう、とにかく、生コンポータルの関心事は生コン工場にとって有益なソリューションを生み出す・普及させることに尽きる。

「自分と自分と同じような人たちのために自分の全てを捧げる人生を生きる」

自分自身(生コン製造業)のミッションステートメントは、とにかく自分と同じような人たちが活躍できるような世界の創造に向けて努力することだ。

生コン製造業が輝けば、それはすなわち自分自身も輝くことにつながる。

それは誰かに何かを期待したり、政府に陳情するようなことではなく、自分自身が進化成長することによってのみもたらされるはずだ。

そんな理念の元、次から次へとそんなコンテンツ開発に勤しんでいる。

⚫︎参考記事: 《プロジェクト》「既存土間にトップコートを塗るだけで、気軽にリフォームできちゃうよ!」フッコー・エクスショップ

プロダクトの成長に驕らない。

慢心しない。

生コンポータルがリリースするプロダクトやサービスは常に生コン製造者のためにあるべきだ。

そんな意味で、新たな生コン製造業むけソリューションとして生コンポータルから、「生コン屋さんの運送業」を提案する。

着眼点は生コン製造拠点というのは全国津々浦々に毛細血管のように張り巡らされている。

その生コン工場を物流のハブとして捉えたらどうか?

現場直送ができにくい建設資材の一時保管所、そしてデリバリー拠点として生コン工場を捉える。

午前中は忙しくても午後になれば空いてくる試験室車両と生コンの運転手さんというあき枠を利用して建設資材を現場にお届けする。

現場はもちろん建設現場だ。

そこには生コンの需要がある。

生コン工場にとって無駄が全くない。

しかも、運賃収入という今までになかった収益が得られる。

操業度が上がる。



まあ、とにかくやってみる。

やってみて、ダメなならなんでダメだったかを知る努力をする。

繰り返し繰り返し反復して市場と顧客の声に耳を澄ませる。

その要求に自らの姿を変化させる。

ドライテック、残コンソリューション、埋め戻し材、いずれもその連続、その高速反復の歴史だった。

あき枠シェア。

操業度向上。

これからも生コンポータルでは「生コンがもっとよくなる」をモットーに、ソリューション開発を継続していきたい。

生コンを新しい視点で捉え直すことで自然と人が調和する世界を創造する。



宮本充也

《プロジェクト》「既存土間にトップコートを塗るだけで、気軽にリフォームできちゃうよ!」フッコー・エクスショップ

「もともとの土間コンに戻すリフォームがあまりない」。こんな着想から事業パートナーのフッコー、エクスショップらと始まった新しいプロダクト構想「土間コンリニューアル塗装」。古くなった駐車場土間コンクリートは家全体の雰囲気をぼかす。ある日突然新築の頃の真っ白な土間コンに戻ったら。「既存土間にトップコートを塗るだけで、気軽にリフォームできちゃうよ!」実証実験が始まる。
⚫︎参考記事: 「土間コンリフォーム用の塗材・仕上材ってないの?」フッコー・エクスショップ



鍵は耐久性の保全

5628E3C7-C718-4454-99D5-F3D8F1A81304.jpeg

05B74D6C-73EC-4CF5-8813-8680A9245C6A.jpeg

新築引渡しの時の眩いばかりの白い土間コンクリートの現実だ。

なぜ、こうなるのか。

土間コンクリートはいうまでもなく水を通さない。

降雨など水は路面にとどまることになる。

細孔空隙(さいこうくうげき)と言ってコンクリートに内在される無数の微細な穴の中に徐々に浸透し除去できない汚れを残す。

さらに、雨の後なかなか乾かない。

日陰では特にこうした状況はコケ・カビの生育を促す。

64782153-C291-4D75-8E67-23D14B4A74E3.jpeg

74731463-4A7C-4037-B5DE-A9F3C7437835.jpeg

こちらの土間コンクリートが施工されたのは2018年の夏。

北側に位置しており陽が翳りやすいというのもあるが、土間コンは3年も経過すれば表面にはコケ黒カビが生育し始め当初の面影は失われる。

⚫︎参考記事: お施主様訪問「1年後も10年後も笑顔で招待されるような製品を届けたい」

そんな駐車場土間コンをある日突然新品同様あの頃の眩いばかりの真っ白な状態に戻せないか?

10年、20年、長年足元やタイヤを支えてきてくれてありがとう。

これ、僕からのささやかな贈り物だよ。

受け取ってくれないか。

そんな感じで(?)、黒く古びた土間コンクリートを新品同様に戻す工法があったら、世界の景色はより美しくなるのではないか?

そんな着想から、事業パートナーのフッコーエクスショップらと共同でプロダクト開発が始まった。


●土間コンリフォーム市場がある
 ①汚れ掃除系
 ②ヒビ割れなどの補修系
 ③デザイン変更系

●①と②に関しては「外壁塗装系業者」などで、本丸受注のためのプロモーションとして既に取り組まれている状況

●③は、既存土間撤去処してリフォーム!は、現状の外構屋で依頼があるが、既存土間を活かした状況でのリフォーム はスタンプコンクリート(ステンシルコンクリート)一強?

既存土間にトップコートを塗るだけで、気軽にリフォームできちゃうよ!
(汚れ・ヒビを隠し、模様替えもできる)
しかもDIYでも対応可能ですよ!


上記仮説に基づき、まずは「そもそも、ドライテック用トップコートは上述ニーズにかなう性能(耐久性など)が期待できるのか?」を実証実験する。

2A278C6E-493F-4ED7-9B4F-04F6B8C3EB69.jpeg

実証実験計画案

・候補日は6/10〜11

・駐車場1台分くらいのスペースをトップコートで塗りたい
(長岡生コンの駐車スペースで実施。場所の選定が必要)

・全工程を動画として撮影。

 土間コンの洗い(高圧洗浄か?)
 →区画のマスキング 
 →下塗り(シーラー?)
 →上塗り(トップコート・何層?) 

(下塗りまでは前日にできるか?)

・その後の駐車スペースとして活用された状態の、経時変化も観察したい

7C21347E-23D5-42A2-BD0B-CB93512EC161.jpeg

DD77BE5E-53D5-440E-BDC1-8915926B9F9C.jpeg

【透水宣言】DIY 透水性コンクリート'ドライテック'に色をつける!トップコート【DIYマニュアル】

https://youtu.be/FGXCFLXjKYU

懸念される問題は「コンクリート内部の水の出入りによる水膨れ、あるいは塗装の剥がれ」

無機材料とのハイブリッドが特徴のドライテック専用のトップコートの性能がどの程度まで期待できるのか。

僕たち自身全くわからない。

ただ、フッコー、あるいはエクスショップの看板でリリースするのであれば、ある程度のバックデータを用意しておかなければならない。

「途中で丸はがれするかもしれませんし、他に何が起きるか全くわかりませんけれど、とりあえず買ってください」

というわけにはいかないのだ笑。

その意味では16年の歴史を有する透水性コンクリートドライテックは十分なバックデータがWEB上で示されている。

⚫︎参考:日本中いろんなところで!施工実績はこちら

なお、ドライテックは路面滞水せず、降雨後もすぐに乾くから、比較的長年表面は綺麗なままが続くことがわかっている。

そして、トップコートの実績だってもう16年間に及ぶ。

土間コンじゃなくてドライテックにして、と言いたいところだが、まあ、既に施工されている土間コンの膨大な面積のことを考えると、土間コントップコートの可能性を無視するわけにはいかない笑。



また新しいプロジェクトが始まってます笑。

次から次へと新しいおもちゃが登場して本当に飽きない。

いつの間にか時間が過ぎている。

この調子だとあっという間に人生が過ぎてしまうのではないかと怖いくらいだ笑。

もしも、トップコートが既存土間コンクリートのリニューアルというニーズに応えたら。

まじで、これは、世界の景色を一変させてしまうことだろう。

既に施工された土間コンクリートは地球に蓋してしまっているわけだが、その当時はドライテックがなかったので罪はない笑。

であるならば、せめて見た目だけは美しくしてあげたい。

美しくしたい。

誰もが望んでいることなのではないか。

まあ、これまでのプロダクト開発全てにおいて言えることだけど、そう易々とこちらの希望通りに試乗と顧客が反応してくれる(買ってくれる、普及する)ということは考えられない。

着実に、自分たちの仮説を実行に移し、現場の声に耳を澄ませて、然るべき姿に変化していくことの繰り返ししか僕たちにはできない。

というわけで、始まります。

既存土間にトップコートを塗るだけで、気軽にリフォームできちゃうよ!

乞うご期待!

また、「実験結果を待てない!早く土間コンをトップコートで塗装したい!」って方がいらしたらお気軽にお申し出ください。

今(期間未定)なら、実証実験にご協力いただくということもあるので、無償でお譲りします。



宮本充也

【山梨】「ネコイラズちゃんに里親が決まりました」新津圧送

今、生コンポータルといえばドライテックみたいな印象を多くの方々に持っていただいているかもしれないが、10年以上前の長岡生コンクリートの代名詞は「ネコイラズの生コン屋さんね」だった。世紀の企画倒れ、大々的オワコンになりかけていた「ネコイラズちゃんに里親が決まりました」



里親は新津圧送がんばれネコイラズ!

8CC44241-96CB-4BE9-A784-E8B2B30C1D56.jpeg

ABAF73E5-E01C-4326-A625-60F0BF5CBBDC.jpeg

3CD5DA71-AC89-4E66-8D44-343A760EE284.jpeg

⚫︎参考記事: 《無料》「エコスル進呈さらに《オペ》《圧送業者》それぞれに1,000円ずつ差し上げます」PUMP MAN × 生コンポータル



エコスルで盛り上がっていた傍らでもう1つの物語が始まっていた。

新津圧送の新津さん。

なんか、めっちゃいいおじさん。

初見で、「ああ、ネコイラズはこの人に委ねよう」となんか知らないが即決してしまった人。

令和の歌舞伎者小澤さん(ポンプマン)の隣に居たからかもしれない笑。

めちゃくちゃいい人に見えた。

この人に預けたい。



あれは、何年前のことだったろうか。

場所はイタリア。

ローマは真実の口の近くの工事現場。

そこで目を引く生コン車を見かけた。

「あれ?なんか違うぞ?」

と当時から生コン病を発症していた僕は観光スポット「真実の口」を素通りしてその工事現場に近づいていった。

日本では生コン車とポンプ車は別々の業態として確立されている。

生コン車は生コンを運ぶもの。

ポンプ車は、生コンを圧送するもの。

両者は別々に工事現場から発注され組まされるもの。

その認識しかなかった宮本青年の目にそれはとても美しく、ミラクルに映った。

生コン車に圧送機構が備わっているのだ。

1台で完結してしまう。

何これ。

すげえ、かっこいい。



イタリアから日本に戻った宮本青年は細かいことは覚えていないがとにかく探しまくった。

KYBとかUDとか代理店とか、もう、手当たり次第あちこちに連絡をして、

ポンプのついてる生コン車が欲しい」

「小口が主戦場の長岡生コンのような工場には必須!」

「2t、3tにポンプ付き生コン車なんて絶対にお客さん喜んでくれるはず!!」

もう、無我夢中で探しまくっていた時に出会ったのがアムラックスの村田さん(代表取締役)だった。

それが、僕とベルトコンベア付き生コン車「ネコイラズ」との出会いだ。

https://amurax.co.jp/

https://amurax.co.jp/product/belt-conveyor/



細かい話は省くが(ていうか、今日は時間がかなりギリギリで長々とブログに時間を割けない)、それから実に筆舌に尽くし難いあれこれがあった。

他人の目からはどのように映っていたのだろう。

日本に一台もないベルコン付き生コン車。

「ネコ(一輪車)がいらないから、ネコイラズ」

安直なネーミングはネーミングセンスが絶望的に欠落しているこの僕宮本充也によるものだ。

まじで、「ドライテック」(透水性コンクリート)はパートナー杉山さんがつけた名前で良かったと思う。

もし僕が名付けてたら、今のようにはいってなかったんじゃないか。

セルドロンという製品の名付けにも関与していたが、「現場で残コン砕石様」という名前を着想しプレゼンまでしたのだが、見事に却下された。

僕もそこそこの年齢になってきて、しかも社長という肩書きがついているので、周りの人はそれなりに遠慮したり気を使ったりしてくれているのかもしれないが、僕のネーミングセンスはまじでないことが定評となっているので、ぜひ僕が何かを言い出したらスルーしてほしいと切に願っている。

そんな、世紀の企画倒れ、大々的オワコンになりかけていたネコイラズ

もう、忘れていたくらいの存在だが、この度里親に新津圧送さんが名乗り出てくれた。

長い間遠回りをしていたような気がする。

最初から、ここに行けば良かったとすら思えてくる。

そもそもが、ネコイラズは、圧送までをもワンマンコントロールできる車両。

生コン屋が持つべき車両ではなかったのではないか。

まじで。

もう、全てを新津さんに委ねます。

ていうか、名前変えてもらってもいいくらいです。

ていうか差し上げます笑。

ネコイラズの兄貴分AL-8(デモ車)は今岡山で活躍しています。

どうなっているのかな。

それにしても感慨深い。

本当に、この20年僕は近視眼的になるくらい猛スピードで走り続けてきた。

ちょっとここにきてガタがきているような気もしている。

メンヘラを発症しているというか汗。

今日もこれで2本目のブログを書き上げた。

読んでもらってるかわからんが、どうぞ新津さん、僕たちのネコイラズちゃんを末長く可愛がってください。

日本では日の目を浴びないとほぼほぼ諦めかけていたベルコン付き生コン車。

ポンプ屋さんの手に委ねられることで実は新しい展開が生まれるのかも?

今後ともよろしくお願いします。

また、飲みにきてください笑。



宮本充也

《サンテクガード》「ついに始動?!【営業】フェラーリ春香が提案する抗ウィルス・抗菌施工」

生コンポータル在籍11年目のフェラーリアルベルトの妻、フェラーリ春香(旧姓山田)がセールスの道をを歩み出した。「あたし、24時間仕事のことばかり考えて、とっても幸せなんです」。家事と育児に妥協なく、セールスを志したフェラーリ春香を生コンポータルも《ちょっと》支える。抗ウィルス・抗菌施工《サンテクガード》について。



24時間仕事してるのでタイムカード切っていいですか?

536950EA-D83C-4937-B2A5-DA93C735C98B.jpeg

1C6422C8-DFFA-4F0F-8399-0395F1E0B846.jpeg

勤め先の社長を伴い生コンポータルを訪ねたフェラーリ春香は嬉々として製品説明をしている。

彼女は生コンポータル在籍11年目のフェラーリ・アルベルトの奥さんだ。

前日日曜日に僕の携帯に直電があった。

「あたし、24時間仕事のことばかり考えて、とっても幸せなんです。こんなの人生で初めてなんです」

すごいテンションだこりゃ。

長女も小学校に入学し少しずつ家事や育児も手離れしつつある中、アグレッシブなフェラーリ春香がいよいよ始動する。

ことは、塗材・コーティング材という分野でもあり、建築が相手という意味では生コンポータルの対象顧客と通じるところもある。

普段顧客対応をしているまさつぐとえりこさんも同席して詳しく営業トークに耳を傾けた。

377883C8-ABED-460D-9D5B-87B129D31404.jpeg

B109314F-6462-4100-BC73-36BA3B687918.jpeg

要は噴霧するだけでその空間は抗ウィルス・抗菌の性能を帯びるという。

目に見えない効果であるだけにいかに目に見える形でその効果を表現することが鍵となりそうだと思って聞いていた。

193977E9-8A0E-4843-BD13-8F33E157AB6E.jpeg

例えば、自動車の室内における実験Before。

表示されている値はウィルスや菌が空間に浮遊している度合いを示すものだという。

B2DEE1B8-9D44-4845-999F-B5FAE3593D74.jpeg

こんな感じで噴霧すると。

583E2429-1569-4450-B7F5-41EA091EDB5D.jpeg

なんと4桁オーダーでウィルスや菌が死滅し減少していることがわかる。

この効果は瞬間的なものではなく、その後経過観察では7年保持されているそうだ。

2D0E032C-3B2D-4879-8590-EE14559B6561.jpeg

お問い合わせはこちらまで。

「24時間仕事してるのでタイムカード切っていいですか?」

「労働基準法違反だから汗」

傍にいた社長からすかさずツッコミを入れられていたフェラーリ春香。

彼女は今、人生絶頂の時を迎えている。

「今度某大手自動車メーカーを訪ねることになりました」

「MAPEI(旦那のお父さんが上級研究員を務めている年商3000億円の多国籍企業)で採用されたらとんでもないことになりますよね?」

夢は大きい方がいい。

そして、僕自身の基礎でもある「営業」という仕事に打ち込んでいるフェラーリ春香は、個人的にもなんとか支えたくもなる。

「あたし、24時間仕事のことばかり考えて、とっても幸せなんです」

逆にその後の揺り戻し(リバウンド)が空恐ろしくもあるこのテンション。

誰もが知るように営業という仕事は楽しいばかりではない。

楽あれば苦あり。

これはあらゆる職業に通じるものでもある。

だから、フェラーリ春香が絶頂に上り詰めている様子は微笑ましくもあり、僕にも経験があるその後の転落、谷底のことを考えると、「ちょっとテンションコントロールした方が良いのでは?」と老婆心が湧いてくる笑。



時代はコロナ禍。

現在同社らではコロナウィルスに対する有効性も試験を実施しているそうだ。

早晩その結果は明らかにされ配信されることになるだろう。

「なんで、生コンポータルなの?」

大勢の方からツッコミが入るかと思うが、職員の奥さんという身贔屓というだけではない。

当社の取引先の多くは建設会社。

建設会社に寄せられるニーズのなかに今後は抗ウィルス・抗菌施工というのはきっと拡大していくことだろう。

一方、玉石混淆の塗材・コーティング剤の分野で、無名の同社らがすぐに信用を勝ち取るということは考えにくい。

ただ、どんなプロダクトもそうだが、何もしていなければ何も始まらない。

生コンポータルのキラーコンテンツドライテックもまさにそうだった。

16年、情報発信して、需用サイドからのリアクションに地道に自らの姿を変える。

そんな繰り返しの末に今がある。


まだ、走り出したばかりのフェラーリ春香。

きっと挫折も多かろう。

家事や育児との両立もきっと大変なこととお察しする。

でも、旦那フェラーリをはじめ、生コンポータルには少なからず建築会社との関係性を有している。

もちろん、サンテクガードのためだけに貴重な経営資源を割くわけにはいかない。

紹介、とか、訪問営業のついでに同行してもらう、とかくらいの関与になるとは思うけれど。

頑張ってくれ。

夢は大きく!

ラスベガスに別荘とか!笑

(旦那の実家はヴェネチアだけど)

「ついに始動?!【営業】フェラーリ春香が提案する抗ウィルス・抗菌施工」

今後の活躍から目が離せない。



宮本充也

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート