ドライテックが雪国で3年経過したらどうなるの?写真で詳しくご報告!

更新日:2020年 08月 28日

ドライテックが雪国で3年経過したらどうなるの?写真で詳しくご報告!

買ったばかりのころはもちろん新品、でも年数がたったあとどうなるの?これはコンクリートに限らず家具や家電、自動車など様々なものに対して向けられる疑問です。

 

庭コンでおすすめしている透水性コンクリート'ドライテック'が、雪の降る地域【秋田県秋田市】では年数経過によりどのように変化したかを今回はご紹介します。

 

ドライテックの3年後

役物周り

 

3年経過したドライテック、設備ボックス周辺

 

こうした地面に埋め込まれた役物まわりは、ひび割れが発生しやすい箇所ですが、3年経過したドライテックにはひび割れは目視できません。

 

犬走り

犬走り

 

犬走りは家周りの幅の狭いスペースで、室外機や給湯施設などが設置されています。また、日当たりが悪く、湿気がたまりやすい箇所でもあります。

 

3年経過したドライテックでは室外機の下のコンクリートと比較せずとも一目瞭然、コケやカビの発生が抑えられています。

ドライテックの水を通す性質によりコケ・カビの生育に必要な水がほとんど在留しないことが理由です。

 

インターロッキング箇所

 

インターロッキングの目地隙間から生える雑草

 

同じ敷地内で、ドライテックではなくインターロッキングブロックが採用されている箇所です。

隙間から雑草が生えてきています。この雑草はこの時点ではかんたんに除去が可能ですが、隙間に水がたまり、雑草が育ちやすい環境となっています。

 

また、見切りブロック(インターロッキングの上の部分)には黒や緑がかったカビのようなものの生育がみえます。

 

ドライテックと見切りの箇所

ドライテックと見切りブロック

 

写真上部の見切りブロクとドライテックの間の隙間に雑草が生えています。

ドライテックそのものに雑草が根付くことはほとんどありませんが、このように隙間が全断している場合(隙間が地面までまっすぐつながっている)場合は、雑草が生えてくることがあります。

ドライテックと縁が切れている箇所は雑草に注意が必要です。

 

駐車場全体

駐車場全容の写真

 

駐車場は車を駐車するスペースですが、車が停まっているであろう箇所についてはドライテックの色味が変化せず、車が停車しない隙間では若干の色味違いがあります。

これは雨などで車に付着した汚れが流れ落ち、車の周囲に落下するために落ちる減少です。

洗浄することでこれらは概ね除去することが可能です。

 

この写真の中には

アスファルト

通常のコンクリート

インターロッキング

という家周りでよく採用される多くの製品が写っています。

 

駐車場のような大きな面積にドライテックを採用することで、建物を長くきれいにみせることができています。

 

 




経年変化に強い透水性コンクリート'ドライテック'の入手方法

 

 

施工業者による見積もり・施工



透水性コンクリートは庭コンに登録されている外構業者さんによる施工が可能で、施工業者マップ・リストをご覧になって直接工事業者に問合せすることができます。 

その際、工事費用のマージンや広告費など、余計な費用は 庭コンではいっさいいただきません。

 

お近くの施工業者を探せるマップ・リストはこちら

https://www.nr-mix.co.jp/niwakon/subcontractor_list.html

DIYによる施工

多くのかたがDIYでの施工を検討されています。経験者・未経験者を問わず、検討されてみてはいかがでしょうか。

 

家の前を通る人に、いつまでもきれいな家ですねといわれるような家まわりにドライテックをご検討ください。