透水性コンクリートを採用して、草むしりのない庭へ

更新日:2019年 07月 5日

透水性コンクリートを採用して、草むしりのない庭へ

https://www.nr-mix.co.jp/dry_tech/case/post_402.html

 

透水性コンクリートを採用して、草むしりのない庭へ

土間コンで必須となるのが、スリット(水切り)です。

しかし、そのわずかな隙間にでも雑草は生えてくるもの。

透水性コンクリートをスリットに採用することで、雑草を生えにくくすることができます。

 

スリット(水切り)をコンクリートで埋める

ご覧のように、隙間がないように見えても雑草は生えてきてしまいます。

これは、アスファルトやコンクリートが季節の移り変わりにより、収縮と膨張を繰り返しているうちに、隙間が空いてしまうことが原因の1つです。

しかし、透水性コンクリートは収縮、膨張をしにくく、隙間が空いてしまうこともありません。



犬走りの雑草対策にも

今回は犬走りに透水性コンクリートを採用したケースです。

家屋の裏手になる犬走りは、手入れがおろそかになりがちになるので、積極的に透水性コンクリートを採用しておきたい場所です。

雑草が生い茂ってしまうと衛生面でも問題があり、害虫などが発生する要因ともなります。

透水性コンクリートで、草むしりのないエクステリアを実現しましょう!