水勾配がとれない場所には、透水性コンクリートという当たり前。

更新日:2021年 01月 1日

水勾配がとれない場所には、透水性コンクリートという当たり前。

家周りの水はけが良ければ、湿気を原因とする問題のカビコケなどにに悩まされず快適な環境を維持することができます。

しかし、隣家との距離が狭い箇所では、水勾配(水はけのための傾斜)が取れずに水はけが悪い環境になってしまうことも。

そんな水勾配が取れない場所には透水性コンクリート'ドライテック'を採用することで、水勾配を付けなくても真っ平らで水はけの良い土間コンクリートが施工できるのです。

つまり水勾配が取れない場所には当り前のようにドライテックが最適な選択肢になるということでも。

そこで今回は、以前施工見学会を行った清村圧送さんの事務所駐車場を施工した業者さんが、自社外構現場で「水勾配が取れないところがあったので」ということでドライテックの製造依頼をされた現場を紹介します。



「水勾配が取れないところがあったので」当たり前のように透水性コンクリートを施工

7615D10F-C2BE-4C8D-B4F7-E781560B8786.jpeg

写真:ドライテックの品質確認

今回はモトキ建材さんへのドライテック製造依頼。

流石の品質管理、いつも完璧な状態で透水性コンクリート'ドライテック'が現場に届けられます。

 

それでは当日実際にドライテックを施工した現場を紹介していきましょう。

 

1F808C78-E6D9-4703-9E22-B27527A7AD34.jpeg

 

現場は施工中途中の外構で「水勾配が取れないところがあった」という問題から急遽ドライテックを注文されました。

 

2A717D42-DEFE-492D-A0D1-5878C7B0AA9E.jpeg

 

上記は水勾配が取れない箇所にドライテックを敷設し、べニア工法にて転圧を行っている様子です。

(富山県のあづまコンクリートの墨田さんの編み出したべニア工法が、いつのまに一人歩きで施工法が広まっています)

通常の生コンクリートの場合だとプロの左官工による熟練の技で仕上げが行われますが、ドライテックはべニア板を使うことで素人でも仕上げまで施工が出来てしまうのです。

 

E9158773-F607-4C3E-B4F7-ED4FE865C95A.jpeg

 

そしてこちらが完成した駐車場となります。

 

ドライテックを施工する場合、単に水勾配が取れない箇所での施工が最適なだけではなく、あっという間に施工が出来てしまうというメリットもあります。

ドライテックの施工を大まかに解説すると、

・敷設

・均し

・転圧

による簡素化された作業であるため、短時間の施工完了が実現できるのです。

そこに加えて本来であればプロの技術が必要となる転圧の仕上げ部分が、ベニヤ工法にて素人でも施工をできるということになります。

 

他にも水たまりができない、住宅の周りの温度を下げやすい、強度もかなり強く他の材料と組み合わせやすい、といったメリットがドライテックには存在しています。

下記の動画でDIY向けではありますがドライテックの詳しい施工法(ベニヤ工法も含む)を解説しているので、よければ参考にしてみてください。

 



 

ドライテックのおかげで、もう水勾配に悩む必要はない。

家周りのエクステリアや外構工事で当り前と言っても良い悩みの水はけと水勾配。

これまでは、雨が降っても水たまりができないように水はけを良くするために水勾配を付けることが当り前でしたが、これからは透水性コンクリート'ドライテック'を施工することが当り前となるのです。

少しでも人が歩く場所であれば水勾配を付けずに真っ平らにするのが理想です。

その理想をドライテックであれば当り前のように実現することができます。

かつてはポケベルが当り前だった時代、ガラケーが当り前だった時代、がありましたが結果的に今はスマホが普及をしています。

エクステリア外構でもこれからは透水性コンクリート'ドライテック'が当り前の時代が、もうそこまで来ており常識を変えつつあります。

近い将来ドライテックが当り前となり「水勾配ってなんですか?」という時代がやってくるかもしれません。

そして知っておいてもらいたいのがドライテックはテクノロジーや技術の進化が最近起きた結果ではありません。

透水性コンクリート'ドライテック'の技術は30年以上前から存在しており、現在普及をはじめたのは生コン工場や施工者の意識変化および意識改革によるものです。

エクステリアの常識を変える。庭コンではそのために全力をつくしていきます。

施主様と施工者をつなげていきながら。




透水性コンクリート'ドライテック'はお近くの施工業者から

今回紹介した「透水性コンクリート'ドライテック'」を取扱っている庭コンでは、施工業者とお施主様を直接お繋ぎするサービスを提供しております。

厳しい審査を通過した施工業者が庭コンには登録しており、お施主様が直接お近くの施工業者を探し出してご相談頂けます。

お近くの施工業者を探せるマップ・リストはこちら


こちらのサービスでは、中間マージンや紹介料、登録料、広告料をいただくことはないのでご安心ください。

機能的なお庭や外壁、内装を、適正価格でご提供しています。

施工業者から直接透水性コンクリート'ドライテック'を購入することもできますので、DIYに興味がある方も一度お近くの施工業者にご相談下さい。

 

施工箇所 駐車場
施工地域 群馬県
施工種別 エクステリア工事
施工金額 60万円
仕様製品 ドライテック
製造工場 モトキ建材
施工業者 登録施工業者