新聞の一面トップに掲載された透水性コンクリート'ドライテック'

更新日:2019年 12月 16日

新聞の一面トップに掲載された透水性コンクリート'ドライテック'

 

ドライテックを知ってもらう為に活動していること

誕生して15年の透水性コンクリート"ドライテック"

多くの方に知ってもらうために、

 

・営業(飛び込み)

・実際にドライテックの施工の様子などを見て知ることができる施工見学会、体験会

・インターネットでドライテックの情報発信

 

を、行っています。

 

今では、全国各地にある200以上の施工業者や生コン工場がドライテックを扱っています

ときには、お客さまから依頼をいただくことも。

 

広がりつつあるドライテックは、次世代の土間コンクリートとして注目されています。

 

そんなドライテックが新聞の一面トップに紹介されました!



一面トップで紹介された透水性コンクリート'ドライテック'

大分県豊後高田市で生コン製造を行っている大分綜合建設株式会社さんで、ドライテックの施工体験会が開催され、たくさんの方が参加しました。

その様子がドライテックの性能と共に、新聞で紹介されました。

 

施工体験会の様子の写真

ドライテック指導者の話を聞いています。

 

透水性コンクリート'ドライテック'は、透水に優れたコンクリートです。

内部に連続した隙間があり、この隙間を雨水や雪どけ水がとおり抜けて地面に吸収されていきます。ゲリラ豪雨が降っても、水がたまることなく次々と隙間をとおっていきます。

そのため、水たまりができることがなく、表面はいつも乾いています。

 

そして水はけが良いので、水勾配(排水のための傾斜)を考えなくてもよくなります。

犬走りや旗竿地のように水勾配がとれない場所でも、使用できます。

このため傾斜がないので、フラットな仕上がりとなり、ご高齢の方も安心して歩行できます

 

表面がいつも乾いていて隙間があり通気が良いので、カビやコケが生えづらくなります。

カビが生えていると、見た目もよくなく衛生面も気になってしまうと思いますが、掃除に割く時間が減ります。

コケの処理も大変そうですが、とくに水分が付くと滑りやすくなってしまうため、うっかり踏んで滑りそうになるということもなくなります。

 

鉄筋を縦と横に組まれているワイヤーメッシュを使用しないので、運んで設置する手間が省け、安定した足元で作業ができます。

また時間が経つと水がコンクリートの表面に浮いてくることがないので、仕上げるために水が引く時間を待つということがありません。

生コン車で運ばれてきたドライテックを敷いて均一にしたら、振動プレート(地面を締め固める機械)で仕上げるので、短時間で完了します

。このため朝から作業しないと終わらないということもないので、夕方からでも施工が可能になります。

 

せっかく施工したのに劣化しやすいとなると大変です。

しかしコンクリートは、ガラスや石の仲間になるので、劣化しません。

たわまないのでうねりが出ることもなく、表面がポロポロと剝れてくるということもないです。

 

目にすると気になってしまう色むら。

色むらはペーストの上で発生します。ペーストとは、水・砂・セメントでできている液体です。このペーストの、砂や仕上げ、水分の蒸発散の加減で出てしまいます。

ペーストは必要最低限しか使用していないので、色むらが発生しません。

もう1つ気になってしまうことに、ひび割れがあるのではないでしょうか。

表面がゴツゴツとしているので、ひび割れが発生しても目立ちません。

 

アスファルトよりコンクリートの路面温度は10度以上低くなります。

ドライテックは保水性もあり、水分は周りの熱を使って蒸発していくので涼しくなります。

このため夏に打ち水をすると、裸足で歩くこともできるんですよ。

ヒートアイランド現象の抑制が期待されています。

 

音を抑えてくれます。おもいっきり走ってもボールをドリブルしても音を小さくしてくれるので、周辺に騒音となることがなくなります。

 

様々な特徴があり、土間コンなのに水たまりができないコンクリートが、透水性コンクリート"ドライテック"です。



ドライテックが気になりましたら庭コンへ

庭コンには、北は北海道から南は沖縄まで、厳しい審査を通過した多くの施工業者が登録しています。そして施工業者とお客さまが、直接相談したり依頼したりできるようにお手伝いをしています。

 

中間マージンや紹介料、登録料、広告料はいただいていないので、ご安心ください。適正価格でコンクリートを使ったお庭づくり、外壁工事、内装工事をご提供しています。

また、施工業者から透水性コンクリート"ドライテック"を購入できますよ。

 

「庭コンから業者を紹介してもらおう」「製品のことを詳しく聞きたい」という方がいましたら、お気軽にお問い合わせください。ご連絡いただくと、庭コンがお近くの業者をご紹介します。

 

「ドライテックを扱っている業者を調べたい」「見積もりをお願いしたい」という方もご安心ください。お客さまご自身で施工業者を調べて連絡がとれます。

 

庭コンへのお問い合わせ・施工業者の検索とお問い合わせはこちら⇒

https://www.nr-mix.co.jp/niwakon/subcontractor_list.html



https://www.nr-mix.co.jp/dry_tech/blog/1_2.html