埼玉県川越市 水たまりのできない歩行路を導入しやすいドライテックで

更新日:2021年 08月 18日

埼玉県川越市 水たまりのできない歩行路を導入しやすいドライテックで


今回は歩道に出来てしまう水たまりを解決するために、透水性舗装を作っていた業者さんが、ドライテックを採用することで費用を抑えて施工時間も削減できた埼玉県川越市の実績をご紹介します。

施工業者はFULFiLL・Styleさん、これまで少量ずつ人力で透水性舗装から作っていたところ、施工時間と費用が掛かることから悩んでおられました。



今まで高かった透水性舗装の敷居

 

ドライテック川越市

 

まず、透水性舗装にはいくつかの種類が存在します。

アスファルトやインターロッキングなどが存在し、水を透す舗装として世に出回っていますが、一般家庭の駐車場や庭などに採用する場合には独自の問題点があります。

透水性アスファルト・・・少量の製造に向かず、無理やり大量に製造しても余った材料の処分費用も高額となる。

透水性インターロッキング・・・庭の一部にアクセントなどに採用することはできるが、駐車場前面となると通常の土間コンクリートの数倍の価格となる。

透水性コンクリート・・・製造するための工場が全国でまったく整備できず、製造が難しいという点から製造工場となる生コン会社に敬遠されがちだった。

このように、道路などの広い面積への大量製造ではなく、住宅の外構などの少量製造では手軽に要望に答える事ができませんでした。

 

そして、これらの舗装材を人力で製造するとなると、さらに労力と費用が掛かってしまいます。

現場では大量に製造できるわけではないため、数百から数千回、非常に力の必要な作業を繰り返すことになります。

下記記事にて、舗装材から製造する大変さを紹介していますが、それはもう想像したくない程のレベルです。

ドライテックの製造がDIYだと安いと想っていませんか?

そのため、絶対とは言いませんが、ドライテックをはじめとする舗装材の製造はおすすめできません。

 

 

透水性コンクリート ドライテックは全国の広範囲地域で施工可能

時間と費用を掛けて透水性舗装から製造し、水たまりのできない舗装を作られていたFULFiLL・Styleさんですが、透水性コンクリート ドライテックを採用することで以前よりも短期間低コストで施工できるようになられました。

従来よりも人件費が掛からなくなったということで、よりお施主様に勧めやすくなったという声を頂きました。

 

透水性コンクリートが全国で製造が難しかったのは少し前の話で、現在では全国(一部地域を除く)で製造が可能です。

そのため、お近くのコンクリート製造会社(生コン屋さん)にドライテックを依頼すれば、製造と配達を安価に手配することができます。

 

 

ちなみに、お庭や駐車場など住宅外構であれば、ドライテックをDIYによって施工することができます。

通常の土間コンクリートであれば熟練の左官技術が必要となり敷居が高いのですが、ドライテックは施工が簡素化されているため、DIYでも施工をすることが可能です。

敷設・均し・転圧によって施工を行うことができるドライテック、さらに詳しいDIY施工方法は下記動画で紹介しています。

 

 

透水性コンクリート ドライテックの入手方法

 

今回紹介をした「透水性コンクリート'ドライテック'」を取扱っている庭コンでは、施工業者とお施主様を直接お繋ぎするサービスを提供しております。

厳しい審査を通過した施工業者が庭コンには登録しており、お施主様が直接お近くの施工業者を探し出してご相談頂けます。

 

  

こちらのサービスでは、中間マージンや紹介料、登録料、広告料をいただくことはないのでご安心ください。

機能的なお庭や外壁、内装を、適正価格でご提供しています。 

施工業者から直接透水性コンクリート'ドライテック'を購入することもできますので、DIYに興味がある方も一度お近くの施工業者にご相談下さい。

⇒ドライテックに興味がある方はコチラ