【和歌山県】 裏庭の水たまり・雑草対策「子供たちのために」

更新日:2021年 06月 22日

【和歌山県】 裏庭の水たまり・雑草対策「子供たちのために」

ドライテックは一軒家の庭だけでなく、集合住宅のランドスケープ計画にも採用されています。集合住宅では、多くの人が生活をすることから集合住宅敷地内で快適に過ごしてもらうための多くの工夫がなされています。その一つがランドスケープ:都市景観性なんです。

 

敷地内で快適に過ごすためには、歩行圏内に水たまりや雑草が生い茂っていてはなりません。

その対策としてドライテックが採用されました。

 

施工業者さんが雑草・水たまり対策のために設計会社さんに提案

 

現場は和歌山県、ご当地のテラマエ建設さん(庭コン登録施工業者)による施工です。

集合住宅の裏庭で、150㎡(10センチ厚)で採用されました。

集合住宅裏庭では子どもたちがよく遊んでいるそうで、子どもたちの遊び場が安全で快適となるように、テラマエ建設さんから設計会社さんに提案し、水たまりが原因で発生するコケカビによる転倒や害虫の発生を防ぎ、雑草処理を簡素化できるということで「それ、いいね!」となったそうです。

 

雑草が原因で発生する危険

 

雑草が生い茂ると、そこは虫にとって非常に住みやすい地帯となります。

子どもたちの憧れであるカブトムシやクワガタ、バッタなどはまだ良いのですが、ムカデなどの毒を持った虫まで住み着いてしまいます。

 

さらにそれらの虫を餌にする蛇なども近づいてきてしまうため、いくら自然と触れ合えるといっても手放しで遊ばせるわけにはいきません。

 

雑草対策に適したドライテック

 

透水性コンクリート'ドライテック'は地面の呼吸を妨げることなく、雨水を地中に還元する新世代の舗装材料です。

地面の呼吸を妨げず、さらに雑草が生えないようにするため、人と自然の共存に適した舗装材としても注目を集めています。

 

ドライテックの入手方法

 

DIY施工

 

ドライテックは通常のコンクリート駐車場よりも熟練した技術を必要とせず施工できる材料です。通常のコンクリート駐車場は水勾配と呼ばれる水がたまらないための絶妙な角度をつける必要があり、まずそれが非常に難しくなっています。角度が甘ければ水たまりとなってしまいますし、角度が強すぎればあるきづらく、滑りやすい駐車場になってしまいます。

 

対してドライテックは水勾配をつける必要がないため施工しやすい材料となっています。

ドライテックはお近くの生コン工場から購入することが可能です。材料の手配は庭コンで行っておりますのでお気軽にお申し付けください。

 

お近くの施工業者に見積もりを依頼する

 

DIYだとやっぱり不安、DIYする時間がないよ!という方も、ドライテックを施工業者に見積もり依頼することで入手可能です。

庭コン登録施工業者と直接やりとりいただくことが可能です。私達庭コンで仲介料や手数料・マージンなどをいただくことは一切ありません。

安心して施工業者さんとやりとりいただけます。

お近くのドライテック施工可能業者を探す

 

雑草や水たまりに悩まされないスペースを手に入れてみませんか。