インターロッキングの性能を最大限に活かす下地とは

更新日:2021年 06月 28日

インターロッキングの性能を最大限に活かす下地とは

お庭・エクステリア・外構を検討していると目にしたり耳にしたりすることがあるインターロッキングブロックですが、とってもおしゃれですよね。西欧風も、和風も、シンプルモダンも実現できる素敵な材料です。

インターロッキングブロックのメリットは数あるサイトで説明されているので、インターロッキングブロックのデメリットと、その解決方法をご紹介します。

 

インターロッキングブロックとは

 

 

コンクリートやコンクリートに準じる原材料を、一定の形(ブロック)に成形したものを指します。その形は様々で、レンガのようなもの、タイルのようなもの、変則的な形状のものがあります。

また、性能や色も様々あり、多機能・高機能・高意匠性を持っています。

 

そのインターロッキングブロックを砂やモルタル(コンクリートの仲間)で配置し、床面とすることをインターロッキング工法とも呼びます。

 

インターロッキング工法の弱点(デメリット)

 

 

インターロッキングは多種多様な形を平面とするために、多くの場合「砂」を下地にしています。

砂は自由な形に微調整が効きますし、施工中や施工後にバランスがとれていなければ気軽にやり直すことが出来ます。

その反面、車両が乗り入れたり、繰り返し荷重がかかる箇所や、樹木の根で押される場所は「砂」であるがゆえに凹んだり、出っ張ったりしてしまいます。これを「不陸」といいます。

 

不陸を克服し、インターロッキングの強みを活かす方法

 

インターロッキングブロックは多くの場合水を通す材料で出来ています。

水を通す材料であるため、モルタルで固定してしまうとせっかくの水を通す力がなくなってしまうんですね。

 

そこで下地に「かたくなる」「水を通す」材料が求められ、透水性コンクリート'ドライテック'がインターロッキングの下地材料に採用されるようになりました。

 

 

 

透水性コンクリートを下地にした施工

 

庭コンでは登録施工業者によるお見積りをご案内しています。

インターロッキングの性能を最大限に活かせる透水性コンクリート'ドライテック'を下地とした施工は、是非お気軽に近所の登録施工業者にご相談ください。

 

お近くの施工業者を探す

 

インターロッキングがガタガタになった「廃墟感」、好きなんですけど住むには向きませんよね。