静岡 雑草対策・熱中症対策に透水性コンクリート'ドライテック'

更新日:2020年 07月 29日

静岡 雑草対策・熱中症対策に透水性コンクリート'ドライテック'

家周りのコンクリート、車を置いたり、安全に歩けるなど多くのメリットがあります。

しかし、水はけの問題や、デザイン上など、様々な理由からすべてコンクリートで固めてしまうことができない場合もあります。

 

そういった場合、家周りに砂利敷きのエリアや土・芝生のエリアを設けることで問題を解決するものですが、そのような「コンクリートで覆われていない場所」は防草シートを組み合わせても雑草が生えてしまうものです。

 

今回はそういった「隙間」に透水性コンクリート'ドライテック'を採用し、雑草問題を解決した事例を紹介します。

 

夢のマイホームは雑草との戦い

雑草.jpeg

草むしりはできるだけやりたくないものです。雑草が元気になる夏場は、外に出るだけでも熱中症のリスクがあります。

先日も、静岡県の現場で施主さんがDIYで雑草対策にドライテックを施工されました。

 

記事:庭の草むしりが原因で起きていた夫婦喧嘩を解決

https://www.nr-mix.co.jp/niwakon/cat1/post_255.html

 

誰が草むしりをする!?で家庭内不和を生み出すケースすらあります。

 

駐車場コンクリートと隣家との境界壁の間にある隙間に採用

899E3360-1072-402F-886E-E6EC4A52DCE9-thumb-600xauto-6511.jpeg

静岡県の現場で、施工会社:新栄工業さんで採用されました。

新栄工業さんは長岡生コンクリートの通常の生コンユーザーさんでもあり、非常にお客様からも信頼の厚い会社さんです。

 

本来であればこういった隙間の防草にはレンガやタイル、コンクリートを流し込む等の対策をするとのことですが、金額面や工期面からも今回はドライテックが適しているということでお施主様へ提案されたとのことでした。

 

 

すでに施工済みのコンクリートやその周囲を汚さないためにしっかりと養生をして施工されていました。

 

犬走りや倉庫前もしっかり防草できて、しかも水がたまらない

 

 

このように犬走りや倉庫前の雑草が生えてしまいそうな隙間にもドライテックを施工しました。

こうすることで水はけが良くなり、日が当たりにくい場所でもコケカビが生えにくくなります。

 

透水性コンクリート'ドライテック'の入手方法

 

季節的にも非常に多い雑草に困っているから解決したい!という内容のお問い合わせですが、実際にドライテックをどのように採用・施工するのかは下記になります。 

 

施工業者による見積もり・施工

透水性コンクリートは庭コンに登録されている外構業者さんによる施工が可能で、施工業者マップ・リストをご覧になって直接工事業者に問合せすることができます。

その際、工事費用のマージンや広告費など、余計な費用は 庭コンではいっさいいただきません。

お近くの施工業者を探せるマップ・リストはこちら

https://www.nr-mix.co.jp/niwakon/subcontractor_list.html

DIYによる施工

DIY施工のHOW TO 動画

多くのお客様がDIYにチャレンジされていて、お問い合わせの3割ほどは「自分で施工したい!」というガッツのあるお問い合わせです。墓地DIYの場合は、お寺や土地の所有者に確認をとってからご検討ください。

ドライテックはお近くの生コン工場から購入することが可能です。材料の手配は庭コンで行っておりますのでお気軽にお申し付けください。