大分県 水たまりクレームを解決する手段として採用されたドライテック

更新日:2020年 10月 2日

大分県 水たまりクレームを解決する手段として採用されたドライテック

「水たまりが発生してしまった」

大分県で、お施主さんから施工業者さんに、施工してもらったコンクリートの駐車場に水たまりができてしまった、という内容の連絡があったそうです。

そのクレームをすっきり解決した事例をご紹介します。

駐車場の奥の部分にできてしまう水たまり

このお施主さん宅は旗竿地のようになっていて、敷地はブロック塀で囲われています。

雨水は水勾配(水がたまらないように地面に傾斜をつけること)を利用して敷地の外や排水設備に流されますが、旗竿地というのは非常に厄介です。

旗竿地は旗をつけた竿のような形に似ていることからそのように呼ばれ、通路のようになった竿の部分から水を道路側に流すことになります。

奥から手前までの距離が長く、家本体が途中にあるため水の流れを非常につくりにくいことで知られています。

ご覧のようにカーポートがあり、その奥が旗の形状のように広がっています。

この奥の部分の水勾配がうまくとれておらず、水がたまってしまうという指摘でした。

 

ドライテックを扱う生コン工場「大分綜合建設」

クレームを受けた施工業者さんは大分市の生コン工場「大分綜合建設」さんに水たまりを解決する方法はないか?という相談をされたそうです。

大分綜合建設さんはこれまでに何度もドライテックを製造している実績があり、それならばとドライテックを施工業者さんに勧めた結果採用となりました。

大分綜合建設さんからのドライテックレポート

久しぶりのドライテックレポです。

大分市国分新町

工場から高速道路利用で1時間30分

遠方ですが涼しくなってきたので遅延剤0.2%

7立米

 

駐車場をコンクリートで土間打ちしたが、カーポート下から上がった広場の部分で水たまりが発生!

施主様からやり直しの指示

業者さんが水が溜まらない材料はないか...と探した結果、ドライテックに辿り着いたとのことです。

 

職人はドライテック施工3回目のベテラン

タンパは疲れるから使わん!と、大小のプレートを使い分け、四隅もプレートのみで施工完了

 

最近、バケット受けやネコ1台受けなど、スピード感のない現場が多く、ドライテックの短時間施工という強みを生かし切れてしませんでした。

今日はネコ3台、7立米が2時間で片付きました!

ドライテックの強みを発揮できるのは、ネコ3台からだなっ( ̄▽ ̄)という勝手な感想です。

 

共有されたチャットから引用

 

透水性コンクリート'ドライテック'の施工は2時間程度で終了

 

 

水が溜まってしまう駐車場の奥の部分を撤去し、ドライテックを施工しました。

施工時間は2時間程度で完了したとのことです。

クレーム工事となりますが、もう一度土間コンを施工してまた水がたまるかもしれない、という恐怖とは無縁となりますし、工事でお施主さんの生活を制限してしまう時間も非常に短時間ですみます。



透水性コンクリート'ドライテック'の入手方法

 

 

施工業者による見積もり・施工



透水性コンクリートは庭コンに登録されている外構業者さんによる施工が可能で、施工業者マップ・リストをご覧になって直接工事業者に問合せすることができます。 

その際、工事費用のマージンや広告費など、余計な費用は 庭コンではいっさいいただきません。

 

お近くの施工業者を探せるマップ・リストはこちら

https://www.nr-mix.co.jp/niwakon/subcontractor_list.html

DIYによる施工

水たまりができないように、という理由で採用されることが多いドライテックですが、水たまりが発生した際に「どのようにしたら水たまりは発生しないのか?」という選択肢としても十分通用します。

すでに土間コンでつくられた駐車場に水たまりができてしまう場合もご相談ください。