静岡県熱海市 超逆勾配にかかる高額費用の解決方法

更新日:2020年 11月 4日

静岡県熱海市 超逆勾配にかかる高額費用の解決方法

道路から敷地に向かって水が流れるようについている勾配、そんな実績がありました。

 

道路と敷地の間にはU字溝が設置されていますが、100%水をそこで止められるわけではありません。

 

よって、長い雨や大雨がふれば敷地が水浸しになってしまうことは容易に想像できます。

 

その事例をご紹介します。

 

加工画像のような逆勾配



 

がっつり下り坂の敷地です。

現場は静岡県熱海市ですが、山の斜面につくられた町なのでいたるところに理不尽な勾配があふれている土地でもあります。

この敷地内に落ちた雨水はもちろんのこと、道路との間に設置されているU字溝でさばききれない水も大量に敷地内に流入します。

 

道路のU字溝は住宅などの敷地に降った雨を排水する役割ももっているので、この状態ではまったく役目をなさないことになります。

 

高額な地下排水設備設置費用

 

ちょうどいい図解がなかったので文章での説明になりますが、地面の中を通る水は様々な種類があります。

 

屋根にあたった雨を排水する雨樋からの地下排水設備

 

生活排水を排出するための地下排水設備

 

庭スペース、家周りに降った雨を排出する地下排水設備

 

これらはどれも文字通り地下に埋め込まれています。

特に、庭スペースや家周りに降った雨を排出するための地下排水設備は、ガスや水道などの配線がすでに地中に張り巡らされていることから、家を建てたあとでは整備するのが難しくなっています。

 

それを掘り返すというだけでもかなりのコストがかかる上に、今回の現場のような逆勾配では地中深く掘り下げる必要があり、排水の親分である道路側の排水設備よりも低い位置にあれば高い位置にくるまで地中を延々と掘り進めてなくてはなりません。

 

それができなければ常時稼働できる水中ポンプで地下設備を作ったり、調整池と呼ばれる水を貯める池を作るなどの必要があります。

 

どれも目に見えないものであるにも関わらず、数十万から数百万単位のコストがかかってしまいます。

 

これらに別途舗装工事費用がかかるため、敷地の勾配というのは非常に悩ましいものです。



地下排水設備を設置せずに逆勾配問題を解決するドライテック



 

どんどん敷地に施工していきます。

 

画像でもわかるように、ドライテックには無数の孔が空いていて、そこから地面に水を還元することができます。

 

この孔が潰れてしまう製品も中にはありますが、ドライテックはその性質上ガラスや石の仲間となるため、気温程度での温度による変形や劣化が起こりません。

水を通すアスファルトでは目つぶれを起こすと回復させることが困難です。しかしドライテックは目つぶれが発生しても高圧洗浄によって性能を回復させることが可能です。

 

 

製造は長岡生コンクリート、施工はワイエイ.ケイによるものです。

49m2、150mm厚・9m2、100mm厚、5名、4時間30分で施工完了しました。



透水性コンクリート'ドライテック'の入手方法

 

 

施工業者による見積もり・施工



透水性コンクリートは庭コンに登録されている外構業者さんによる施工が可能で、施工業者マップ・リストをご覧になって直接工事業者に問合せすることができます。 

その際、工事費用のマージンや広告費など、余計な費用は 庭コンではいっさいいただきません。

 

お近くの施工業者を探せるマップ・リストはこちら

https://www.nr-mix.co.jp/niwakon/subcontractor_list.html

DIYによる施工

逆勾配の敷地は、実際に庭を考えるときに初めて大きな問題として目の前に立ちはだかります。

逆勾配は大変だよ、とは聞いていたけどここまでとは・・・という声をよく耳にします。

悲観的にならず、是非水勾配のいらないコンクリート ドライテックを思い出してください。