新潟県新発田市 お済みですか?スタッドレスタイヤへの履き替え!自宅で作業するときに注意すること

更新日:2020年 12月 28日

新潟県新発田市 お済みですか?スタッドレスタイヤへの履き替え!自宅で作業するときに注意すること

 

毎年夏タイヤ(ノーマルタイヤ)からスタッドレスタイヤに換装する!という方は多くいらっしゃいます。かくいう私も毎年換装しています。

 

カー用品店やタイヤショップへ乾燥作業をお願いする方だけでなく、自宅で換装される方にぜひご注意いただきたいことを実績とともにご紹介します。

 

家の駐車場で作業するときに問題となる「傾斜」

 

 

冬場はたまに雪が振る地域や、ウインタースポーツなどで冬に寒冷地へ出かけることがある方は毎年スタッドレスタイヤを履きます。

 

そんなシチュエーションでは、スタッドレスタイヤを毎年購入するのではなく、2,3年に1度購入し、その時期がきたらホイール付きで交換するという方がいらっしゃいますよね。家の裏や倉庫、ガレージなどにタイヤを保管しておいて、時期がきたらジャッキアップして交換する。

 

世の中のお父さんは休日にこういった作業をされるかと思います。

 

ジャッキアップはパンクしたときに使うために車両に付属しているパンタグラフジャッキを使う場合や、車いじりを趣味とする方はフロアジャッキを使って作業する場合があります。

 

左:パンタグラフジャッキ 右:フロアジャッキ

 

いずれの場合も、車を持ち上げるための道具であり、そのときの地面は可能な限り平ら(坂になっていない)ことが非常に重要です。

 

 

地面に傾きがあると最悪の場合死亡事故につながる恐れも

 

車は軽自動車でも600kg以上、ファミリーカーともなれば1500kg以上と、とても人間が持ち上げられるしろものではありません。

 

そのためにジャッキを使って持ち上げてタイヤを交換するわけですが、万が一にもそのジャッキが外れて手や足が下敷きになったり、目を話していた子供が車の下にいた場合、大怪我や最悪の場合死亡事故に繋がります。

 

パンタグラフジャッキは車輪がついており、傾斜があれば車輪が滑り出しジャッキが外れてしまったりしますし、パンタグラフジャッキは安定性に欠けるため車を押すだけで外れてしまいます。

 

ジャッキ転倒による事故を防ぐためにできること

 

リジットラック・ウマなどの専用工具を利用する

 

 

ジャッキだけでなく、ジャッキが外れてしまっても安定するようにリジットラックなどの「支え」を車に設置する方法です。この方法はプロも使うことがある方法ですので、よほどのことがない限りは事故につながる可能性を軽減できます。

とはいえ、使わないときは本当にただのお荷物なので車いじりが好きな方以外はなかなか所有している方はいません。

 

使わないタイヤなどを車の下に入れる

 

出典: https://www.roadster194.com/modify83.html

 

タイヤやコンクリートブロックを車の下に入れておくことで、万が一ジャッキが外れてしまってもその分の隙間は確保されます。大きな怪我にはつながりにくくなります。ただし、タイヤを痛めてしまったり、コンクリートブロックで車に傷が付く可能性があります。



地面を平坦にする

 

 

まさかジャッキアップのために地面を平らに!?と思われるかもしれませんが、これは非常に重要です。

地面が平らであれば、道具などを買い足す必要もありませんし、新築やリフォームのタイミングで地面を平らにしておくことで事故を軽減する効果は十分に得られます。

 

ジャッキアップする前に雨が降っていたとしても、透水性のあるコンクリートで地面を平らにしておけば衣服を汚すこともかなり軽減できます。

 

車いじりをひとつの目的に透水性コンクリート'ドライテック'を採用されたお施主さん

 

 

新潟県新発田市のお施主さんは、外構工事をされている地元施工業者さんの庭工房さんに依頼し、ドライテックを採用されました。

 

製造も地元製造工場の新潟太平洋生コンさんです。

 

決め手は水を通すコンクリートでの平坦性

 

 

ドライテックは水を通す機能を有していて、そのため雨水などの水を敷地外に排出するためにつけられる水勾配(地面の傾き)をつけない駐車場を実現できます。

 

 

半日程度で施工完了です。

 

画像奥左側に施工してある通常のコンクリートと比較すると、傾斜がないことは一目瞭然です。

ドライテックにすることで車がずり落ちたりすることがなくなる駐車場になりました。





水を通すドライテックの様子



透水性コンクリート'ドライテック'の入手方法

施工業者による見積もり・施工



透水性コンクリートは庭コンに登録されている外構業者さんによる施工が可能で、施工業者マップ・リストをご覧になって直接工事業者に問合せすることができます。

その際、工事費用のマージンや広告費など、余計な費用は 庭コンではいっさいいただきません。

お近くの施工業者を探せるマップ・リストはこちら

https://www.nr-mix.co.jp/niwakon/subcontractor_list.html

DIYによる施工