群馬県佐波郡 カーポートの下には◯◯をつけたくない

更新日:2021年 01月 7日

群馬県佐波郡 カーポートの下には◯◯をつけたくない


「カーポートの下には〇〇をつけたくない」

タイトルに伏字があると興味が無くとも覗いてみたくなるのはなぜでしょうか。

なんとなく答えがわかりそうでわからないもどかしさや、隠されたり穴があることに人間は興味が出てきたりと、様々な理由があるかと思います。

特にこういった伏字はアフィリエイトブログなどでよく使われていますが、
内容にがあるかどうかは別として、伏字の中身はやはり冒頭でわかるようにすべきです。

 

「カーポートの下に水勾配をつけたくない」

 

伏字の中身は「水勾配」です。

ドライテックを採用されるお施主様の多くは、水たまりや水勾配が無い駐車場を求められます。

今回のお施主様は、かねてよりドライテックをご存知で、カーポートを建てたら下は絶対ドライテックを採用すると決められていました。

ドライテックの普及活動を行う庭コンとしては嬉しい限りです!

では実際に、群馬県でカーポートの下に施工された、水勾配のないドライテックの施工をご紹介します。



カーポートの下に水勾配をつけたくないならドライテック

 

施工:平野ブロック 製造:モトキ建材

 

今回ドライテックの施工を行ったのは平野ブロックさんです。

普段から誠実に仕事をこなされており、お庭周りの工事を提供されています。

群馬県のお施主様から「カーポートの下には水勾配をつけたくない」という思いをくみとられ、平坦な駐車場を実現しました。

 

では実際の施工をダイジェストで紹介していきます。

上記写真は施工前の状態です。

ドライテックを施工するための区切りを設けており、手前に写る一輪車でドライテックを小運搬して現場に搬入していきます。

 

 

搬入したドライテックを敷設し、T字型のレーキやトンボと呼ばれる道具でおおよその高さまで均し、左上に写る転圧機で締め固めていきます。

 

 

カーポートの柱周りもしっかりと締め固めていきます。

 

 

施工から1時間でここまで終えることができました。

お気づきの方もおられるかもしれませんが、ドライテックの施工は非常に簡素化されており、敷設→均し→転圧の単純な作業の繰り返しで施工可能です。

約33㎡の施工面積を今回は2時間掛からずに施工を終えることができました。

ドライテックは施工が簡素されているためDIYでも施工をすることができます。

もちろん、施工が簡素化されてDIYでも施工ができますが、プロの業者に掛かればしっかりと満遍なく転圧が掛けられ、DIYでは到達できない最高の平坦なカーポートを作ることができます。

 

 

そして、こちらが完成したカーポートとなります。

施工直後では色が黒っぽいですが、数日で手前の砕石部分のような色に変化をしていきます。



水勾配が不要なカーポートはドライテックのおかげ

 

カーポートの土間にコンクリートを施工する際は、水勾配と呼ばれる水を流すための傾斜を付けます。

水勾配を付けることによって雨水などを計画的に排水することができるようになるため、通常のコンクリートを施工する際には必要不可欠な傾きです。

しかし、透水性コンクリート ドライテックをカーポートに採用することで、真っ平で平坦に施工をすることができます。

それは、上記動画で確認できるように、ドライテックには非常に高い透水性があるためです。

ドライテック表面にある水は全て内部から透水させられるため、水を流すための勾配が必要ありません。

雨水などは全てドライテックを透して地面に還元されていきます。

そのため、ドライテックを使えば水たまりも水勾配も無いカーポートを手に入れることができるのです。

 

 

今回ドライテックを製造して頂いたのは、群馬県にあるモトキ建材さんです。

施工を行った平野ブロックサン同様に普通の生コン屋さんで、ドライテックを製造施工するための特別な修行や、特別な設備を導入したということはありません。

高額な講習を受けたり、ロイヤリティを支払うということもありません。

ドライテックの主な材料は普通の生コンと同様なので、普通の生コンが作ることができれば、ドライテックも製造をすることができます。

(生コンを正確に作る技術があるモトキ建材さんなら、ドライテックもお茶の子さいさいです。)

 

もしかすると、ドライテックを聞きなれないことから、地方などでは施工できないのかと疑問を持たれるお施主様もおられるかもしれませんが、ご安心ください。

ドライテックは生コン工場で製造をすることができるため、全国どこでも供給可能です。(離島などの一部地域は除く)

水を透すコンクリートは他にも存在しますが、ドライテックのようにどこもで製造ができるわけではありません。

そのため、どこでも製造ができるドライテックは他にはない唯一無二の商品です。

今回はカーポートでの施工事例をご紹介しましたが、他にも様々な箇所で施工をすることができます。

もし、ドライテックの施工に興味がある場合は、ぜひ下記の施工業者マップよりお近くの施工業者を探して、一度ご相談ください。



透水性コンクリート ドライテックの入手施工

 

今回紹介をした「透水性コンクリート'ドライテック'」を取扱っている庭コンでは、施工業者とお施主様を直接お繋ぎするサービスを提供しております。

厳しい審査を通過した施工業者が庭コンには登録しており、お施主様が直接お近くの施工業者を探し出してご相談頂けます。

 

  

こちらのサービスでは、中間マージンや紹介料、登録料、広告料をいただくことはないのでご安心ください。

機能的なお庭や外壁、内装を、適正価格でご提供しています。 

施工業者から直接透水性コンクリート'ドライテック'を購入することもできますので、DIYに興味がある方も一度お近くの施工業者にご相談下さい。

⇒ドライテックに興味がある方はコチラ