ドライテックって土間コンと比べて汚れは目立つの?という疑問

更新日:2021年 01月 25日

ドライテックって土間コンと比べて汚れは目立つの?という疑問

 

家を建てればやっぱり気になるのは維持にかんするアレコレです。

賃貸では外壁も駐車場も、はては内装についても維持する義務は貸主にあり、借り主は維持費込みの家賃を払って生活をしているわけですが、自分の持ち家となるとそういったことも一切含めて自分で管理しなければなりません。

 

家周りも大事な家の一部です。

中でも駐車場は面積が広く、外壁の次に目立つ部分となります。

 

そんな場所に採用するのは土間コン、ドライテック、どっちがいいの?という疑問にお答えするべく撮影された動画をご紹介します。

 

施工後10年経過したドライテック

 

 

こちらは施工後10年経過したドライテックです。動画で見る限りほとんどわかりませんが、土汚れが少し付着しているくらいで施工直後のドライテックと比較してもほとんど差がありません。

 

こちらは施工直後のドライテック

 

このことからわかるように、ドライテックそのものは10年共用しても見た目がみすぼらしくなる、ということが起こりづらい材料だといえます。

 

もちろん、周辺環境によっては必ずしもそうではない場合はございます。

海沿いであったり、重量物や重い車が出入りする場所、砂や土にさらされている箇所などです。予めご相談いただくことでそういった問題を軽減するよう提案しております。



10年経過したドライテックの横にあった10年経過した土間コンは?

 

 

ちょうど10年モノのドライテックのとなりがコンクリートだったので動画でご紹介します。

どうしても表面に水分が残ったりすると黒カビが発生したり、汚れが堆積してしまうのが通常の土間コンです。

また、表面を非常に平滑に均す土間コンではレイタンスと呼ばれる表層の脆弱部分が経年劣化により風化します。

 

ドライテックでも同様の現象は発生するのですが、そもそもの構造から脆弱部分が風化しても見た目に影響が出づらいのです。

 

ちなみに表層の1ミリ程度が風化したところで土間コンもドライテックも耐久性についてはなんら影響ありません。

 

ただし、通常の土間コンの場合内部にメッシュ筋と呼ばれる鉄製のメッシュが入っていますので、ひび割れや表層の欠けなどで影響を受ける場合があります。

とはいえ10年そこらで発生することは稀です。そういった内部で起こる反応についても気になる場合は内部に何も入っていないドライテックのほうが有利と言えるでしょう。



水を通すドライテックの様子



透水性コンクリート'ドライテック'の入手方法

施工業者による見積もり・施工



透水性コンクリートは庭コンに登録されている外構業者さんによる施工が可能で、施工業者マップ・リストをご覧になって直接工事業者に問合せすることができます。

その際、工事費用のマージンや広告費など、余計な費用は 庭コンではいっさいいただきません。

お近くの施工業者を探せるマップ・リストはこちら

https://www.nr-mix.co.jp/niwakon/subcontractor_list.html

DIYによる施工