【静岡県小山町】実例からみる車好きにドライテックをおすすめする3つの理由

更新日:2021年 05月 19日

タグ: ,

【静岡県小山町】実例からみる車好きにドライテックをおすすめする3つの理由

 

車は好きですか?土地事情にもよりますが、マイハウスと同じようにマイカーは大切にされてきました。

車に興味がない人でも、家と車のバランスを考えて車選びをするという人もいるくらいです。

 

車が置ければ駐車場はなんでもいい!という方にはまったく響かない記事かもしれません。

私自身、車が好きでベッドで車といっしょに寝たいとすら思う時期があったので、その経験を生かして(?)車好きにもたらすドライテックのメリットをご紹介します。

 

透水性コンクリート'ドライテック'が車好きの駐車場に向いている理由

 

1.ジャッキが倒れにくい

 

一般家庭で車いじりをする方が使うジャッキは、2種類あります。

 

パンタグラフジャッキ

 

フロアジャッキ

 

です。

 

パンタグラフジャッキはパンクや予備タイヤに交換することを想定し、メーカーが車両に備え付けているジャッキに多く配備されています。

電車の頭についているパンタグラフに似ていることからパンタグラフジャッキと呼ばれていると思っていましたが、「ひし形を収縮する機構」にあてられる名称だそうです。

代表的なものが電車の頭についているアレなんですね。

 

フロアジャッキは車輪のついたジャッキ本体を車の下に潜り込ませ、専用のバーを使って油圧をかけることで車を持ち上げるジャッキです。パンタグラフジャッキよりも少ない力で車両を持ち上げることができます。持ち上げる際に車両に接する部分が広くほぼされた形状なので、車を傷つけにくいのも特徴です。

 

ジャッキアップの罠

 

「自分でできることは自分でやる!」という車好きはだいたいフロアジャッキを持っています。

 

パンタグラフ・フロア、どちらのジャッキも「地面が傾いている場合は使用不可」という弱点があります。

 

どのくらいの傾きならOKなの?という点は明記されていませんが、私は一度実家の駐車場で地面の傾きからフロアジャッキがずれて外れてしまい、体の一部を挟まれたことがあります。幸い大きな怪我にはならなかったものの、冷や汗ものだったことを覚えています。

 

家の前に駐車場には水たまりができないようにするための地面の傾きである「水勾配」が必ずついていて、土地形状によってはジャッキが倒れたりずれたりしてしまうほどの傾きになります。

 

タイヤ交換程度の整備なら車の下に潜ることはありませんが、足回りの調整や整備、マフラー周りをいじる際は車の下に潜る必要があります。

もしそんなときにジャッキがはずれて車の下敷きになれば、命に関わる怪我につながるでしょう。

そもそも、下に完全に潜るときにはウマを使うのが前提です。とはいえ「ちょっと手を伸ばせば・・・」くらいだとウマを出すのをサボってしまったりしてしまうんじゃないでしょうか。

 

ドライテックは地面の傾きが必要ない

 

ドライテックで作った駐車場に地面の傾きは必要ありませんので、地面の傾きに起因するジャッキ外れ事故は起こりようがないのです。

 

2.夏の地面の暑さを大幅に軽減できる

 

夏は車好きにとって天敵とも言えます。クラシックカーやレーシーなカスタムを施している車は特に夏場厳しいのです。

エアコンの効きが弱く、断熱性が低い車は夏場は夜しか近づけないレベルです。私も軽量化のためにエアコンを撤去し、内張りや内装も撤去できる部分は撤去していたのでとんでもない暑さでした。

 

 

お尻灼熱地獄からお尻めっちゃ涼しい天国へ

 

暑いのは車内だけではありません。

 

整備の際、どうしても車の脇の地面にお尻をつけていじることも多々あります。通常の土間コンの夏場の熱さはやけどしてしまうほどです。

 

ドライテックは雷おこしのような構造をしています。太陽からの熱を発散しやすく、ドライテックに無数にある隙間から地面を貫通した気化熱が発生することで温度を大きく下げる性能を有しています。

 

 

ドライテックを採用いただいた方から多くいただく声として「夏、地面だけでなく家も涼しくなった」というものがあります。

車いじり大好きマンにとって地面の快適性は夏場、特に重要なのです。

 

参考記事:ドライテックの温度を測ってみた

 

 

3.車の下の地面が乾きやすい

 

水勾配(雨水を排出するための地面の傾き)を通常の土間コンではとっているため、水たまりはできない(できづらい)のですが、土地の形状上、どうしても水勾配を強くつけられない場合があります。

 

そんなときは当然のように水たまりができてしまう場合があります。

または豪雨で冠水するようなことがあっても水たまりができます。

 

車の腹下(裏側)は金属部品だらけです。もちろん、サビないように塗装してある部分が大半ではあるものの、長く湿気にさらされることで腐食が進行します。

 

腹下の部品は腐食してしまうと整備性が非常に下がってしまいます。マフラーのガスケット周りやエキパイのガスケット周り、アーム類のブッシュ周りなどが代表的なのではないでしょうか。

 

ドライテックは理論値で日本の最大降雨量の雨でも水たまりができないほどの透水性能を持っています。※ドライテックの厚みを超え、下地の水はけを超えた場合は水たまりができます。

 

洗車すると必ずできる水たまりや川をばっちり軽減も

 

そのため、雨上がりに水たまりが残ることがほとんどないのです。車の下に潜るマンにとって雨あがりにすぐに整備できる点、腹下に湿気が残りづらい点は非常にありがたいところです。

 

洗車では大量の水と泡が地面に残ります。洗車を頻繁にする人は、たまにスポンジを地面に落としたりしてしまいませんか?

落としたスポンジで車を洗うと傷がつくので、絶対に落とさない、または落としたらスポンジをかえなければいけません。

ドライテックは地面に砂や汚れが残りづらいため、落としたスポンジの掃除も容易なのです。



静岡県小山町で採用いただいたガレージの例

 

車好きのお施主さんから、

 

「ガレージで洗車したり修理したりするので平らにしたい」という要望があり、ドライテックが採用されました。

 

ネットで調べて施工業者の「暖空工務店」さんに相談を寄せ、約80平米の広さを5時間ほどで施工しました。

ドライテックは近隣生コン工場の長岡生コンクリートより製造・運搬です。

 

施工前の写真です。素敵なガレージスペースですね。

 

通常の土間コンでは玄関前を1度に施工すると住んでいる人の出入りが出来なくなってしまいますが、ドライテックは施工後優しく歩行する分には問題ないため玄関前も一気に施工します。

 

それにより、施工の継ぎ目を最小限にすることができます。

 

 

そして素敵なガレージスペースができました。

 

車いじりに最適ですね。




水を通すドライテックの様子



透水性コンクリート'ドライテック'の入手方法

施工業者による見積もり・施工



透水性コンクリートは庭コンに登録されている外構業者さんによる施工が可能で、施工業者マップ・リストをご覧になって直接工事業者に問合せすることができます。

その際、工事費用のマージンや広告費など、余計な費用は 庭コンではいっさいいただきません。

お近くの施工業者を探せるマップ・リストはこちら

https://www.nr-mix.co.jp/niwakon/subcontractor_list.html

DIYによる施工

2022年中にカインズでオワコンの取り扱いがはじまります

オワコンは生コンポータルより材料を注文することもできますが、2022年中にホームセンター カインズ(関東圏)での材料+施工販売を予定しております。
(販売時期が確定いたしましたら、正式に告知する予定です。)

新しいコンクリートであるため実物を目にする機会が少ないですが、カインズに足を運べば展示用のオワコンを確認することができます。

おそらく生コンクリートのホームセンター販売はオワコンが初めてなので、興味がある方はぜひカインズでご確認ください。

対応予定店舗

 群馬:前橋吉岡店資材館PRO、伊勢崎店
 埼玉:新座資材館PRO、鶴ヶ島店資材館PRO
 東京:町田多摩境店資材館PRO
 静岡:沼津店

※展示の確認は可能ですが、事前に展示されているか店舗へ直接ご確認ください。
※カインズホームでの取り扱いは「材料+施工」です。材料のみの購入はできません。

【お知らせ】

カインズホームでの公式リリースは2022年中を予定しています。
現在、店舗にお越しになっても受付はできませんので、下記フォームから当社へご注文ください。

注文フォームはこちら

【DIY】オワコンの材料だけ欲しい

下記マップよりお近くの製造業者を検索し、直接お問い合わせ下さい。

透水コン、オワコンに興味がある場合も上記マップから直接相談することができます。

直接交渉となるため、余計な仲介手数料などは発生しません。

それと、DIY未経験でもオワコンDIYにチャレンジしてみたという場合には、現場相談員の無料派遣も行っております。

プロから直接施工指導を受けながらDIYができるので、安心してチャレンジできます。

→現場相談員についてはこちら

【施主向け】見積もりやプランの診断を行います

お庭や駐車場などの家周りの工事で提示された見積もりやプラン、本当に適正価格でしょうか?

お手持ちの見積もりをプロがあとだしじゃんけんワークスで無料で診断します。

LINEでの受付(宮本の個人アカウント)も行っている。

少しでも見積もりが高いと感じた場合や適正価格が全く分からないという場合には、お気軽にご利用ください。