【東京都西東京市】シャコタン・ツライチ、車好きなら迷わずドライテックの駐車場にするべき!

更新日:2021年 11月 11日

【東京都西東京市】シャコタン・ツライチ、車好きなら迷わずドライテックの駐車場にするべき!


衣服や食品、本や動画など、買うモノや見るモノを選ぶ時に流行を意識する人が多いかと思います。

住宅外壁や庭などのエクステリアにも流行があるように、当然ながら車にも流行があります。

特にここ数年はSUV系の車が流行しており、トヨタではクラウンのセダンを廃止しSUVクラスをリリース、現在の主力であるヤリスもSUVタイプをリリースするなど、各自動車メーカーがSUVに力を入れています。

SUVであればちょっとした段差は気にすることなく乗り入れることができますが、ちょっと車高が通常よりも低い車だと話は変わります。

そう、180SX、13シルビア、180SX、14シルビアと乗り継いできた者からすると声を大にして言いたいことが。

「段差やスロープがきつい駐車場はやめておくれ」と。

今回は車好きな方向けにマストなドライテック駐車場をご紹介します。



シャコタン(車高短)、ツライチは車好きの美学

一般公道を走る車の場合、車高を下げることによって得られる機能性的なメリットはあまりありません。

よく「そんなに(車高)下げたらどこにもでかけられないじゃん」と言われますが、まさにその通りで、ちょっとした段差などがあれば駐車場に入ることを諦めなければならないことが多々あります。


何気なくある道路沿いのコンビニも段差がない行きつけのコンビニしか行くことができず、美味しいラーメン屋も駐車場に入れなければ諦めてしまいます。

もちろん、工事中で路面に段差があれば引き返し、ドン・キホーテは友達に連れて行ってもらうしかありません。

それでもシャコタンは美学でロマンです。

 

電動エアサスやハイドロサス、セカンドカーを持っている人は「車高調なんて使ってるからでしょ」と思うことでしょう。

 

 

 

そりゃそうですよ。でも!

エアサスは走りのサスじゃないし、走っているときは車高を上げるわけじゃないですか。

ハイドロは高すぎて無理です。

せっかく最高にイカしてる車を所有しているのにセカンドカーで走り回るなんて嫌ですよ。

 今は少なくなりましたが末広がりのデカイエアロを一周巻いて、地を這うように走るのが好きなんですよ。

 

※あくまで道路交通法に適合した車高の話です。

 

そう、車好きにとって問題となる段差やスロープは、庭コンおよび生コンポータルで毎度の如く取り上げる「水勾配」です。



水勾配のせいでバンパーを擦る

 

https://iplusi.exblog.jp/8232534/

出典:iplusi.exblog.jp

 

バンパーは車で最も先端部分に付いているパーツなので、水勾配が付けられたスロープに最も近く、擦ってしまう部分となります。

上記画像はお会いしたことのない設計事務所様のブログですが、NSXで想定する擦らない駐車場勾配について執筆されており、素晴らしいの一言です。

 

作図等を用いて検証したブログの末尾に

「勾配12%以下とするか、車種を想定して作図するかのどちらかによる」

とあります。

i+iさんにお伝えしたい。駐車場の水勾配にはドライテックをと!

水勾配を付けることは当り前と考えてしまうかもしれませんが、透水性コンクリート ドライテックを使えば勾配の無いシャコタンでも停められる駐車場を作ることができます。




「ドライテックはシャコタンの車好きにはマストだね」

 

東京都西東京市のお施主様は、ネットで駐車場に水勾配を付ける必要がないかを探しておられ、ドライテックに辿り着かれました。

 

透水性コンクリート ドライテックは、内部に無数の隙間があるため雨水は全てドライテック内部を透水します。

つまり、水勾配を付けなくとも水を内部から地面に排水させることができるため、真っ平な駐車場を作ることができます。

さらに、今回施工した50㎡ほどの広さであれば、4名で4時間で施工を完了させることができます。(DIYでも可)

 

 

シャコタンがスロープに入る際は、ハンドルを回しながら斜めに進入することで最大限擦ることを避けますが、駐車場などに横幅の余裕がなければできません。

もし横幅に余裕が無い駐車場であれば、スロープに合わせて車高を調整する必要があります。

しかし、透水性コンクリート ドライテックの駐車場であれば真っ平に施工をすることができるため、シャコタンのまま駐車することができます。

 

もし、水を透すコンクリートがピンとこない場合は、一度下記の動画をご覧ください。

まさに、コンクリートが水を透す瞬間をご覧いただけます。

 

 

今回は駐車場にドライテックを施工した事例をご紹介しましたが、お庭は犬走りなど様々な場所でドライテックは施工ができます。


カラーリングも変えることができるため、車に合わせたカラーの駐車場や自然色に合わせたお庭を作ることもできます。

ぜひ、水たまりのできないお庭、水勾配が必要ない駐車場、などを作りたい場合には透水性コンクリート ドライテックを一度ご検討ください。

 

⇒「選べる8色カラーサンプル完成!」トップコート・舗装

 

 

透水性コンクリート ドライテックの入手方法

 

今回紹介をした「透水性コンクリート'ドライテック'」を取扱っている庭コンでは、施工業者とお施主様を直接お繋ぎするサービスを提供しております。

厳しい審査を通過した施工業者が庭コンには登録しており、お施主様が直接お近くの施工業者を探し出してご相談頂けます。

 

  

こちらのサービスでは、中間マージンや紹介料、登録料、広告料をいただくことはないのでご安心ください。

機能的なお庭や外壁、内装を、適正価格でご提供しています。 

施工業者から直接透水性コンクリート'ドライテック'を購入することもできますので、DIYに興味がある方も一度お近くの施工業者にご相談下さい。

⇒ドライテックに興味がある方はコチラ