物置でも活躍するドライテック 透水性コンクリート

更新日:2021年 11月 2日

物置でも活躍するドライテック 透水性コンクリート

家周りの狭い犬走りなどで活躍する透水性コンクリート ドライテックですが、他にも様々な場面で活用することができます。

例えば、ちょっとした荷物や道具をしまっておくための物置やガレージ、ただ地面の上に設置をしてしまうと草が生えてきたり、夏には草で囲まれてしまうなんてことも。


物置の設置地面や周囲にドライテックを敷設することで、雑草対策となり水はけを改善することもできます。

今回は、ドライテックの施工事例の1つとして、物置にドライテックを施工した事例をご紹介します。



物置で活躍のカクイチで採用されたドライテック

今回の記事のトップにある写真、カクイチで施工された物置の土間コン(ドライテック)です。

物置と言えば設置をすればあとは物をしまっていくだけという使い方が一般的かもしれません。

しかし、そのまま地面の上に物置を設置をしたり、周りが地面だと、雑草が生えてきたり雨が降るたびにぬかるんでしまうことがあります。

せっかく物置を設置しても雑草が生え放題になってしまうと、草むしり、虫の発生、物置が使いにくくなってしまう問題が発生します。

さらに、周りが地面だと雨が降るたびに水たまりができてしまい、泥で汚れた足で物置き内に入って汚してしまうこともあります。(ガレージなど)

そこで、物置き設置箇所や物置き周りを土間コンクリートで施工してしまう対処法があります。

ただ、通常の土間コンクリートを施工する場合、水を排出するための水勾配が必要となるため、真っ平らに施工をすることができません。

ちょっと傾いた物置きとなってしまうことも。

そんな雑草、水たまり、傾き、全ての問題を解決できるコンクリートが、透水性コンクリート ドライテックです。

ドライテックは透水性が非常に高いコンクリートで、雨水は表面を伝うこと無く内部を透水して地面に流れていきます。

そのため、水勾配を付ける必要がなく、真っ平に施工をすることができます。

地面をドライテックで覆うので、雑草が生えてくる心配もありません。

もちろん、広い面積での施工だけではなく、ちょっとした箇所の施工を行い利便性を上げることもできます。

39DE278D-207D-4006-9B68-FF0139950DBF.png


こちら、イギリス帰りのガーデンドクター柴ちゃんによって見い出されたドライテックの有効活用事例です。

犬走りに設置された物置きですが、かつては砂利が敷き並べられているだけでした。

段差もあり足場も悪く、なんとなく物置きに足を運ぶには不便。

その犬走りをドライテックで施工したのです。

ご覧のとおり、物置きまで真っ平な犬走りが完成し、いつでも物置きに物をしまい、取り出すことができます。



様々な市場で広がり続けるドライテック

C259CC1F-AFF8-45C0-9BA4-D9C24F2DF2FF.jpeg

庭や駐車場での施工が多いドライテックですが、今回紹介したようにニッチな市場でも広がりを見せています。

これまでは、ちょっとした悩みでもあった

・草ボーボーでもいいや。

・物置斜めでもいいや。

・水浸しでもいいや。

がドライテックによって解決されたのが今回の事例達です。

柴ちゃんカクイチに見出され、ドライテックは様々な活用事例で広がり続けています。

プロ(施工業者)の世界でもニッチな世界へも広がり続けるドライテックですが、DIYの世界でも広がりを見せており以外にも皆様のお近くでも広がり続けています。

よければドライテックのDIY方法を動画で解説しているので、参考にしてみてください。

透水性コンクリート ドライテックは、単に透水性が高い性能面で優れるコンクリートなだけではなく、ちょっとした悩みや問題を解決することができるコンクリートです。

ぜひ、
「土のままだと草が生える。草が生えたら草取りしないといけない」
「水勾配のためだから物置が多少斜めになっても仕方ないのかな」
「水浸しでも仕方ないかな」など、
ちょっとした悩みがある場合には、下記の施工業者マップからお近くのプロにご相談ください。

 

 

透水性コンクリート'ドライテック'のご相談はお近くの施工業者へ

今回紹介をした「透水性コンクリート'ドライテック'」を取扱っている庭コンでは、施工業者とお施主様を直接お繋ぎするサービスを提供しております。

厳しい審査を通過した施工業者が庭コンには登録しており、お施主様が直接お近くの施工業者を探し出してご相談頂けます。

こちらのサービスでは、中間マージンや紹介料、登録料、広告料をいただくことはないのでご安心ください。

機能的なお庭や外壁、内装を、適正価格でご提供しております。

施工業者から直接透水性コンクリート'ドライテック'を購入することもできますので、DIYに興味がある方も一度お近くの施工業者にご相談下さい。



⇒ドライテックに興味がある方はコチラ