長岡生コンクリート

2022/01/10

【募集】「全国一律5,000円/m2で請け負う《実験用》駐車場タイプの造粒ポーラスコンクリート《オワコン》施工」

【募集】「全国一律5,000円/m2で請け負う《実験用》駐車場タイプの造粒ポーラスコンクリート《オワコン》施工」

雑草・ぬかるみ・排水対策コンクリ「オワコン」(防草材)として絶賛売り出し中の傍流で造粒ポーラスコンクリートの潜在性を明らかにする研究や実験は進む。駐車場、果ては、道路舗装に適応可能な未来は訪れるのか。暴露実験にご協力いただける方を募集しています。



基本は防草材、駐車場適応へ暴露実験

⚫︎参考記事: 《急募》「造粒ポーラスコンクリート【オワコン】で駐車場の舗装実験」

767F2051-B1D7-45FD-A964-0D4F5473AEB3.jpeg



駐車場暴露実験用造粒ポーラスコンクリート暫定単価全国一律5,000円/m2(税別)


<確認事項>
※駐車場の暴露実験用としての納品になるため、土間コン、ドライテックに求められる性能を保証するものではありません
5,000円/m2は造粒ポーラスコンクリート表層100mm厚で、事前工(掘削・残土処分・路盤工・片枠工)は含まれておりません。応相談
※現地盤上にそのまま100mm厚で材料(オワコン)を施工いたします
※本来、車の乗り入れが想定される場所には適応しておりません(想定は歩行、自転車程度のみ)
※本来、保証される機能は従来製品(防草シートなど)に比べた耐久性(コンクリート)であり、雑草が生えないということを保証してはおりません(建物や縁石などとの境目や隙間からの雑草はその他製品同様に想定される)
※本来、当製品は「防草材」であり、「舗装材」ではないため、舗装材に要求される各種性能は対象外となります
※年間平均気温が0度を下回らない地域のみの対応となります。
※施工当日の気温が氷点下となる場合は施工ができません。
※施工当日が雨天の場合は施工ができません。
※納入車両が通る道幅は3m、高さは3.5m必要となります。満たさない場合は施工ができません。
※地下水流等により水が湧出している箇所は施工ができません。
※屋上・ベランダ等は対応外となります。
※商品特性上、ひび割れることがあります。
※天然材料の色や原料の成分により色の濃淡が発生します。
※施工準備のため敷地の一部及び水道・電気を貸与いただく場合があります。
※凍害・車両の乗り入れ等不可抗力で発生した変形(割れなど)については免責となります。
※クラック(ひび割れ)は免責となります。
※骨材飛散(剥離)は生じます
※小運搬一輪車(幅70cm・高さ2m)の経路が30mを超えたり不可能な場合は施工ができません。
※ロット違いにより色ムラや色違いが発生する場合がありますが品質に問題はありません。
※人力施工であるため施工精度による不陸(凹凸)、ジョイント(境目)については発生します


単価5,000円/m2が高いか安いのかはわからない。

ただ、あらゆる条件を飲み込んで、全国一律で提示する以上、こちらの予算を設定した。

およそ土間コンクリートの相場としては安くて5,500円/m2あたりから、7,500円/m2程度で流通している。

裏付けとなる生コンクリートの単価は15,000〜25,000円/m3だ。

一方のオワコン(造粒ポーラスコンクリート)の材料単価は30,000円〜と2倍程度となっている。

また、施工については現地の施工店ではなく、あくまで実験用であるため変数を排除するべく固定の施工班(静岡県)を派遣する。

その為、関東や東海ならまだしも、関西、東北、中四国や九州、北海道といった地域で施工する場合交通費や宿泊費なども嵩む。

ただ、もちろん、静岡県のように温暖な気候での曝露実験では意味をなさないため、沖縄や北海道などでの施工を経験したい。

諸々を勘案した上で、「大赤字にならない程度」の単価設定として、5,000円/m2を設定した。



実験でチェックしたいこと

ご協力いただける一般のお施主様には特段していただくことはない。

ただただ普通に駐車場として日々の暮らしで利用いただくのみ。

当方としては定期観察として経年変化を確認する。

・ひび割れ

・わだち掘れ(コンクリートだからまずないとは思うが)

・タイヤマーク

・剥がれや欠け、骨材飛散の程度

・その他舗装に求められる各種性能

暴露実験に並行して配合改善は進む。

現在の造粒ポーラスコンクリートは1stパッケージだが、暴露実験や室内試験の結果を反映させて2ndパッケージ、3rdパッケージへと進化していく予定だ。

つまり、時が経てば造粒ポーラスコンクリートは進化していくことになる。

今はまだ断言できないが、やがては駐車場でも通常使用できる性能が確認されるかもしれないし、高速道路や国道などの高規格道路における舗装に求められる要件も備えることだってあるかもしれない。

ブランド名「オワコン」はあくまで雑草・ぬかるみ・水たまりの解消のみを期待性能としてリリースされている防草材であり、このスタンスは永遠に変わらない。

⚫︎参考記事: 雑草・ぬかるみ・水たまり解消「オワコン一式 《88,800円》 今なら全国一律で請け負います!!」生コンポータル

こちらについては、現在全国一律で一式88,800円で請け負っている。

これら実績も、本実験のフィードバックとして有用だろう。



造粒ポーラスコンクリートの潜在性は大きい。

専門的な話になってしまうが、配合自由度が大きいことが特徴だ。

ポーラスコンクリート(ドライテック他)と異なり、砂やパウダー(結合材)をふんだんに配合できる。

そのため、スラグやフライアッシュなどの産業副産物だけでなく、CCUSも含む先端的混和材の実装が進みやすい。

また、こちらはポーラスコンクリート舗装同様だが、JISの規定が及ばない。

そのため、通常品では採用しにくかった再生骨材(例えば残コン由来)の適応になんら障害もない。

当面は小ロット小口がメインとなるだろうから、いわゆる産業の都合独占禁止法適応除外(カルテル、協販など)も及びにくい。

自由に実装されることで、その潜在性も比較的早く明らかにされていくことだろう。

そんな潜在性を確認するための本プロジェクト。

本来であれば、「駐車場としてご利用いただいてもなんら問題ありません」と断言したいところだが、すみません。

「初めてあんなにグロテスクなウニを食べたチャレンジャーがいなければ現代の僕たちはウニの芳醇でまろやかな味わいに舌鼓を打つことができなかった」とご理解いただければ幸甚である。

言い訳に近いが汗、将来のインフラをより素晴らしいものにするために。

お宅の駐車場を実験台としてご提供ください。

お安く(5,000円/m2)しておきます故。

どうか、ご理解ください。

「砂利敷きよりは全然マシ」程度のお心算でいただけましたらと存じます。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら