長岡生コンクリート
ポータルサイト生コンでは随時生コンに関連する情報を生コンブログに載せて発信いたします。
その他、運営会社長岡生コンクリートからのお知らせなど、生コンブログをよろしくお願いします!

2021/09/04

「もちろんドライテックに限らず単に《土間コン》の見積もり診断だって受け付けてます!」あとだしじゃんけんワークス

「もちろんドライテックに限らず単に《土間コン》の見積もり診断だって受け付けてます!」あとだしじゃんけんワークス

あとだしじゃんけんワークスは何も後出しでドライテックの見積もりを提示して受注を狙うためだけのサービスではない。一般に流通している主に土間コンやドライテック、防草シートに砂利敷きに関する見積もりをプロの視点で眺め、適正・不適正を回答するサービス。ドライテックに限らず、PP繊維散布工法、オワコン、各種先端テックで概算見積もり提示中。



ドライテックだけじゃない?

0B43883C-74E6-4F53-9B5B-E5A27F947D5A.jpeg

80BD3CA6-40EB-4ADC-A3A9-1CD80B0B92E8.jpeg

5FAF274A-AECD-4A39-890A-DCA2379C7416.jpeg

48162688-D67E-4218-B777-1AC8F4BAC382.png

外構の価格、プランが適正か診断してほしい



土間コン周辺(掘削、残土、路盤、型枠、目地、生コン、防草シート、砕石敷き)にフォーカスして無料診断&概算見積回答

生コンポータルの展開する「あとだしじゃんけんワークス」は何もドライテックの見積もり額に関して診断するだけの立場ではない。

提示された見積書全体を俯瞰して眺め、特に土間コン周辺(掘削、残土、路盤、型枠、目地、生コン、防草シート、砕石敷き)にフォーカスして診断して回答する。

例えば、掘削残土、あるいは砕石敷き+防草シート

5C73836B-BA72-4FC5-8BFD-BF1926ACD3D1.png

例えばだが、防草・透水コンクリ「オワコン」で見積もるとする。

⚫︎参考記事: 【静岡】「ドライテックの姉妹プロダクト《オワコン》っていくらでどうやって買えるの?」

例えば土間コンやドライテックだと100mmの施工厚を必要とする。

つまり、路盤工と合わせて200mmの掘削が必要になる。

一方、オワコンの目的は防草、あるいは水はけ。

場合によっては例えば200mmの掘削が30mmで済んでしまう場合だってある。

それだけ、残土発生量も減るし、作業そのものも楽になる。

つまり、安くなるはず。

このような診断あるいは概算見積もりが消費者に届く。


例えば、土間コンクリート、あるいは配筋(ワイヤーメッシュ)

AFCCB48E-E26D-4569-B492-0F3E0F6125EB.jpeg

⚫︎参考記事: 「へ?うちの土間コンワイヤーメッシュなの?ちょっと困る」all round

今や事前工としての配筋(ワイヤーメッシュ敷設と結束)が必要なくなっている。

配筋がなくなっているということはつまり施工中も作業性が改善されている。

つまり、楽だし時短されている。

それはそのまま費用にも影響を及ぼす。


そしてもちろん、ドライテック

提示されている土間コンの費用に、「仮にドライテックだったら〜〜円/m2(概算)ですよ」と返信する。

もちろん、土間コンを選んでもらったって構わない。

参考値として水はけ・勾配の問題が生じないドライテックの平方メートル単価が示される。

あくまで、参考として検討して貰えばそれで良い。

僕たち生コンポータルは何もドライテックを売りたいわけじゃない。

生コンが埋もれずきちんと評価され生コン工場の活躍できるフィールドが広がればそれが目的だ。


「提示された概算見積もり・診断に興味がある、じっくり話を伺いたい」

施主がそうなったら、庭コン登録施工業者が正式に現場に伺い改めて新しい条件で現場調査の上、正式な見積もりが提示される。

もう、そこには、不信感はない。

「この人(会社)なら大丈夫」

そんな安心感を前提にその後の交渉が進むからとにかく「早い」のなんのって。

で、もともと不信感を抱いていた見積書よりも「安く」なってるんだから。

相見積もりじゃない、「後出し」するから安い、早い、安心

これが、「あとだしじゃんけんワークス」の真骨頂だ。



「もちろんドライテックに限らず単に《土間コン》の見積もり診断だって受け付けてます!」あとだしじゃんけんワークス

このサービスは全国3,000者(社)以上にも及ぶ生コン製造・施工業者に支えられ運営されている。

ドライテックの歴史16年を支えてきてくれた生コン現場ラストワンマイルのシームレスなネットワークだ。

僕たちがやりたいこと。

それは、ドライテックを売りたいとか、オワコンを売りたいとか、そんなんじゃない。

自分たちの活躍(ものづくり)のフィールドを自分たち自身の力で押し広げたい。

どこかのハウスメーカーや有料のマッチングサイトに搾取されながらセコセコと満足のいかないものづくりをしたくない。

だから、自分たちで自分たちの価値を発信している。

情報格差を前提として建設産業ヒエラルキー(縦割り・多重構造)の底辺に甘んじ諦めるのではない。

インターネットと企業間連携を通して、一般消費者に自らの価値を直接伝えたい。

ただ、それだけ。

だから、やってます。

あとだしじゃんけんワークス。

絶対に負けません。

でも、無理して勝ちに行くこともいたしません。

一般消費者に真摯なものづくりを届けることにより世界の景色をもっと美しくしたい。

本気でそう思ってる。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら