長岡生コンクリート
コンクリートの生みの親だからこその安心コンクリート診断
お名前
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容
  • HOME
  • コンクリート診断

全国のコンクリート診断士が 「悩み・疑問」 を解決します。

コンクリート診断士が悩みを解決します。

身近な診断士によるコンクリート構造物の調査・診断(土木・建築)。コア強度試験、劣化調査、鉄筋腐食、破壊・非破壊検査、環境調査、補修・補強など保全計画の立案その他。

これまでの調査・診断の常識

  • ちょっとしたひび割れ(各種変状)。相談する相手がいない
  • 「そこまで必要ないのに」頼んでもない高度な見積もり。高額な費用
  • コンクリートのあれこれを一から調べる時間がない
  • 見積もりが高いのか安いのかわからない
  • 顔も知らない身近ではない技術者。不安がいっぱい
  • その他わからないことだらけ

新しい調査・診断の常識

  • 身近な生コン屋さんが簡単診断(コンクリート診断士ネットワーク)
  • 「ちょっとした診断」から。要望レベルに合わせて親切に対応
  • 専門家集団(ネットワーク)がいつでも親身にサポート。
    電話やmailで簡単解決。もちろん、派遣もしています
  • 見積もりだけなら無料。比べてみよう
  • 全国の生コンネットワーク。身近な「生コン屋さん」
    はじめての取引でも掛けで買えます!ポイントもつく
  • いつでも「生コンポータル」がサポートします

建築診断について

土木診断について

診断事業価格表

適用単位数量単価備考
配筋調査 電磁波レーダー法 箇所 1.0 28,300 測定範囲:1000×1000㎜程度
電磁誘導法 箇所 1.0 28,300 測定範囲:600×600㎜程度
電磁波レーダー法、電磁誘導法 箇所 1.0 34,800 測定範囲:1000×100㎜程度
X線透過法 箇所迄 10.0 260,000
コア採取 標準コア 箇所 1.0 20,100 JIS A 1107:2002(φ75~100㎜程度)
小径コア 箇所 1.0 15,000 ソフトコアリング(φ25㎜程度)
鉄筋腐食調査 はつり法 箇所 1.0 36,600 はつり範囲:200×200㎜、中性化・鉄筋径・かぶり・腐食状況確認
箇所 1.0 23,600 はつり範囲:φ100~125㎜程度、コアボーリングによる
自然電位法 箇所 1.0 38,900 測定範囲:1000×1000㎜程度、はつり作業(アース用)含む
ひび割れ深さ計測 超音波法 箇所迄 10.0 291,400 3点/箇所
部材厚さ計測 超音波法 箇所迄 10.0 258,900
圧縮強度試験 反発硬度法 箇所 1.0 5,900 JIS A 1155:2003、表面処理別途
中性化深さ試験 ドリル法 箇所 1.0 9,100 NDIS3419、3点/箇所
補修 標準コア孔 箇所 1.0 4,300 φ75~100㎜程度
小径コア孔 箇所 1.0 2,000 φ25㎜程度
はつり箇所< 箇所 1.0 10,600 はつり範囲:200×300㎜程度
箇所 1.0 4,100 φ100~125㎜程度
現地調査 交通費実費 1 50,000
報告書作成 1 100,000

消費者の疑問

消費者のコンクリートに関する疑問ウチの建物、古いけど問題ないのかしら?
夢のマイホーム!でもこのコンクリート大丈夫?
賃貸経営しているけど、どのくらいこの建物はもつ?

誰に相談したらいいの?

現場監督の悩み

現場の悩み施工上問題ない現象だけど、お施主さんが心配してる。
発注者から調査報告書の提出を依頼されたけど・・・
検査で工期が伸びて予算をオーバーしそう。まいったな。

近くにコンクリート診断士がいない。
とんでもない高額な診断費用見積もりが出てきた。

その疑問・悩みを解決する弁護士よりも希少な「コンクリート診断士」

2016年現在、コンクリート診断士は11677名です。対して、弁護士は36415名。

コンクリート診断士試験は、2001年より実施されており、社会資本として90億m³余りストックされていると言われるコンクリート構造物について永く供用するために必要な劣化診断・維持管理能力のある技術者を養成し社会に貢献する事を目的として始められた。名前が示すとおりコンクリート構造物を診断するための高度な知識・技術力が要求される(Wikipedia より)

高度な知識・技術力が要求されるコンクリート専門の診断職であり、同時に生コン関連企業は「コンクリート技士、コンクリート主任技士」も同時保有していることため、より深い知識・技術力を保有しています。

コンクリート診断士は実務経験が最長10年なければ取得できない資格であり、国交省が定めた「公共工事に関する調査及び設計等の品質確保に関する技術者資格登録規程(平成26年国土交通省告示第1107号)」に該当します。

全国のコンクリート診断士とつながる!

当サイトでは元気な生コンネットワーク(以下GNN)に所属する工場、関連企業に所属するコンクリート診断のプロ、コンクリート診断士を全国に手配可能です。

全国対応いたします

コンクリート診断士が解決した事例1

一般消費者:

既存コンクリートの安全性、耐久性を確認することで中古住宅購入の目安となった新築住宅の建設工事において、基礎にひび割れが入っていることを発見した。そのひび割れが有害であることを確認し、適切な処置を施した。

マンションを所持しているが、適切な管理費と家賃算定のために建物の耐久性を確認した。改修を必要最低限に抑え、余計な費用をかけずに済んだ。

コンクリート診断士が解決した事例2

現場監督:

施工したコンクリート構造物にクラックが入った。そのクラックすべてを是正するためには非常に高額な費用がかかり、工期も大きく延ばさなければならない。コンクリート診断士の報告書をもって発注者と協議し、必要最低限のクラック補修工事をしたため当初想定された費用の1/10で済んだ。

住宅基礎を打設したが、一部小さなクラックが入ってしまった。機能に影響はないが、施主から建て直しを希望されている。非常に大きな支出となりかねないが、コンクリート診断士の報告書を提出することで建て直しを回避した。

コンクリート診断を依頼したいが、紹介された診断業者の出した見積もりは遠方ということもあって非常に高額だった。さらに診断実施日が希望日よりも遅く、お手上げ状態だった。しかし全国のコンクリート診断士から一律の見積もりが出たので難を逃れることができた。

コンクリート構造物の調査・診断

建築診断

1.建築物調査

既存建築物の状況を把握するために建築物の現地調査を行います。 現地調査では、コンクリートコアを採取し、各種強度試験、中性化深さの測定、塩化物イオン含有量試験等を実施します。また、はつり調査では、コンクリートの一部をはつり取り、鉄筋の種類及び径、かぶり厚さ、鉄筋腐食度、中性化深さの測定を行います。

2.非破壊検査

コンクリート構造物の内部状況を非破壊検査機を用いて調査します。 電磁誘導法では、磁性体である鉄筋の平面位置、深さ位置(かぶり厚さ)、電磁波レーダ法では、鉄筋、埋設管及び内部空洞の平面位置、深さ位置を測定します。 X線透過撮影では、コンクリート内部の鉄筋位置、鉄筋径、埋設管及びケーブル類の有無を特定します。

3.建設物目視調査・定期報告調査(建設物・設備)

目視調査によって、コンクリート表面に発生するひび割れ、はく離、鉄筋露出などの発生位置や規模等の損傷状況を把握し、劣化損傷図及び劣化数量表を作成します。また、浮き・はく離・空洞の有無については、打音法や赤外線法で調査します。特定行政庁が指定する建築物及び建築設備について、有資格者である専門の技術者が調査・検査を実施します。

4.赤外線調査(サーモグラフィ法)

外壁の赤外線調査では、浮き・はく離部と健全部との熱伝導特性の違いに着目し、気温の変化や直射熱を利用して、浮き・はく離と健全部の表面温度の違いを赤外線サーモグラフィで撮影した熱画像から検出し、浮き・はく離部を抽出します。

5.免震装置の点検・検査

免震建物の免震装置(積層ゴム、すべり支承、ダンパー等)の初期点検、定期点検、臨時点検を行います。点検は、社団法人日本免震構造協会編「免震建物の維持管理基準-2007-」を準拠し、有資格者である「免震建物点検技術者」が実施します。

土木診断

社会資本としてコンクリートは、すでに100億m3程度と膨大な量がストックされています。これらのコンクリートは年月を経ると、いろいろな要因で劣化がはじまりますが、適切な処置を講ずることにより構造物としての寿命を延ばすことが可能です。土木診断グループでは、橋梁、農水施設、河川構造物、港湾構造物、上下水道施設といった土木構造物の劣化診断を、専門技術者が調査から試験までの一貫管理を通してお手伝いいたします。

1.橋梁点検車両による近接目視調査

橋梁点検車両等を用いた近接目視により、コンクリートの表面、舗装面に顕在化した損傷・劣化を調査します。

2.ひび割れ計測システム(KUMONOS)による遠望目視調査

ひび割れ幅が測定できる世界初のクラックスケール内蔵光波測量器です。KUMONOSでは器械を設置する場所さえあればひび割れ形状・幅を測定して記録することができます。記録後は専用ソフトを使って損傷図(CAD)が自動作製できます。本機は、「ひび割れ計測システム」として、NETISに登録されています(NETIS登録番号:KK-080019-A )。

3.農業水利施設のストックマネージメント、機能診断

平成19年度から本格的な取り組みが始まった「農業水利施設のストックマネジメント事業」のうち、農業水路などの土木施設における機能診断現地調査を、これまで培った調査診断技術、材料試験技術を基にお手伝い致します。また、当社は全国各地の調査会社、調査機器メーカーなどと連携した「コンクリート調査診断技術研究会」の中で機能診断技術の向上を図っており、様々な場面における調査に対応が可能です。

4.ひび割れ自動抽出システム(Kuraves)によるひび割れ調査

本システムは、Kuraves(画像解析ソフト)で加工した可視画像より、ひび割れを自動抽出するシステムです。ひび割れ抽出は、ひび割れの長さ、幅を自動的にベクトルデータとして出力します。抽出したひび割れは、ひび割れ幅毎のレイヤーの構成、ひび割れ展開図の作成、図面のdxf形式での出力、ひび割れ長さの集計等が可能です。

5.防火水槽機能診断

日本は、有数の地震国です。阪神大震災でも確認された通り、地震時、防火水槽は必要不可欠な消防水利施設であり、防火水槽を適切に維持管理していくことで、大切な人命、財産を守ることができます。 特に、竣工年の古い防火水槽については、現状を把握することが必要不可欠です。適切な調査を実施し、竣工から現在までの耐力低下度、現在の劣化グレードなどを把握することで、予防保全の時期の推測、ライフサイクルコストの予測が可能となります。

6.コンクリート構造物現地調査(コア採取、はつり調査)

コンクリート構造物の各種試験に供するサンプルとしてコンクリートコアを採取します。また、鉄筋径・種類、腐食グレード、かぶり実測が必要な場合は、はつりにより鉄筋を露出させ、実測調査を行います。いずれの調査箇所も設計基準強度以上の強度発現があるポリマーセメントモルタルで復旧します。

7.ソフトコアリングシステム

「ソフトコアリング」とは、簡便で精度の良いコンクリート構造物の調査技術です。コンクリート構造物から採取した直径φ25mmの小径コアを用いて、構造体コンクリートの圧縮強度、中性化深さ、塩化物イオン量が測定でき、PC桁に有効です。従来の直径φ100mmコアと同等な精度で測定することが可能な技術として、(財)日本建築センター・(財)土木研究センターの建設技術審査証明を取得しています。

8.反発度法による強度推定

コンクリートの表面をリバウンドハンマーによって打撃し、その反発度から構造物のコンクリート強度を推定する方法です。

9.中性化深さ測定(ドリル法)

コンクリートの中性化深さを簡易的に測定する方法です。電動ドリルを用いてコンクリート表面を削孔し、削孔粉をフェノールフタレイン溶液をしみ込ませた試験紙に落とし、試験紙が削孔粉に触れて紅色に変色するまでの削孔深さから中性化深さを測定します。

10.非破壊試験(電磁波レーダ法、電磁誘導法)

国土交通省が定めた「非破壊試験によるコンクリート構造物中の配筋状態及びかぶり測定要領」に準拠し、コンクリート構造物内部の鉄筋探査を行います。

このサービスに関するご相談・お問い合わせ

お名前必須
会社名
メールアドレス必須
電話番号
お問い合わせ内容

関連記事

  • 「とりあえず生コン工場に相談だ|既存住宅状況調査」

    「とりあえず生コン工場に相談だ|既存住宅状況調査」

    http://www.nr-mix.co.jp/diagnosis/blog/post_39.html宅建業法改正(住宅インスペクション制度の制定)に伴い不動産取引・売買(リフォーム、中古住宅)にホ...

    詳しく見る

  • 「とりあえず生コン工場に相談だ|既存住宅状況調査」

    「とりあえず生コン工場に相談だ|既存住宅状況調査」

    http://www.nr-mix.co.jp/diagnosis/blog/post_39.html宅建業法改正(住宅インスペクション制度の制定)に伴い不動産取引・売買(リフォーム、中古住宅)にホー...

    詳しく見る

  • 「既存住宅状況調査|生コン屋さんとコンクリート診断」

    「既存住宅状況調査|生コン屋さんとコンクリート診断」

    既存住宅状況調査とは新たな日本の住宅循環システムを構築するため、協会が定める受講をした建築士など登録インスペクター技術者による建物状況調査(インスペクション)をもってリフォームなど安心な市場環境を推進...

    詳しく見る

  • 「いや、図面が見当たらないんです|コンクリート診断」

    「いや、図面が見当たらないんです|コンクリート診断」

    古くなった物件をリノベーション。解体新築に比べてお金も時間もかからない。けど、「あれ?図面がない?!」そんな時にも安心。コンクリート診断士の出番です。 図面がない?! そろそろ改修工事かな。 そんな相...

    詳しく見る

  • 「身近なコンクリート診断・調査|生コン屋さんとコンクリート診断」

    「身近なコンクリート診断・調査|生コン屋さんとコンクリート診断」

    身近な診断士によるコンクリート構造物の調査・診断(土木・建築)。コア強度試験、劣化調査、鉄筋腐食、破壊・非破壊検査、環境調査、補修・補強など保全計画の立案その他。   これまでの調査・診断の常識 ちょ...

    詳しく見る

取扱い商材・商品

  • 生コン購入(全国
  • 水勾配のない土間コン『ドライテック』
  • 打ち放し色合わせ
  • 生コンのゴミを資材に
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
このページのトップへ