長岡生コンクリート
創発により紡ぎ出される
コンクリートソリューション

2024/02/08

「コンクリートポンプ業界を覆すイノベーション 先行材のご提案」

「コンクリートポンプ業界を覆すイノベーション 先行材のご提案」

これからの建設現場コンクリート打設で先送りモルタルを使用するのは「ダサい」です。コンクリートポンプ業界を覆すイノベーション 先行材のご提案 by PUMP MAN・小澤辰矢。先行剤の提案書.pdf

 

コンクリートポンプの常識を覆す!

 残コン女の子

本日は「残コン」とも縁の深い先送りモルタル(先行モルタル)を脱却することで資源循環や脱炭素を志向する先行材についてのご紹介でっす。
数ある先行材の中でも小澤辰矢さんが開発したエコスルシリーズは飛び抜けたパフォーマンスが実証されてるんですー。。

 

先送りモルタルとは?


先送りモルタルは、コンクリートの打設に際してコンクリートの圧送開始に先立ち、コンクリートの流動性確保のため、輸送管内壁の潤滑膜を形成し、また吸入・吐出弁内部のシールをするためのものです。 そのため圧送の初期に輸送管より排出されるモルタルは、極めて低強度のものとなりますので、先送りモルタルは、圧送後は廃棄処分します。


IMG_0506.jpeg

 

およそ中規模以上の生コン打設には必ずと言っていいほど用いられる「先送りモルタル」はたった1日で2,500m3も生産されており、それは型枠の中への打設が許されていないため全て、「残コン」となっている。仮に、年間300日稼働で計算すれば750,000m3/年の「残コン」発生源とすることができる。

知ってる?「先行材」

IMG_0507.jpeg

こちらは全国コンクリート圧送事業団体連合が集計を行った先行材意識調査では何と8割の事業者がすでに先行材を利用した経験があると回答。 何気に、結構浸透していてそこそこの市場であることが伺われる結果。

 

絶対に詰まらない!

IMG_0508.jpeg

芸人が聞いたらハッとしそうなパワーワードだが、そんな先行材の1であり盟友・PUMP MANの小澤辰矢さんが開発した「エコスル」シリーズはそんなコンクリートポンプ業界の常識を気持ちよく覆す製品。

先送りモルタルを使用しない=脱炭素

IMG_0509.jpeg

先送りモルタルにはもちろんセメントが含まれており、スライドにもあるように先送りモルタルの使用はCO2の排出を意味する。さらに、生コン車での往復により排ガスからもたらされるCO2を鑑みれば、先送りモルタルを使わないことによりCO2の削減に貢献できる。

 

次は生コンポータルで開催?! JIS規格化へ!

IMG_0505.jpeg

なお、錚々たる面々によりそんな先行材はJIS規格化に向けて活発に活動が行われている。 前回は関西で開催された先行材運動会次回は生コンポータルでの開催が囁かれている。

関連記事:【徹底比較】「どれが1番? 先送りモルタルの代替品【スリックパワー】【モレステ】【ルブリ】【エコスル】が一堂に集まって運動会が開催されました」

 

小澤辰矢がリードする先行材の紹介は以上だぜっ。 コンクリート・建設産業が辰矢の言う通りにしっかりと仕事すれば地球規模の問題はあっという間に解決だっ。

 残コン姐さん

使おう先行材で労働災害撲滅も!

IMG_0510.jpeg

なお、0.5m3に及ぶ膨大な量は型枠に打設できず写真のように生コン車に戻す過程において発生する労働災害も問題視されている。資源循環、脱炭素のみならず、働き方改革にまで先行材の活躍領域は広がる。

残コンさん、残コン姐さん。 今日は「残コンソリューション」と言う意味でも重要な先行材についてのご紹介ご苦労様っ。
「コンクリートをもっと身近に」
毎日2500m3もの残コンの発生源になっているなんてドッキリだよねっ。 小澤さん、そんな分野でも救世主になるんだねっ。 同じ時代に同じコンクリートを志す同志としても引き続き大いに刺激をいただいて宮本さんも頑張るぞっ。
オワッコーン‼︎

 宮本

 残コン女の子

ぉ、おわ??。。 先行材を用いることは、圧送業のみならず、生コン製造や建設現場にとってもWINがもたらされまっす。
残コン‼︎ オワッコーン‼︎

 残コン姐さん

作者・宮本充也

宮本 充也

主な著者
宮本充也

危険物取扱責任者(乙4)/1級(舗装・造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

毒物劇物取扱責任者/日本農業検定(1級)/エクステリアプランナー(2級)/運転免許証(大型・中型)

勉強中の資格:採石業務管理者/2級FP技能士