長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2021/01/14

【静岡】「10年経てばドライテックも土間コン同様汚れるんでしょ?」

【静岡】「10年経てばドライテックも土間コン同様汚れるんでしょ?」

庭づくりは一生ものだ。最初は綺麗でも、5年経てば見る影もありませんでした、は「家」「庭」作りあるある。さあ、16年目のドライテックは10年経過の実績目白押し。よくある質問。「10年経てばドライテックも土間コン同様汚れるんでしょ?」にショートムービーで応える!



気になる10年経過後!《土間コン》 vs 《透水性コンクリート》

https://youtu.be/cY_SDQmxrM0


https://youtu.be/quX5p3SsA-E


https://youtu.be/tZfrZS-gLjU



ドライテックは汚れる?汚れない?

10年経過した土間コンとドライテック。

どっちが綺麗か、汚いか。

ここで述べるまでもなく、動画をご覧いただければ一目瞭然。

このところ、短編・縦動画のリリースにハマっている。

⚫︎参考記事: 「2021年からは長短組み合わせた動画発信だ!」(週刊生コン 2021/01/11)

これまでのノルマ、ブログ毎日3本5年間(10年まで)に続き、新しい変態ルーティーン、毎日短編動画1本撮影

また、背負ってしまった。

「やれるか、やれないか、ではないのだ。やるのだ」

と言う状況に自らを追い込むと、とりあえず撮らねば、と言うことになる。

ただでさえ1日7時間もルーティーン(仕事以外にやること)がある境遇に自分を追い込んでいる。

そこに、「毎日1本短編動画」。

「でも、短いじゃん?」とはならない。

確かに、撮影時間は1分足らず。

だが、ドライテックのあるその場所に車に乗って向かわねばならぬのだ。

そこそこ時間がかかるのだ。

しかも、思い当たる現場があればまだ良い。

16年の歴史ある数え切れないほどの施工場所、そう都合よく思い出せるわけでもない。

ああ、またしても背負ってしまった。

閑話休題。

でもって、市内の施工箇所に撮影にしに行った所、はたと気づいた。

「あれ?(同じ時期に施工された)土間コンは随分と汚れているに比べてドライテックは綺麗だなあ」



土間コン汚れの秘密は路面滞(流)水にあった!

まず、大前提として押さえておきたいこと。

「汚れは、水と共にやってくる」

と言うこと。


B8D818E4-D030-4281-8746-6E6ED2169013.jpeg

わかるだろうか。

水が流れた、あるいは溜まった場所と思われるところが汚れている。

pm2.5などのような大気中の汚れもそう。

それらが土間コン表面を汚すためには、それ単体では汚せない。

風で飛ばされて仕舞えば、乾燥している状態では塵埃は土間を汚せない。

水とともにそこに溜まり、流れることで、土間コン表面の微細な空隙に吸収され、汚れはそこにとどまる。

だけじゃない。

雨が溜まっていれば、そしてさらにそこが日陰であったりすれば、そこはコケ・カビの生育に適した環境になる。

最初は真っ白ですごく綺麗な土間コンも、5年もすりゃ真っ黒。

これが、従来の土間コン汚れる、簡単な説明だ。


A6F1D87B-935E-48E7-A964-96D9BC922668.jpeg

一方の、ドライテック(透水性コンクリート)。

画像を見れば、一目瞭然。

わかるよね?

汚れを含んだ水が溜まったり、低い方に流れて行ったり、がない。

その場で、たちどころに、吸収される。

だから、汚れない。

汚れにくい。



理屈はそんな所だが、論より証拠、動画をご覧いただければ一目瞭然。

10年経っても、土間コンのようには汚れていない。

これ、いつでも、伊豆の国市にお越しいただければ、ご覧いただける。

もちろん、これら以外のドライテックだって10年経っても似たような汚れ方だろう。

(無論、供用環境によって程度の差は発生する)。

それにしても、毎日1本ショートムービーを撮影する。

なかなか手応えのあるルーティーンを組んでしまった。

苦しみに打ちひしがれている時に妙案が浮かんだ。

「そうか、何も自分で撮影する必要はないんだ。誰か手伝ってくれる人を探せばいい」。

次のブログで、そのアイディアをお披瀝する。

とにかく、「10年経てばドライテックも土間コン同様汚れるんでしょ?」と言うよくある質問に対する答え。

いいえ、全然。

10年経っても、水が表面を汚さないから、綺麗なままですよ。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら