長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2021/01/03

【千葉】「2021年も《土間コン》オワコンで苦しむの?」岡庭建材工業・心樹園

【千葉】「2021年も《土間コン》オワコンで苦しむの?」岡庭建材工業・心樹園

千葉県野田市。一般住宅の駐車スペース。施主の要望から透水性コンクリート《ドライテック》が指定された。ハウスメーカー専属の心樹園が施工を担当。「はじめてだから不安はあったけど、まぁ慣れだね、慣れ」「早く終われるって点ではいいね!」
製造:岡庭建材工業(担当:江川直人)、施工:心樹園(担当:小島、50m2、100mm厚、4名、2時間半)



早く終われるって点はいいね!

904587AC-781A-4923-8FA5-D75EE083BA01.jpeg

AE22748A-C9EE-44D4-86C7-4EEA70EB1E62.jpeg

0DE86E70-F222-4509-AE26-55BF38235B68.jpeg

5F763242-CA36-4EEA-A0CC-2588C14C8DF2.jpeg

施工Before。

戸建て住宅の駐車スペース。

排水ぬかるみ・雑草のことを考えなくてもいい透水性コンクリート《ドライテック》は、お目が高いお施主さんの希望で採用された。

千葉県野田市のエリアは岡庭建材工業の供給可能可能範囲。

⚫︎参考記事: 【埼玉】【東京】【千葉】「三郷I.C.から行ける場所なら岡庭建材工業岡庭建材工業に任せとけ!」心樹園・MURATORE・アイホーム

万全な品質管理で材料は現場に届けられた。


EB0984D2-80F5-40A6-873A-868C718215E2.jpeg

0B29B4E2-372F-4421-9010-DDD6160B0965.jpeg

D2FDB63C-6621-4C43-BC88-12F6E19A93D3.jpeg

ハウスメーカー専属の心樹園が施工を担当する。

良い施工は、良い材料から(岡庭建材工業)。

初めてとは思えないほど見事に淀みなく施工は進む。

何を隠そう、透水性コンクリート《ドライテック》はDIYで施工が可能なほど施工上の敷居は低い。

一般向けDIY動画マニュアルも整備されている。

施工者は事前に充実した施工動画を何度も試聴することで、最初から熟練工なみの施工スキルを身につけることができる。

https://youtu.be/aDZoox1Lr-Y

動画マニュアルはリリース後9ヶ月で4万再生を突破した。

それだけ、DIY、施工に関する注目の度合いがわかる。

従来、プロに任せるより他ない「施工」という領域のマニュアル動画でここまでの注目は類を見ない。


24BEE713-F7F0-42BB-8DCF-32B08DADD43E.jpeg

5D53A8B9-0EED-43E7-A912-6924D476D0B2.jpeg

施工After。

アプローチのインターロッキングブロック舗装とのコントラストが非常に映える。

日頃ドライテックのいい面ばかりを強調し、インターロッキングをはじめその他舗装をディスり続けているが、正月ということもありその他の舗装材のいい面も目につく笑。

50m2は初めての施工ながらも4名で2時間半で終わってしまった。

2021年の土間コンの標準は《ドライテック》で決まりだ。



2021年も土間コンに苦しむの?

https://www.nr-mix.co.jp/dry_tech/

「まだ土間コンに苦しんでるの?」 
1日がかりの施工。雨予報で簡単に延期になる土間コンクリート 。狭小地では常に問題となる「水はけ」「水勾配」。引き渡しの時「ひび割れ」「色むら」でギクシャクする。
「それが土間コンクリート。仕方ない」って思ってない?
生コンポータルでは次世代の土間コンクリート 「透水性コンクリート」を始め数ある「生コンでいいこと」をお届けしています。

これまでの土間コンの常識

  • ブリーディングや仕上げなどで作業が1日仕事となる
  • 左官屋さんと生コン屋さんの予定が合わず工期がずれる
  • メッシュ配筋施工の面倒と打設中の足元の面倒
  • いつも頭を悩ませる水勾配の問題
  • 土間コン表面に発生する「色むら」と「ひび割れ」でお施主さんとトラブル
  • そのほか面倒くさいが沢山

新しい土間コンの常識

  • 夕方から打てる土間コン→完成までたったの30分(住宅外構)
  • 午後なら生コン屋さんの予定も入りやすい
  • 水勾配を考えなくてもいい、透水性コンクリート
  • メッシュ配筋の設置不要、打設作業も楽
  • ペーストがないから「色むら」がない「ひび割れ」が見えない
  • その他ハッピーが盛り沢山


2021年も始まったことだし、今年こそ土間コンの常識を変えよう。

常識を変える上で、絶対に不可欠は、携わっている人々の意識変革だ。

まず、材料の供給者の意識。

「土間コンに生コンを今まで通り供給する」というその意識や姿勢さえ変われば、世界の常識は変わる。

そして、2021年も去年同様、「駐車場舗装といえば、土間コン」を踏襲し続けようとする施工者の意識変革も重要だ。

この2者の意識が変わることで、重労働は消滅する。

1日がかりが2時間半になる。

残りの5時間半は余暇を楽しむことができる。

あるいは、他の仕事に充てることができる。

しかも、地球を蓋しない、環境に配慮された自宅の舗装を顧客に届けることができる。

心樹園のコメントにもあるように「早く終われる点はいいね!」を広げよう。

コロナが一変させてしまった常識。

リモートワークの浸透で進む働き方改革。

土間コンだけが施工者の1日を消費していていいわけがない。

2021年こそ土間コンで楽しよう。

ドライテックで幸せになろう。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら