長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2021/05/09

【埼玉】《実録》「生コンビニを 《知っている or 知らない》 で大きく差が出る施工の現実」渋谷建材・池田ブロック #1

【埼玉】《実録》「生コンビニを 《知っている or 知らない》 で大きく差が出る施工の現実」渋谷建材・池田ブロック #1

埼玉県桶川市。午前中は古いカーテンゲート撤去、午前中にコンクリートカッター入れ11m、コンクリート土間取壊しはハンマードリルと大ハンマーによる、厚さ50mm厚、掘削、渋谷建材にて残土処分とカーテンゲートとRC砕石の積み込み。
製造:渋谷建材(担当:大曽根勇太)、施工:池田ブロック(5m2、10mm厚、3名)



まさに生コンビニ!渋谷の実力

EB8927A3-A6FA-4876-B7C2-7C4E4BB246BF.jpeg

414E8498-94E3-4EE6-8E8E-E2B2887ABADB.jpeg

施工Before。

30年前に完成した土間コンクリートとカーテンゲート。

先日の大風でいよいよ壊れてしまったということで今回エクスショップで激安のカーテンゲートを購入(渋谷建材に一時保管)。

さらに、写真でもわかるように水たまりに伴い汚れが溜まっている箇所の土間コンをドライテックにすることで水はけ、汚れ解消を期待した。

8AB12D47-BF4F-4394-83B8-47D132AC996B.jpeg

2EA3D176-23AF-4FF0-95D6-951A4C4245BF.jpeg

51464175-8F89-4E9D-A410-D6B815D48E1B.jpeg

まずは故障したカーテンゲートの撤去と土間コンクリートの削り。

なんと驚いたことに、はつってみたらたった50mmしか土間コンクリートは施工されていない。

30年前の設計ではもしかしたら50mmでもOKって思われていたのかもしれない。

実際、車の乗り入れは何度もしているがひび割れはまるで起きていない。

土間コンクリートは100mmも打てば絶対OKということがこれでわかる。

古きを知り新しきを知る(?)なのかもしれない。

EBC58DBE-AD4D-44E4-A221-C43E9289BC40.jpeg

27E7D801-654C-4E95-B767-C50DE918ED1D.jpeg

そして、掘削(すきとり)は路盤100mmドライテック100mm合計200mmを確保。

現代では一応土間コンといえば100mm厚となっている。

オーバースペックかもしれないが、「無難」ていうやつだ。

CB3334BD-CD04-4D41-967E-3FE32A9EF4D6.jpeg

B4DE2F0D-A43A-47A0-873F-0718F80DC128.jpeg

BC66E4BF-C331-42F4-94CA-9AEC2E21CD9C.jpeg

掘削と並行してカーテンゲート柱の基礎穴を確保。

ここまでの工程で発生した、コンクリート塊や残土は最寄りの生コン屋さん渋谷建材で引き取ってくれる。

0149EF1E-9860-4298-8E34-39E47F3DDBF4.jpeg

まずはコンクリート塊を処分。

A63D0CA2-14BF-4154-889C-61B9C1ADF936.jpeg

続いて残土処分。

生コンビニの真髄ともいうべき「近くて便利」「なんでも揃っちゃう」が渋谷建材の強み。

⚫︎参考記事:" 生コンをもっと身近に"「はじまる《生コンビニ通信》が請求書に同封されて全ての取引先に届く」

空になった荷台にはこの後路盤工に用いるRC砕石と、エクスショップから手配されたカーテンゲート一式が積まれ午後からの現場に備えられる。

動線にまるで無駄がない。

渋谷で全部揃う

施工者目線からすれば、渋谷建材が「自社の置き場」みたいに機能しているのがわかるだろう。

埼玉など関東で自社の置き場を確保するというのはなかなか難しい(土地代が高い)。

渋谷建材は施工者にとっての置き場を買って出ているという見方もできる。

午前中の仕事はこれでおしまい。

材料と部材を積み込んで現場に戻る道すがら(20分)にどこか食堂に寄ってお昼休憩と言ったところか。

実に無駄がない。



ボリュームもそこそこになってきたので午後の様子は #2 で紹介したい。

午後は砕石を敷設して路盤100mm。

カーテンゲート柱の建て方。

ドライテックだからワイヤーメッシュの敷設作業は省略できる。

しかも、ドライテックをそのまま基礎コンクリートとして適応するからそのままドライテックで舗装をかける。

水引き待ちがないから、そのまま完成。

通常2日はかかってしまうところだが、なんの無理もなく1日のうちに完成してしまうはず。

生コンビニを 知っている or 知らない で大きく差が出る施工の現実

いったいどれ程の違いがあるかがこの実録ではものすごくよくわかる。

#2 に続く。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら