長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2020/05/31

「立水栓とドライテック驚異の組み合わせ」DIY・透水宣言

「立水栓とドライテック驚異の組み合わせ」DIY・透水宣言

いい天気だ。絶好の庭日和だ。こんな季節は「庭の水廻り」が活躍する。今回は既存の立水栓を家の外観に合わせてDIYをした。庭木の水やり、洗車、ペットのお風呂に子供のプール遊び。「庭の水廻り」は、地面に埋まっている散水栓より立水栓の方が使い勝手が良い。排水は透水性コンクリート「ドライテック」にする。小さな面積なので自分で作ることができる。なに、難しいことではない、共にいい汗をかこう。(映画「透水宣言」より)
⚫︎参考記事: 「既存のダサい立水栓を透水性コンクリートでおしゃれ&便利に!」排水・ぬかるみ・雑草・愛犬・DIY

前編

後編
これをみればDIYできちゃう!

立水栓とドライテック驚異の組み合わせ

立水線の水受け透水性コンクリートで兼ねた。

今回のDIYマニュアルシリーズは立水栓。

これから迎える夏本番。

庭の水回りは重要な役割を果たす。

庭木の水やり洗車ペットのお風呂子供のプール遊び

家を建てたら誰もが憧れる庭でのひとときを飾るのは立水線と呼ばれるエクステリア資材。


立水栓


標準仕様の立水栓は大抵ダサくて家の外観とはマッチしているとは言いづらい。

家を建ててから立水栓だけが浮いちゃった

そんな時にも「好きな立水栓を自分で選んでDIYしちゃおう」は透水性コンクリートと共に実現する。

今回も材料提供はエクステリア資材販売日本一エクスショップの協力を得て施工することができた(立水栓はユニソン製)。


666CAE0A-5DED-4945-B9E6-8E58D0A72555.jpeg

施工Before。

まず最初に水道を止めてから既存の立水栓の撤去する。

(地盤すきとり、路盤はあらかじめ施工済み)


C0E99A08-3F69-438A-B346-3396E35EB329.jpeg

立水栓の部品。


4D496430-C07D-4AB1-9725-A520E87368F8.jpeg

こちらは立水栓の外装。


0E516A3A-E786-4BB0-B4B5-356E7BC56D59.jpeg

練りブネと呼ばれる容器でブロックを設置するためのモルタルやドライテックを製造する。


535C68F1-01EB-4C86-BE16-35DCA2903EC5.jpeg

透水性コンクリートはこちら袋タイプを採用(陽光物産製)。

今回の寸法では3袋で足りた。


F7966DB5-25C2-483F-896C-A305E31BCA42.jpeg

モルタルで高さ調整をしながらレンガを並べていく。


FA942788-3DC8-4EEF-A58F-5FE42A863E72.jpeg

施工After。

車の乗り入れもないため、翌朝には立水栓として利用することが可能だ(コンクリートが硬化するまでの時間)。



自分で作れば立水栓も数万円

既存の立水栓には水受け、排水設備がなかった。

そのまま使っていたら地面はぬかるみ水遊びやペットのお風呂どころではなかったはずだ。

また、標準品であるため建物の外装との調和なんかまるでできていない状態。

ネットで調べてみればわかるようにたかが立水栓といえども、10万円を超える価格がついている場合も少なくない。

建物に予算ががっつりとられた状態での十万越えはなかなか応える。

「立水栓とドライテック(水受け)驚異の組み合わせ」

透水性コンクリートなら自分で施工ができることはすでに映像として紹介されている。


庭の水回りでは排水が意外な落とし穴となる。

水やりやペットのお風呂、子供のプール遊びとはいえ大量の水を使う。

遊んだ後足元がぬかるんでいる。

想像できるだろうか。

その点、透水性コンクリートを自分で舗装してしまえば、水を使った作業を終えても体に泥がついてない状態で家に入ることができる。

ぬかるんでしまったり、水の処理を考えることも全くない。


コンクリートは永遠なるもの。

ガラスや石材のように変性するものではないからいつまでも庭の水回りはいつも清潔なまま。

路面に滞水することもないからコケ・カビの生育もない。

もちろん、雑草だって生えてくることはない。

立水栓とドライテックを組み合わせることによって、素晴らしい庭ライフを満喫しよう!

Enjoy DIY!!



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら