長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2019/12/26

「DIY指導員が透水性コンクリート施工をサポートします」土間コン

「DIY指導員が透水性コンクリート施工をサポートします」土間コン

このところ急増中のDIYで土間コン(透水性コンクリート)施工。これまで「無理」とされてきた土間コンのDIYが透水性コンクリートならできちゃう。DIY指導員派遣は実費50,000円税別で伺います。プロのサポートを受けながら自分でお庭を舗装しよう。



DIY指導員が安心サポート。透水性コンクリートで雑草や水たまりから解放されよう

施工そのものは至って簡単。

動画のように施工経験のない女子でもできるくらいだ。

駐車場2台分(30m2)程度なら大人3人もいれば楽勝。

⚫︎敷設

⚫︎均し

⚫︎転圧

をひたすら繰り返す。

多少凹凸ができてしまったとしても(そこは慣れない素人さん)水は溜まることなく抜けてしまうから水たまりはできない。

コンクリート舗装だから草も生えない。

ノーメンテで一生もの。

だから、このところDIYの問い合わせが引きも切らず寄せられている。

今月(2019年12月)はなんと5件もDIY案件となっている。

その記念すべき今月第1号案件は山形県山形市。

https://www.nr-mix.co.jp/dry_tech/blog/diy260m2.html

現場に行ってみると「たった2人」が待ち構えていた。

「(いやいやいや、無理でしょ流石に)」

と内心思いながらも行きがかり上しかたないから流れができるまで施工立ち会い。

みつわ生コンの山川工場長は心許ない施工を見かねてずっと立ち会っていたようだ。

明日も東京とあきる野市でDIY案件。

「これ、おそらく、来年の定番になるぞ」

関係者一同が思っていることだ。

最近の素人はたくましい。

プロ顔負け。



そうは言っても丸腰で施工されてはこちらも困る。

最近の素人はたくましいとは言っても所詮素人。

プロには敵わない。

一口に透水性コンクリートと言っても、

⚫︎撤去(既設舗装など)

⚫︎すきとり(計画断面を確保する。残土が発生する)

⚫︎路盤工

⚫︎型枠工

こうした付帯工事が付きまとう。

インターネットや雑誌でいくら調査しても、こうした専門的な工事は一朝一夕には体得できるものじゃない。

「現場に材料(透水性コンクリート)運んでみたもののとても施工できる状態じゃない」

なんてことはそのうちごまんと発生するはずだ。

そして、それじゃ困るのだ。

めためたの施工をされて「これが透水性コンクリートです」なんて言われて仕舞えば看板に傷がつく。

それこそ自らネガティブキャンペーンを貼ってしまう結果となる。



プロのDIY指導員が現地調査と施工立ち会い一式50,000円。

きちんと施工できる状態になっているのか。

そして、施工中も流れができるまでは施工に立ち会う。

注意事項をその場で手ほどきする。


これさえできれば僕たちも安心してドライテックをお届けできる。

それにしても隔世の感がある。

なにせ生コン車で生コンを一般家庭の素人さんに届ける時代になったのだから。

19年前入職した頃から今に至るまで生コンはゴリゴリのB to Bビジネスだと思い込んでいた。

それが、どうだ。

あたりまえのように一般の方から問い合わせが寄せられDIY希望されるのだ。

師走、年の瀬にDIY5現場。

これからの生コン産業は一体どうなっちゃうのだろう。

さすがに想像を絶する。



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら