長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2020/05/04

【山梨】「なんで施工が早いのか?」直取(ぢかどり)・ワイヤーメッシュ・配筋・バスケットコート

【山梨】「なんで施工が早いのか?」直取(ぢかどり)・ワイヤーメッシュ・配筋・バスケットコート

山梨県甲府市。バスケットコートと駐車場の続きの施工(2日目)。車両乗入れ部分(入口)50m2の施工を「生コン車から材料直接下せる(直取り)(ぢかどり)」で施工できるのは透水性コンクリートの隠れた施工性能。
製造:富士生コンクリート、施工:村田企画開発・生コンポータル(50m2、100mm厚、6名、2時間)
⚫︎1日目:https://www.nr-mix.co.jp/dry_tech/blog/post_1117.html



透水性コンクリートの施工が早い理由

0FFC7DAE-D998-4F4A-8AC5-24BDD0E96435.jpeg

2日目の施工Before。

右手側は初日に施工されたバスケットコート兼駐車場

本日は車両乗り入れ部分の縦長のスペース(50m2)に透水性コンクリートの施工。


7E12559E-EB79-4CC3-92F1-42B9E4FE5161.jpeg

お気づきだろうか?

生コン車が路盤(ろばん)に進入している。


B83E0BFA-1F41-43F7-9798-0EABC2CDF5C5.jpeg

通常土間コンといえばこうしたワイヤーメッシュが敷設(ふせつ)されている(出典:柴垣グリーンテック)。

こんな状態で生コン車は入り込めない。

だから、道板(みちいた)といって一輪車で材料を運搬するための通路を敷くか、あるいはポンプ車の出動。

いずれも、手間や費用の面で追加が生じる。


4C1FA310-6DA8-4F31-8F8D-7B0AFE41C533.jpeg

施工開始。

生コン車から直接下ろされる透水性コンクリートを追いかけるように、

⚫︎敷設(ふせつ)

⚫︎均し

⚫︎転圧

が続く。

単純作業で、特に専門性も要求されない。


10F3CEE3-5E2B-4A0F-B3D8-A684C86F5C5A.jpeg

生コン車が荷下ろしを終えて去った後は接道部を仕上げて完了。


219AC874-E093-430D-91D4-8BF31286E08B.jpeg

施工After。

手前側は初日施工箇所で、奥のまだ湿っているところが本日施工分。

合計で270m2のバスケットコート兼駐車場の納品が終了した。



直取(ぢかどり)はもっとも迅速な施工方法

生コン車から排出側に高速攪拌すると滝のように生コン(透水性コンクリート)が排出される。

1m3(立方メートル)(8m2分)の材料を排出するのに1分とかからないだろう。

もちろん、施工のスピードが追い付かないので、その辺は調整できるのだが、直取りはもっとも迅速な施工方法。

いくらでもスピードアップができる(生コン車からの排出スピード)。

その後を大名行列のように施工者が追いかける。

あっという間に施工は終わる。

それは、

透水性コンクリート(転圧コンクリート)はワイヤーメッシュを不要としているからだ。

⚫︎参考記事:「鉄網(ワイヤーメッシュ)の使用を考え直してみませんか」日本道路協会

ポーラスコンクリートなど転厚コンクリート舗装は一般に鉄網(ワイヤーメッシュ)を標準としていない。

そのため、安定した路盤であればその上を車両が直(ぢか)に乗り入れて施工される。

だから、今回のような芸当が可能となる。


直接生コン車が乗り入れ可能であることはスピードアップだけではない。

一輪車で小運搬する場合の人員を他の作業に回せる。

だから、施工費用も圧縮することができる。

Time is money.

そもそも、「(駐車場1台分程度なら)30分で施工が終わる土間コン」と宣言している透水性コンクリート。

Time is money.

その削減された時間をどのように使うか。

その浮いた時間(費用)は価値として現場に届けられている。

(しかも、製造者:生コン工場にとっても、「さっさと工場に戻れる」という価値を帯びている)



宮本充也

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら