長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2020/10/30

【神奈川】《リフォーム》「とにかくお家まわりの草取りが嫌だ」益田工業、都屋建材

【神奈川】《リフォーム》「とにかくお家まわりの草取りが嫌だ」益田工業、都屋建材

神奈川県川崎市。リフォーム案件でも透水性コンクリート《ドライテック》は頻繁に採用される。長年の懊悩、「とにかく家まわりの草取りが嫌だ」に終止符を打つ。それでも、「大地に蓋をしない」舗装は、大地の呼吸を止めない。自然の循環を阻害せずに、暮らす人の利便性も担保する。
製造:都屋建材(都築晋也)、施工:益田工業(担当:益田修次、30m2、80mm厚、3名、3時間、庭コン登録)。


施工動画

とにかく家周りの草取りが嫌だ

8AEA62E7-BFB3-4274-BE5D-13250C64A207.jpeg

F645CD5D-E6B2-45E8-B523-C1F27AB90A9B.jpeg

87FFB6AD-E8FF-4BD8-86D8-C8C3A1353F09.jpeg

949E04DB-5A17-483E-8D4B-466BCCD13D7C.jpeg

施工Before。

家周りのリフォーム

入り組んだ犬走

暮らしている人にしかわからない。

舗装をして仕舞えば、自然の循環を止めてしまうようで忍びない。

だから、新築した時にはそのまま舗装をせずにしておいた。

住宅地を歩いていてもそんな戸建て住宅をたくさん見かける。

ただ、現実は過酷だ。

春になれば芽吹く雑草。

夏から今頃の季節にかけてまでたくましく繁茂する雑草。

「防草シートに砂利敷き」

耐えかねて途中比較的安価な方法で彼ら(雑草)を始末しようとする。

過酷な現実は続く。

奴ら(雑草)は劣化した防草シートを突き破ってたくましく繁茂を始める。

いたちごっこだ。

長年の懊悩に終止符を打つ唯一に見える方法。

コンクリートで大地に蓋をする(土間コンクリート)。

自然の循環を止める。

そんな施主のためらいに現代にはソリューションがしっかりとあることを僕たちはもっと強く発信していかねばならない。


2992A826-3406-47A4-8194-61D7F510C917.jpeg

8C6F1C4E-0092-43F5-8A89-12B988A10DB9.jpeg

透水性コンクリート。

大地に蓋しない舗装。

もちろん、コンクリートのように雑草の繁茂を根本的に防ぐ機能を持ちながらも、水や空気の流通は阻害しない。

家周りのもう一方の懸念事項「水はけ」の問題はない。

排水設備の不要な舗装だ。

さらに、写真からも分かるように施工は比較的簡単にできる。

何せ、一般の方がDIYに挑戦できる施工性だ。

土間コンと違って、余剰水の乾き待ちや金鏝仕上げという手間や時間や特殊技能を要さない。

そのため、施工者にとっても優しい舗装ということができる。


9F190CD5-46A5-402E-B4D7-489E08B03C23.jpeg

78327119-3A40-4AEE-B549-EB6147F731D5.jpeg

117FB207-E410-4DAC-B7B7-BDA4CB7CA25C.jpeg

それは、最寄りの生コン屋さんから届く。

生コン屋さんは施工者にとってはコンビニのように非常に身近な存在。

生コンのように届く透水性コンクリートは「知ってさえいれば」とても便利で助かる材料。


87D1272E-CBE4-4D90-8F5A-EF2B7A6BEB10.jpeg

F3FEF898-FF9B-4FCE-B2E6-AF761F16A854.jpeg

2DF7C9F8-54A3-4D95-B0A2-DD55C556294B.jpeg

トンボやプラゴテのような道具で平らに均された材料は素人でも扱えるプレートコンパクタ(30kgタイプ)で転圧すれば終わり。

プレートは最寄りの建機レンタル屋さんで数千円で入手できる。

その上は土間コンと違ってスニーカーで歩くことができる。

だから、長靴など大仰な装備はいらない。

「ちょっとそこのコンビニへ」

といった軽装で施工ができる。


DE8A5D7E-BA45-49A8-87AF-941F67ED5C78.jpeg

A0BDCD5D-0BEC-4C0F-92D8-0D34D2755B1B.jpeg

4EA05888-CDB7-4711-AC0D-A57ED90F7DC5.jpeg

3038D48B-576F-4AC0-BC12-F4943F82604A.jpeg

施工After。

入り組んだ30m2を3名で3時間で完成させる。

土間コンなら朝から始めて真っ暗になっても金鏝仕上げをしているところだ。

そして、昔年の施主の応能はこれでピリオドを打つことになる。

どんな雨が降っても地面はどこにも水たまりを見ることはない。

自然と人が調和する舗装、透水性コンクリート。

少しずつ、少しずつ、この舗装がエクステリアや外構、あるいは建設の「当たり前」になりつつある。

最後に。

どうでもいいことを書いてブログを締め括りたい。



このところのまさつぐの報告が雑だ。

B3FC1906-A27F-4072-9E9B-F210339C05C7.jpeg

毎度僕のブログは現場に立ち会ったまさつぐ(担当)のメッセンジャーグループでの共有をベースに作成される。

このところのまさつぐの報告が雑でイライラしている。

この文章を一瞥するに賢明な読者なら気づくだろう。

「とにかくお家まわりの草取りが嫌なので」

という一行しかブログの材料がない。

この一行と写真のみで上記のようななかなか長文のブログをこの僕は毎日書き上げているのだ。

我ながら天才かと思う。

自分をたまには褒めたい。

このところお孫さんができたということで多少緩みが出てきたのかもしれない。

⚫︎参考記事:祝!!ドライテック担当者《まさつぐ》にお孫さん誕生!!!!

そろそろ刺激の入力が必要ということなのかもしれない。

というわけで(?)、自然と人が調和する世界を具現化するための活動はなかなか一筋縄ではないという舞台裏を紹介して筆を置くことにする。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら