長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2021/04/17

【福井】「ドライテックで舗装と基礎を兼ねるカーテンゲート」TOKO・エクスショップ

【福井】「ドライテックで舗装と基礎を兼ねるカーテンゲート」TOKO・エクスショップ

カーテンゲート設置のトラブルあるあるとして水勾配がうまくできず水たまりができてしまう、というのがある。ドライテック(ポーラスコンクリート舗装)を基礎コンクリートも含めて採用することで解消されるのではないか。仮説を立てて検証(実践)するものづくり舞台裏の話。ドライテック施工。
⚫︎参考記事: 「カーテンゲートと土間コンの《普通》《当たり前》を常識では考えられない努力と知恵で」エクスショップ・TOKO



カーテンゲートの舗装革命

EFB48B2E-E382-44B5-8EF6-63DB80455357.jpeg

確認したいことは2つ。

1つは、カーテンゲートの柱が風倒などの応力で破損しないだけの強度をドライテックが有しているか。

ドライテックは曲げ強度で2.5N/mm2以上発現することがわかっているが、果たして通常のコンクリートで言うところの18Nとか強度が担保されているのか。

ちゃんとコンクリートなのか笑。

378F40DB-40FC-46CF-816A-8C9FE83B3171.jpeg

42A1CE0D-51A5-41EE-878D-39082C76EAB1.jpeg

28B6946D-DD16-453A-B048-4D641E2066DA.jpeg

81D2A5C1-CAA5-4B23-88EC-2D31A80EB80E.jpeg

TOKOとの協業で確認したいのは舗装する際に基礎構造物もドライテックが機能として果たすことができれば施工が簡素化できるという可能性。

基礎として要求される「重さ」という面では舗装と一体化されているため問題はないはず。

あとは、応力がかかる柱の根っこ部分のコンクリートの硬さが所用の度合いを満足しているか。

実際に実験場で実験(破断テスト)することで確認を予定している。

8A1C21E3-CF12-4F4C-AB9C-21B890EFADCE.jpeg

そして、もう1つは供用性。

実際に日々開閉されるカーテンゲートのタイヤからの荷重(輪荷重)に対して耐えられるだけの強度(飛散抵抗性など)を満足しているか。

あるいはゴツゴツした表面でカーテンゲートの方が痛まないか、などを確認予定。

8D975D3C-36E3-4CB6-BE99-C8A485B01A88.jpeg

C9F5FF3D-18C2-4577-8936-9F8BD8F152D6.jpeg

D333BB51-1343-4860-ADAE-620717253734.jpeg

土間コンをポーラスコンクリートにすることでクレーム・トラブルになりがちな水勾配不良(水たまり)を防止することができる。

この性能は実際に施工に携わっている人たちにとって大きな可能性を開く。

327FCB3D-2EF7-4BB6-99DA-22CCFDE1B824.jpeg

こちらはエクストラで破損していた舗装の補修用に残コン(余ったドライテック)を利用。

社長ぢきぢきのリクエストだったためご要望にお応え笑。



今月26日に実験

さあ、場が温まりました。

そもそもこの話はエクステリア資材販売日本一エクスショップの加島さんからの発案だった。

どうしても規格とか基準でがんじがらめのコンクリートや建築の世界。

JIS(工業規格)とかJASS(建築基準法)。

今回おそらく実証されるだろうけれど、基礎としてポーラスコンクリートはいけるはず。

そしたら、カーポートとか、そのほかの基礎としてもいける。

舗装と基礎を兼ねる。

普通は別々で工事する。

それが一回で済む。

時短。

一気にできちゃう。

こんなにお得なことってあるだろうか。



そうなるためには、何よりもまず、実践、やってみる。

できる、はず。

でも、はず、ではだめ。

世界の景色を変えるのはいつだって実践。

理屈は後からついてくる。

というわけで、TOKOさんのご協力のもと、エクステリアに従事している人にとっては垂涎のまとのプロジェクトが動き出した。

その模様は適宜ブログとして紹介していきたいと思う。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら