長岡生コンクリート

オワコンロゴ

「撒いて踏むだけ」の簡単施工でDIYにも最適な、造粒ポーラスコンクリート「オワコン」。
オワコンは水を透すコンクリートなので、家周りの雑草・ぬかるみ・水たまり・猫の糞から解放されます。

2023/05/05

【静岡】「CPコンクリートバージョンのオワコンとオコシコンが伊豆長岡温泉の映えスポットで採用されました」

【静岡】「CPコンクリートバージョンのオワコンとオコシコンが伊豆長岡温泉の映えスポットで採用されました」

 静岡県伊豆の国市。CPコンクリートverのオワコン・オコシコンが伊豆長岡温泉の広場に採用された。



伊豆長岡温泉にCPコンクリートの広場爆誕

34BB58B9-D619-469E-996A-90BE14AB5628.jpeg

2BB8DC09-6977-49AE-980F-509BA99B66F4.jpeg

静岡県伊豆の国市長岡1068 に誕生したイズナカビレッジの駐車場や園路にはRRCSらが開発するCPコンクリートが舗装された。

 オワコンちゃん

今日は静岡県伊豆の国市の伊豆長岡温泉に誕生した伊豆ナカビレッジに施工されたCPコンクリート駐車場のご案内だよっ。

CPコンクリートとは?

75642073-97BA-4599-B46A-B54EB1F03D07.jpeg

https://rrcs-association.or.jp/project.html

RRCS(代表理事・野口貴文)らが中心になって開発されているCO2の吸収・固定が特徴のコンクリートだよ。そんなCPコンクリートに我らがオワコン(造粒ポーラスコンクリート)やオコシコン(ポーラスコンクリート)が採用されたんだっ。

 オワコーン

スポンジのようなコンクリート

A7F58903-BEE5-4D4D-8A13-60F19BD9CF2B.jpeg

雨天時のオワコン。

7B912001-1B05-4DB2-B01D-C3C5AF836A13.jpeg

 オワコンちゃん

オコシコンも、そしてオワコンはとりわけスポンジのように水を吸収してためておくことができるから晴れても完全に乾くまで時間がかかるんだよっ。そして、そんな構造だけあって大気中のCO2との接触面もとっても大きいんだー!(CO2の吸収固定性)

実は別枠でジオポリマーも

CE302C72-5A00-470D-8A8C-D6B1A967B636.jpeg

ジオポリマーコンクリート(AAMs)。https://www.nr-mix.co.jp/camp/blog/aams_1.html


ジオポリマーコンクリートとは、主原料としてフライアッシュ(石炭灰)および高炉スラグ(製鉄時に発生する副産物)を使用した建設材料であり、普通コンクリートに比べて、耐熱性、耐酸性が高く、製造過程で発生するCO2を75%以上削減できるなど環境の面でも非常に優れています。「ジオポリマーコンクリート」を大断面かつ狭あいな擁壁補修工事に適用


そして、地味に、「地球上で初めて生コン工場で製造され生コン車で運搬された残コン由来のジオポリマー」もここには実装されてるんだ。こちら、CPコンクリートとは別枠だけどね。セメントを使っていないのでこちらも脱炭素だよっ。

 オワコーン

園路にはオコシコン(RG・POC)

4AC2FF6B-DAF4-4C6B-A9E8-2EE814812FE1.jpeg

AC3FC173-6A96-4C3E-943C-9E0EBF707E38.jpeg

 オワコンちゃん

広場の奥手はコンドミニアムになっていて通路にはオコシコンが採用されているよっ。実は、こちらで採用されたオワコンもオコシコンも骨材は(残コンstで処理された)残コンからできてるんだってー。

伊豆長岡温泉にお越しください

4420B0A0-2D40-4879-819C-2F20445D0260.jpeg

コンクリート舗装は「白舗装」とも言われ現地はまるでスキー場のような白銀の世界。

おえ。おえー。まじで、この二日酔いきついな。。オワコンちゃん、オワコーン。お勤めご苦労様です。宮本さん昨日は下村さん笠原さんとご一緒の飲み会の前に立ち寄った福狸亭小川家の大浴場で改めて、伊豆長岡温泉ってサイコーって思ったんだ。そして、そんな伊豆長岡温泉にこの度誕生した広場には宮本さん肝煎りの「オワコン」「オコシコン」のCPコンクリートバージョンが採用されたんだね。さらに、ジオポリまで。やばいよね、これ。脱炭素コンクリートの勉強をしに伊豆長岡温泉おいでよ。まじで。
というわけで、オワッコーン‼︎

 宮本

 オワコンちゃん

オワッコーン‼︎
オワッコーン‼︎

 オワコーン



作者・宮本充也

オワコン工事一式原価例(生コンビニ仕入れ)

施工面積40m2

【材料費】80,000円:[40m2x0.05m(50mm厚)=2m3x40,000円(単価)]
【工事費】70,000円:[2名x35,000円(日当)]
【諸経費】7,500円:[5%x(80,000円(材料)+70,000円(工事))]
【合 計】157,500円

※単価:165,000円/40m2
= 3,938円/m2

施工面積60m2

【材料費】120,000円:[60m2x0.05m(50mm厚)=3m3x40,000円(単価)]
【工事費】95,000円:[2名x35,000円(日当)+1名x25,000円(手許(]
【諸経費】10,750円:[5%x(120,000円(材料)+95,000円(工事((]
【合 計】225,750円

※単価:225,750円/60m2
= 3,763円/m2


宮本 充也

主な著者
宮本充也

1級(舗装・造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

危険物取扱責任者(乙4)/毒物劇物取扱責任者/日本農業検定(1級)/エクステリアプランナー(2級)/運転免許証(大型・中型)

勉強中の資格:採石業務管理者/2級FP技能士

Y弾SDS.pdfダウンロード
除草LP
オコシコンとドライテックの違い
オワコンとオコシコンの違い
生コンデスク
あとじゃん先生
このページのトップへ