長岡生コンクリート

2022/05/13

【千葉】「DIYで100mm厚のオワコンを駐車場として施工する一般の方が増えてます」ヤマカ建材工業

【千葉】「DIYで100mm厚のオワコンを駐車場として施工する一般の方が増えてます」ヤマカ建材工業

千葉県木更津市。

「駐車場が土で勾配もあり、なるべく平らにと思っていた時にオワコンを見つけた。」

ということからDIYによるオワコン駐車場適応。

オワコンならDIYできそうということで、お子さんも参加したご家族お二人での施工。

ちょっと大変そうでした汗(Masatsugu共有)。

製造:ヤマカ建材工業(担当:葛田直仁)、施工:DIY(45m2、100mm厚、2名、3時間)

オワコンで駐車場をDIY

3140F299-7CB8-439E-AA04-FA70DC455024.jpeg

施工Before。

今回は、オワコンを駐車場用(100mm厚)として利用すべくDIY施工の立ち会い。


元々、オワコンは「防草材」として開発されている。

駐車場を想定したものではないし、現在駐車場としての用途に十分耐えうる性能を保全できているかといえば心許ない。

歴史(経過時間)も、実績も、あまりに乏しすぎるのだ。

だが、だからと言って、販売者である僕たちは「オワコンは駐車場として使わないでください」と用途を制限する権利はない。

買う人がそのプロダクトをどのように使うかの権限は、当然買った人に帰属する。

例えば、ワインを買った人がワインを飲んだ後に空きビンをどのように使おうと自由だ。

販売者は売れたワインの空きビンが一輪挿しなどに利用されていたとしても「やめてください」とか「もっとおしゃれなビンがあります」という権利はない。

駐車場の防草や水たまり対策としてよく使われている砂利敷があるが、比べればオワコンにはセメントが含まれているわけだから、強度も耐久性もあるに決まっている。

砕石敷きの上には車乗り入れるけど、オワコンの上にはダメなんて法はない。



F8B9B01F-148F-4F37-A92F-B49D27F4E0B8.jpeg

そのため「オワコンで駐車場を作りたい!」とDIYにチャレンジされる人たちを止めることは無いし、逆にオワコンの可能性を信じて応援していく心構えだ。

しかも、今回はなんとたった2人でDIYに挑戦。

オワコンの施行はシンプルで簡単。

生コン車で運ばれてきたオワコンを現場に敷き、レーキで平らに均し、プレートやタンパなどで踏みしめ固めることで仕上げられる。



9A9274FA-6072-4902-84D3-58E8481AE3EC.jpeg



造粒ポーラスコンクリート(オワコン)は、骨材の周りにモルタルペーストが積層されているので、容易に乾かず、DIY初心者でも余裕を持って作業に取り掛かれる。


9F169029-5379-4EFC-AC12-6DCF11172045.jpeg

敷設→均し→踏み固めて仕上げる、で施工ができてしまうので駐車場45㎡の面積でも楽々施工。

C9BA26FA-985B-4774-BBF4-02C2E9DE5CE4.jpeg


(現場に立ち会ったMasatsuguの影がばっちり写り込んでいる・・・)

やれやれ、である。

何度言っても治らないじゃあないか。

わざわざ、千葉に写真を撮りに行ったってえのに、その影一体何アピールなんだ。

CE58556F-8761-4139-8101-E7CC33DEC244.jpeg

施工も簡素化されているが、道具も高価で専門的なモノが必要ない。

8B8F928A-3559-4EAA-8B14-BEC52D6DDEE9.jpeg

施工After。

それにしても、たった二人(+女の子さんはお手伝いだったようだ)で、しかも結構綺麗に完成してしまった。

恐るべし、オワコン。

今後、土間コンやドライテック同様に養生期間を設けられた後には駐車場として車の乗り入れが予定されている。

今後の経過がなんとも楽しみなところである。

実際、オワコン(防草材)は駐車場として利用できるのか?

912A062E-D978-4A89-BF81-FE13D3FFF24B.jpeg


この問いに答える前に、まずは土間コンについて説明したい。

理論上、計算上だけでいえば、車両の乗り入れが想定される場所に100mm厚の土間コンはオーバースペックだ。

50mmで十分と考えられている。

でも、なぜ、実際は50mmでないのか。

それには、いろいろな理由がある。

その最たるものが、乾燥・収縮の繰り返しにおける「ひび割れ」「挙動」が挙げられる。

コンクリートは実は水分を含んだり放出したりしている。

水を含めば膨潤するし、放散すれば収縮する。

それに伴い、コンクリート版は挙動し、拘束(たとえば集水枡や隣接構造物の影響)が作用する場所にはひび割れが発生する。

僕たちコンクリートの専門家から言わせれば、駐車場土間のひび割れは何も構造物ではないのだからめくじらを立てるようなもんじゃあない。

ひび割れは、問題視するものではないのだ。

クレーム②.jpeg

(引用元:https://concrete-mc.jp/floor-crack/)

一方、一生に一度の庭づくりというテンションでやってくる一般お施主さんからしたら見た目だけでひび割れは悪

なるべく抑制したい、ということであれば100mmの厚みを確保することによって挙動そのものを拘束しましょう、ってことになる。

だから、50mmでも十分なんだけど100mmになりました。

そんな経緯がある。

264B4B65-8E20-4064-A4E2-6C229E29B19B.jpeg


さて、話題は「オワコン」である。

測定方法が確立されていないため、実際に車両の乗り入れに耐え得る強度なのかは未知数。

ただ、現実問題として、含まれているセメント量からすると30Nなどかなり強強度な部類に入るものを使用している。

つまり、車両の乗り入れなどへっちゃらな配合である。

ただ、構造としては通常のコンクリと違って空隙を有するポーラス構造。

わからないことだらけだ。

だから、キャンペーンとして、現在免責事項にご理解をいただいた方向けに案内を出している。

⚫︎参考記事: 《急募》「造粒ポーラスコンクリート【オワコン】で駐車場の舗装実験」


ちなみに、今回は施工をご自身でなさるDIYという特殊なケースだ。

今後こうしたケースがますます増えていくことだろう。

その過程で造粒ポーラスコンクリートが明らかにされていく。

強度・耐久性をはじめとした各種物性値が計測される。

計測方法も確立されていく。

昨年8月下旬に突然生まれた新しい技術領域「造粒ポーラスコンクリート舗装」は多くのラストワンマイルに晒されて自律的に進化・成長していく。

誰のものでもない。

だからこそ、ラストワンマイル僕たちにできることは、とにかくその舞台に参画すること。

細胞分裂・変化を起こすこと。

守るのではなく、常に積極的に関与する。

僕の経営の先生が常からおっしゃる「現場・現実・現物」にとにかく寄り添い市場と顧客の声を聞く。

そのことで、ものづくりは更なる進化を遂げることになる。



宮本充也

 「オワコン」は有限会社長岡生コンクリートの登録商標です

オワコン商標登録

 2022年中にカインズでオワコンの取り扱いがはじまります

オワコンは生コンポータルより材料を注文することもできますが、2022年中に、ホームセンター カインズ(関東圏)での材料+施工の販売を予定しております。
(販売時期が確定いたしましたら、正式に告知する予定です。)

新しいコンクリートであるため実物を目にする機会が少ないですが、カインズに足を運べば展示用のオワコンを確認することができます。

おそらく生コンクリートのホームセンター販売はオワコンが初めてなので、興味がある方はぜひカインズでご確認ください。

対応予定店舗

 群馬:前橋吉岡店資材館PRO、伊勢崎店
 埼玉:新座資材館PRO、鶴ヶ島店資材館PRO
 東京:町田多摩境店資材館PRO
 静岡:沼津店

※展示の確認は可能ですが、事前に展示されているか店舗へ直接ご確認ください。
※カインズでの取り扱いは「材料+施工」です。材料のみの購入はできません。

【お知らせ】

カインズでの公式リリースは5月中を予定しています。
4月現在、店舗にお越しになっても受付はできませんので、下記フォームから当社へご注文ください。

注文フォームはこちら

DIYやるから材料だけ欲しい

こちらから製造業者へ直接お問い合わせください。

インターネットの現代、ウェブやSNS(庭ファンなど)で比較的容易に情報を入手できます。

透水コン、オワコンに興味を持った施主は上記マップから直接施工者に相談してください。

直接交渉なので、余計な仲介手数料やバックマージンは心配ありません。

ポーラスコンクリート(透水コン、オワコンなど)とは?

(引用:https://www.kagurazakakaryo.com/shopdetail/000000000001/

ポーラスコンクリートとは簡単に言えば「おこし状のコンクリート」

砂利とか造粒物(骨材)が点でつながっているため隙間(空隙)がある。

水や空気はそこを通って地面下に浸透する。

だから、水たまりはできないし、コンクリだからぬかるんだりしない。

雑草の根が伸長する体積もないため雑草も生えてこない。

防草シート(プラスチック製品)と違ってコンクリだから耐久性抜群、効果は半永久的。

それが生コンポータルが手がけるポーラスコンクリート。

全国800以上の生コン工場と連携し各地にその価値は届けられている。

【施工者】やったことないから不安・・・どうやって仕入れる?

不安な施工者・DIYerのために随時説明会や見学会実施中

施工の不安を解消するオンライン説明会・現場見学会を随時実施中!

オンライン説明会は毎日17時半から開催しています。飛び入り参加も可能。

参加申し込み→カレンダー

さらに施工当日は現場相談員を無料で派遣、施工をサポート

実際の現場には無料で経験豊富な施工相談員が派遣される。詳細→現場相談員について

仕入れは普段付き合いのある業者から可能、または当サイト掲載業者からも

掲載されている材料や施工については、生コンポータルから施工・製造をレクチャー。今は取り扱いがない施工者・生コン工場でも取り扱いをし始めるケースも多い。または当サイト庭コンにて掲載しているマップから購入も可能。

【施工者】支払い方法は貴社条件で

生コンポータルでは初めての取引でもマネーフォワード決済を導入しているため通常仕入れと同じように買掛可能※。

マネーフォワード決済についてはこちら

※決済には全てウェブで完結の簡単な登録が必要。

決済登録はこちら

お施主さんには下記サービスもおすすめ。

手間をかけたくないなら全国対応庭コンも便利です!

提示された見積もりやプランはあとだしじゃんけんワークスで無料診断が受けられる。

LINEでの受付(宮本の個人アカウント)も行っている。

「雑草・ぬかるみ・水たまり対策、猫よけできればいいんだけど」

もしもそんなニーズならば、雑草・ぬかるみ・水たまり対策コンクリ「オワコン」は現在、材料30,000円、工事一式88,800円で販売中。

⚫︎参考記事:《快適な庭》「材料30,000円です。任せても工事一式88,800円です。防草シート+砕石(化粧、防犯)敷きを検討中なら!」雑草・ぬかるみ・水たまり対策

⚫︎参考記事:雑草・ぬかるみ・水たまり解消「オワコン一式 《88,800円》 今なら全国一律で請け負います!!」生コンポータル

⚫︎参考記事:【募集】「全国一律5,000円/m2で請け負う《実験用》駐車場タイプの造粒ポーラスコンクリート《オワコン》施工」

このように、今では透水コン(オワコン他)は土間コン同様容易に手に入るようになった。


宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

エクステリアプランナー(2級)

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

オワコン888キャンペーン
オワコン888キャンペーン
透水コン
マネーフォワード決済

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら