長岡生コンクリート
「撒いて踏むだけ」の簡単施工でDIYにも最適な、造粒ポーラスコンクリート「オワコン」。
オワコンは水を透すコンクリートなので、家周りの雑草・ぬかるみ・水たまり・猫の糞から解放されます。

2022/06/25

#JISを変えよう 「NEDOから認証を得た公式のCPコンクリート・プレゼン資料」RRCS

#JISを変えよう 「NEDOから認証を得た公式のCPコンクリート・プレゼン資料」RRCS

カーボンプールコンクリートって何? 僕もあんまし理解してないけど、ざっとこんなもんですって簡単な資料がRRCSからリリースされたの庭コン・生コンポータルでも紹介。生コン工場が多数を占める「絵に描いた餅じゃない」「地に足ついた」生コンクリート技術開発。



これがカーボンプールコンクリート

B25AF6B6-4A55-45A5-B046-3468A6CA4776.jpeg

B3A581FA-8CA4-40DE-8EF0-AD1B62D80064.jpeg

0DB4582A-B88E-4492-95B2-0A43F7C60665.jpeg

FB05461C-28A5-4E0A-BD30-E5B4FB57DA2A.jpeg

DBA7EB59-AC91-41C3-8A3B-1664D65E405B.jpeg

DB834C11-D170-4A38-AE33-7F1D20A8A161.jpeg

CPコンクリート共通プレゼン資料_初版_20220624.pdf



ブルー、グリーン、ホワイトカーボン

喜べ、生コン工場諸君。

生コン製造者が会員の多くを占めるRRCS(生コン・残コンソリューション技術研究会・野口貴文代表理事)が支えるカーボンプールコンクリート。

その旗印は「ホワイトカーボン」だ。

海洋生態系(ブルーカーボン)、大陸生態系(グリーンカーボン)、そして、人類の営みのアウトプット、コンクリート構造物(ホワイトカーボン)。

つまり、僕たちが日々製造して出荷しているコンクリートが生態系の中を循環する。

循環する過程でCO2は吸収固定化され、再びコンクリートとして還元される世界。

生コン工場にはこれまでとは全く異なる文脈の役割が付されることを意味する。

鳥肌立っちゃうよね。

野口先生ってすごいよね。

かっこいいよね。

みんなで支えようね、野口貴文先生を。

野口先生は現場・ラストワンマイルの味方だよ。

僕たち生コン工場がきちんと支えなければ、あらゆる技術開発が形骸化することをよくご存知。

「先生、生コン工場の集まりにぜひ参加してください」

とある会合の懇親会でいわゆる雲上人と目されていた野口貴文先生にワンチャンお声がけしたところ、「いつでも呼んでください」ってお答えだったので、文字通りお招きしたらきちんとお越しくださったり、その後もあれこれお力を貸してくださった。

有言実行。

社交辞令なんかじゃない。

野口貴文先生は本物だ。

担ぐべき神輿だ。

この時代がやってきたことを、生コン工場はいよいよ真価を発揮できることを喜ぼう。

石頭のJIS A 5308にがんじがらめにされたり、独占禁止法適応除外の圧力に屈することのない、ホワイトカーボン生態系の中で求められている役割を感じそのまま行動に移そう、変化しよう。

燕は誰かに教わって巣を作り子を育てるわけじゃない。

柿は誰かに指図されたから秋になったら赤く身を染めるのだろうか。

誰か(JIS A 5308)に指図されながら作る生コンはきっと生態系にはならない。

循環の中で、それぞれの自由意志によって生み出されるコンクリート。

#JISを変えよう

そんな時代が到来したことを喜ぼう。



生態系の1として僕がやりたいコンクリート

「大地を削らない、汚さない、蓋しない、循環するコンクリート」

コンクリートが水の次に流通する膨大な市場であることを教えてくれたのはMAPEIの上級研究員Giorgio Ferrari博士だ。

目が覚めたような思いだ。

家業が生コン工場だったから。

特別前向きな動機づけではなかった僕にとっての生コンのイメージが一気に晴れ渡ったような。

言葉にするとちょっとチープだけど、使命感とか天啓とか矜持というか、そんな感じだろうか。

そんなコンクリートで僕がやりたいこと。

まず、残コンstを契機として、RC30−0やスラグ骨材を含む、あらゆる副産物で製造された骨材を全量採用したコンクリートの製造。

船尾サンコン命名と聞いているが、「全骨材」つまり、ふるいにかけずにありのままの粒度分布でそのまま生コンを作る。

そのことで、生コン工場に負荷かけないコンクリート。

副産物や本来廃棄されるであろうさまざまを骨材として循環させる。

永遠にループは続く。

有機物の僕たちの思いや情熱は、無機物コンクリートに宿りホワイトカーボン生態系を永遠に循環する。

5E6B9EDA-B8B1-4088-9062-6E7131FEFEAE.jpeg

また、身近な廃棄物として残コンを洗った際に発生している生コンスラッジを粉末化させたものを(CO2を吸収固定させてもいいだろう)混和材として生コンにふんだんに配合する。

CCU(Carbon Capturing & Utilization)と呼ばれる各種技術群をミックスしてもいいだろう。

こちらも、循環する。

循環する過程でホワイトカーボン生態系を形成する。

その要衝として、生コン工場に新しい役割が付される。

これまで、破壊し新たに創造するとされてきた環境負荷の申し子生コンが、持続可能な循環を生み出すハブとして再定義される。

「大地を削らない、汚さない、蓋しない、循環するコンクリート」

0936AA83-C751-4974-925D-FD93AD139BFB.jpeg

そんな生コンクリート(カーボンプール)を造立させることでポーラスコンクリートとして舗装に適用することが期待されている(造粒ポーラスコンクリート、オワコン・granZ concreteほか)。

そんなカーボンプールコンクリートが技術者や研究者に玩具に堕するのではなくきちんと生コン製造者らの強力により実装される。

売れる。

求められる。

永遠にループするホワイトカーボン。


共に喜ぼう。

新たな時代の到来。

#JISを変えよう

頭でっかちの規格なんか変えちまうかあるいは置き去りにしちまえ。

生態系に教科書なんかいらねえ。

放っとけ俺の人生だ、ってやつだ。

「NEDOから認証を得た公式のCPコンクリート・プレゼン資料」

僕なりの解釈。



宮本充也

 2022年中にカインズでオワコンの取り扱いがはじまります

オワコンは生コンポータルより材料を注文することもできますが、2022年中に、ホームセンター カインズ(関東圏)での材料+施工の販売を予定しております。
(販売時期が確定いたしましたら、正式に告知する予定です。)

新しいコンクリートであるため実物を目にする機会が少ないですが、カインズに足を運べば展示用のオワコンを確認することができます。

おそらく生コンクリートのホームセンター販売はオワコンが初めてなので、興味がある方はぜひカインズでご確認ください。

対応予定店舗

 群馬:前橋吉岡店資材館PRO、伊勢崎店
 埼玉:新座資材館PRO、鶴ヶ島店資材館PRO
 東京:町田多摩境店資材館PRO
 静岡:沼津店

※展示の確認は可能ですが、事前に展示されているか店舗へ直接ご確認ください。
※カインズでの取り扱いは「材料+施工」です。材料のみの購入はできません。

【お知らせ】

カインズでの公式リリースは2022年中を予定しています。
現在、店舗にお越しになっても受付はできませんので、下記フォームから当社へご注文ください。

注文フォームはこちら

DIYやるから材料だけ欲しい

こちらから製造業者へ直接お問い合わせください。

インターネットの現代、ウェブやSNS(庭ファンなど)で比較的容易に情報を入手できます。

透水コン、オワコンに興味を持った施主は上記マップから直接施工者に相談してください。

直接交渉なので、余計な仲介手数料やバックマージンは心配ありません。

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生
(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

エクステリアプランナー(2級)

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

オワコン888キャンペーン
オワコン888キャンペーン
オワコン無料キャンペーン

オワコン施工実績のある
都道府県一覧

都道府県名をクリックするとその地域の実績記事一覧が開きます


北海道・東北

関東

中部

近畿

中国・四国

九州・沖縄
透水コン
マネーフォワード決済

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート