長岡生コンクリート
ポータルサイト生コンでは随時生コンに関連する情報を生コンブログに載せて発信いたします。
その他、運営会社長岡生コンクリートからのお知らせなど、生コンブログをよろしくお願いします!

2020/10/28

【成立するか否かが、JISか否か】

【成立するか否かが、JISか否か】

(前回からのつづき)
配合計画書の依頼に、<21-5-25 BB>という表記。
実は、スランプ5cm・骨材25㎜というものが、JIS製品にはない。


JIS規格の中で、<スランプ5cm>というものは、
<骨材の最大寸法40㎜>の配合にしか存在しない。


それは何故なのかというと、
大きな要因として、「その状態が成立しにくいから」
(と、聞いたことがある)

IMG_1463.jpg


同様に、JIS規格の中に、
<呼び強度 18・スランプ 21>というものも存在しない。


こちらも理由は同様に、「その状態が成立しにくいから」
これ、コンクリート技士試験でも、よく問われる質問である。


イメージを拡張する...。低い強度だと単位セメント量は少ない。
単位セメント量が少なくて、軟らかい生コンだと、材料分離しやすくなる。


よって、JIS規格の中には入っていない。
生コンプラントの人ならば、日常で目にする光景。


状態をイメージして記憶すると間違いも避けられます。
現場の方々の、イメージ化の一助になれば幸いです。


NR試験室 二見

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら