長岡生コンクリート
ドライテックは高い透水性を持ちながら
表面強度・曲げ強度に優れたポーラス構造の高強度コンクリート

2022/01/08

【奈良】「やった事もないし、コストが高くなる。」あとだしじゃんけんワークス

【奈良】「やった事もないし、コストが高くなる。」あとだしじゃんけんワークス

奈良県奈良市に新築する家の駐車スペースにドライテックを使いたいと考えたのですが、近くの外構業者からは「やった事もないし、コストが高くなる。」との事でした。奈良市近辺で優良施工業者を紹介して頂きたく、宜しくお願い致します。外構工事は年末位で、200平米位を考えております。(あとだしじゃんけんワークスに寄せられた相談)



本当?!「やったこともないし、コストが高くなる」

501D0D5F-93C9-4228-A3BC-4E9282002A62.jpeg

奈良奈良新築するの駐車スペースドライテックを使いたいと考えたのですが、近くの外構業者からは「やった事もないし、コストが高くなる。」との事でした。奈良近辺で優良施工業者を紹介して頂きたく、宜しくお願い致します。外構工事は年末位で、200平米位を考えております。

(あとだしじゃんけんワークスに寄せられた相談)

0808927B-412C-4570-8ED8-CE3AB8EAD616.png



結論:全ては需要と供給のバランスで決まるお値段

専門的なエクステリア・外構工事でも庭ファンなどインターネットメディアが充実しており比較的容易に情報を得ることができる。

透水性コンクリート(ドライテック、オワコン)に興味を持った消費者は気軽に上記マップに掲載されている施工者に相談できる。

全国対応エクスショップ(エクステリアネット販売日本一)やお庭づくりは0円マッチング庭コンも便利だ。

かき集められた見積書を眺めていて消費者は思う。

「果たして、この見積額は妥当なのだろうか?」

限られた予算、時間、情報を頼りに、一生に一度になりかねない庭づくりを決めねばならない。

その精神的ストレスを解消するコンテンツがあとだしじゃんけんワークスとなる。

この僕生コン22年目のあとじゃん先生こと宮本充也が寄せられた見積書を添削して消費者に安心を届ける。

また、実際の工事には無料の現場相談員が派遣される。

現代は安心を前提に庭づくりを楽しむことができるようになっている。

それでは以下にあとじゃん先生の見解を診断として示したい。


①ドライテック打設160m2/2,839,200円は果たして妥当なのか、それとも高すぎるのか。

昨年後半にローンチしたまだまだ若いコンテンツあとだしじゃんけんワークスだが当初から物議を醸した。

不当なダンピングを巻き起こすのではないか。

職権濫用なのではないか。

メーカーが小売価格に嘴を挟むのはいかがなものか。

当方にもあれこれ主義主張があるにはあったが、指摘の中には確かなものもあった。

だから、対話や指摘と言ったようなフィードバックがなければ、サービスやプロダクトは進化しない。

つくづくいい勉強になったと今では振り返っている。

閑話休題。

160m2の面積で2,839,200円なわけだから、単価にすると、17,745円/m2となる。

これまでの相場観(僕が17年透水性コンクリート事業を継続してきて醸成されている主観)からすると確かに高い。

ただ、エリアによってや、特殊な現場条件があるので、明言は避けたい。

僕たちにできることは、奈良エリアでドライテックの施工経験豊富な業者さんをご紹介することだけだ。

例えば、宮崎組さんなんてとても施工経験豊富で、ご当地の値頃感・相場観をよくご存知かもしれない。

⚫︎参考記事: 【奈良】「最寄りの頼れる施工店を簡単に探し出せる方法」久保田建材店・宮崎組

また、Namakon検索では県名などキーワード検索することで、ご当地の施工実績のある施工者を一覧することもできる。

無論、当方からもご当地のパートナーに本件を照会し、現地対応を依頼するつもりだ。



いまいちパッとしない診断というか見解のように思われるかもしれないが、僕は学んだのだ。

そして、こちらもいまいち試聴回数が伸びていない「あとだしじゃんけんワークス」のYouTube動画だが、ここでは詳しく僕の本コンテンツに寄せる真意を語らせてもらっている。

やれやれ、全然試聴回数が伸びていないけれど。

「宮本、ひよったな」くらいに思われていたら癪だが。

僕は決してひよったりはしません。

常に信条にぶれず行動に移していくつもりだ。

ただ、蒙昧で意固地、誰の意見にも耳を貸さない、というような気はさらさらない。

何卒多くのフィードバックを与えてもらえってさらにコンテンツを磨き込みよってもって社会全体に貢献していきたい。

最後に今回の結論だが、「やったこともないし、コストが高くなる」というのはありません

何せ、DIYで一般人が施工に取り組むくらいのプロダクトなのだ。

毎日17:30〜開催されているオンライン説明会(https://us02web.zoom.us/j/8980838870)ではその辺を毎日(今日も)詳しく僕から説明している。

それに、現場見学会だってオンラインで随時受付中だ。

「やったこともないし、コストが高くなる」は断じてない。

怠慢な施工者の逃げ口上でしかない。

それだけははっきりさせておきたい。

それを証明しうるのは究極需要と供給のバランスでしかないのだけれど。

ご紹介させていただく施工者からの提示金額とすり合わせてみてご判断されたし。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

水勾配がいらない土間コン「ドライテック」については
こちらをご覧ください。

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら