ドライテックはホームセンターでも買える?透水性コンクリーの入手方法を紹介!

更新日:2021年 09月 27日

ドライテックはホームセンターでも買える?透水性コンクリーの入手方法を紹介!

透水性コンクリート ドライテックの知名度が広がると共に、ドライテックでDIYをやりたいという方の声が増えてきました。

その中でも、

「ドライテックをDIYしたいけど、どこで買うことができますか?」

「ドライテックってホームセンターでも売ってる?」

というご質問やご相談を頂きます。

DIYを行うのであれば、サクッとドライテックが入手できるホームセンターを利用したいと考える人も多いはずです。

そこで今回は、ドライテックがホームセンターで買うことができるのかを紹介します。

実際、ドライテックは生コン工場だけではなく一部ホームセンターでも入手することが可能です。



透水性コンクリート ドライテックの2つの入手方法

3B6DCC83-4203-4553-92B5-58420903E055.jpeg


ドライテックには、大きく分けて2つの入手方法があります。

・施工業者もしくは生コン工場から購入

・一部ホームセンターでの購入

 

ドライテックの一番一般的な入手方法としては、施工業者もしくは生コン工場からの購入となります。

近くの施工業者や生コン工場を知らないという場合でも、施工業者マップからお近くの施工業者を探してドライテックの購入を申込むことができます。(施工業者マップは記事下部に掲載)

そして、以前までドライテックはホームセンターでは取り扱われていませんでしたが、最近ではカインズ(CAINZ)の一部店舗にてドライテックの店頭販売がはじまりました。

そのため、お近くのカインズにてドライテックの取扱いがあれば、ドライテックをホームセンターで購入することが可能です。

インスタントセメントなどのような袋販売ではなく、トラックミキサーでの配送となります。

ちなみに、全国のカインズにてドライテックは取り扱われているわけではありませんので、一度お近くのカインズにてご確認下さい。

 

⇒カインズ新座店での実験販売スタート




透水性コンクリート ドライテックはどこで買うのがおすすめ?

ドライテックの入手方法について、施工業者からの購入とホームセンターでの購入があると紹介しました。

もし、ドライテックのDIYがはじめての場合や、DIY自体が初心者という方なら、お近くの施工業者からドライテックを購入するのがおすすめです。

初心者さんの場合、ドライテックを施工する箇所の面積に対してどれだけのドライテックが必要なのかわからなかったり、ドライテックの初施工に不安が残る場合があります。

そういった、わからない不安を抱えてしまう際、施工業者(プロ)に相談をしながらドライテックを発注することができます。

そして、庭コンではドライテックDIYがはじめての方向けに、施工指導員の派遣も行っております。

現場での施工を見学会とすることによって、無料で指導員を派遣させて頂きます。

基本的には施工指導員は全国への派遣を行っておりますが、一部派遣できなりエリアもあります。

そのため施工業者マップで、お近くに施工業者が見つからない場合などには、一度庭コンへお問い合わせください。

ちなみに、お近くの施工業者については、下記のマップから調べることができます。

 

もちろん、DIY経験が豊富で施工に問題が無く、お近くにドライテックを取扱うホームセンター(カインズ)がある場合には、そちらでの購入でも問題ありません。

現在はカインズのみの取扱いとなりますが、ドライテックをさらに身近なものとして入手しやすいように、多岐にわたる販路拡大を目指しております。

 



透水性コンクリート ドライテックの特徴とDIY施工方法

【静岡】「排水スリット(水切り)や砕石敷きなど《段差》のない土間コンで安心歩行」石原工務店

 

ドライテックには、通常の土間コンクリートよりも優れる特徴がいくつかあります。

 

・透水性が高いため、水はけが良く水たまりができない

・施工が簡素化されており敷設→均し→転圧で施工可能

・内部に無数の隙間があるため保水性が高く夏でも涼しく裸足で歩ける

・無機質のコンクリートなので耐久性や強度が高い

 

ドライテックの内部には無数の隙間があるため、雨が降ったとしても表面に留まることなく透水させることができます。

そのため、通常の土間コンクリートで必要となる水勾配が必要なく、真っ平らに施工をすることができます。

施工が簡素化されており、短時間で完了させることができるため、初心者でもDIY施工が可能です。

通常の土間コンクリートだと、配筋を組んだり仕上げにプロの技術が必要など、初心者には敷居が高すぎます。

その施工の簡単さから、ドライテックはDIYできるコンクリートとして注目を集めています。

 

ドライテックのDIY施工方法は、運ばれてきたドライテックを敷設し、平らに均し、仕上げに転圧プレートで転圧を掛けるだけです。

転圧プレートを除く道具は全てホームセンターで用意することができ、転圧プレートも機材屋さんでレンタルすることが可能です。

もちろん、どうしても初めてのDIYで不安という場合には、指導員の派遣もご検討下さい。

プロの指導によって確実にドライテックを施工することができます。

ちなみに、詳しいドライテックのDIY施工方法については下記記事か下記動画をご参考下さい。

 

⇒透水性コンクリート ドライテックのDIY施工マニュアル【透水宣言】

 



 

透水性コンクリート ドライテックは庭コンから

 今回紹介をした「透水性コンクリート'ドライテック'」を取扱っている庭コンでは、施工業者とお施主様を直接お繋ぎするサービスを提供しております。

厳しい審査を通過した施工業者が庭コンには登録しており、お施主様が直接お近くの施工業者を探し出してご相談頂けます。

  

こちらのサービスでは、中間マージンや紹介料、登録料、広告料をいただくことはないのでご安心ください。

機能的なお庭や外壁、内装を、適正価格でご提供しています。 

施工業者から直接透水性コンクリート'ドライテック'を購入することもできますので、DIYに興味がある方も一度お近くの施工業者にご相談下さい。

⇒ドライテックに興味がある方はコチラ