DIY施工で人気の「真砂土(まさ土)」はアリなのか?生コン専門家の見解

更新日:2021年 02月 26日

DIY施工で人気の「真砂土(まさ土)」はアリなのか?生コン専門家の見解

 

真砂土舗装の材料はホームセンターで気軽に購入でき、しかもパッケージには簡単施工でめちゃくちゃ上部!水を通す!という謳い文句があります。

 

それらを本当にそのとおりなのかを生コン専門家の宮本氏(長岡生コンクリート)がばっちり解説しています。

 

ドライテックと真砂土舗装

 

 

00:00​ オープニング

00:17​ 講師:宮本による挨拶

00:35​ 趣旨説明<エクステリアでDIYといえば「真砂土」が浮かんでくる人も多いのではないでしょうか>

01:00​ 真砂土舗装の特徴

02:02​ 真砂土舗装の落とし穴(DIY)

04:32​ ドライテックのDIY

06:17​ 環境性能

08:30​ 質問)そうはいっても、真砂土は"土"だから身体によいのでは?

10:29​ 反省と次回予告!

 

思ってたのと違うじゃん!となる真砂土舗装

 

使用例に「駐車場」が記載されているが・・・

 

パッケージや使用例に駐車場に使われる真砂土舗装が記載していたら、駐車場にも使えると思いますよね。これは半分正解で半分不正解です。

 

どのくらいの強度をもっているかの記載として、強度性能21N/mm2がうたわれており、この数字は前提として

 

【ミキサーを利用した場合の強度です】とあります。

 

真砂土をホームセンターで購入し、自宅の庭に使う方の多くはミキサーなんて、持ってません。ミキサーを利用して真砂土を練った場合に出る強度はあてにならないのです。

 

そして、真砂土のメリットである「地面に敷き均して水をまくだけ」という施工方法ではもちろん、この数字通りの強度は出ないんです。

 

 

水をまく方法で施工された真砂土はボロボロになり、苔と雑草が繁茂してしまっています。



 

こちらは公共の通路に施工された真砂土舗装です。

繰り返し歩行のちからが加わったことにより凹みが発生、そこに水が溜まっています。

歩くための道とかいて歩道がこの水たまり状態では歩道として成立しないのではないでしょうか。

 

真砂土はクッション性が良い・・・?

 

真砂土舗装は天然の土由来の材料で、クッション性が良いと考えられていますが、数字上それはありえないことです。

 

前述の通り、21N/mm2という強度をもっているとしたら、それは一般的なコンクリートの駐車場と同じ強さです。

コンクリートにクッション性はあるでしょうか。

 

ミキサーを使って練った場合に21N/mm2であって、そうでない場合はクッション性があるのではないか?という考えもありますが、それも違います。

 

真砂土を敷き均して水をかけた状態であっても、水がかかった一部は同等の強度をもちます。ボロボロになってしまうのはすべてが均一につながっていないためで、仮にクッション性を感じるとしたらそこは「もろい」部分というだけです。

 

天然由来の材料だから真砂土は健康にも良い・・・?

 

コンクリートもすべて天然由来の材料で構成されています。真砂土はもちろん天然由来の材料ですから健康に対して悪影響を及ぼすことは少ないでしょう。ですがそれはコンクリートも同じです。家周りを構成するほとんどの材料は天然素材で構成されています。



ここまで真砂土舗装の悪口を書き連ねてしまいましたが、決して悪い材料ではありません。使い方や使う場所、お庭のコンセプトに合うなど、採用すること自体を否定しません。

 

ただし、固くて丈夫で水を通す材料、しかもDIYで簡単施工!という材料ではないということは言えると思います。



水を通すドライテックの様子

固くて丈夫で水を通す材料、DIYがっつり気合いれて施工!という材料だったらドライテックです。



透水性コンクリート'ドライテック'の入手方法

施工業者による見積もり・施工



透水性コンクリートは庭コンに登録されている外構業者さんによる施工が可能で、施工業者マップ・リストをご覧になって直接工事業者に問合せすることができます。

その際、工事費用のマージンや広告費など、余計な費用は 庭コンではいっさいいただきません。

お近くの施工業者を探せるマップ・リストはこちら

https://www.nr-mix.co.jp/niwakon/subcontractor_list.html

DIYによる施工



2022年中にカインズでオワコンの取り扱いがはじまります

オワコンは生コンポータルより材料を注文することもできますが、2022年中にホームセンター カインズ(関東圏)での材料+施工販売を予定しております。
(販売時期が確定いたしましたら、正式に告知する予定です。)

新しいコンクリートであるため実物を目にする機会が少ないですが、カインズに足を運べば展示用のオワコンを確認することができます。

おそらく生コンクリートのホームセンター販売はオワコンが初めてなので、興味がある方はぜひカインズでご確認ください。

対応予定店舗

 群馬:前橋吉岡店資材館PRO、伊勢崎店
 埼玉:新座資材館PRO、鶴ヶ島店資材館PRO
 東京:町田多摩境店資材館PRO
 静岡:沼津店

※展示の確認は可能ですが、事前に展示されているか店舗へ直接ご確認ください。
※カインズホームでの取り扱いは「材料+施工」です。材料のみの購入はできません。

【お知らせ】

カインズホームでの公式リリースは2022年中を予定しています。
現在、店舗にお越しになっても受付はできませんので、下記フォームから当社へご注文ください。

注文フォームはこちら

【DIY】オワコンの材料だけ欲しい

下記マップよりお近くの製造業者を検索し、直接お問い合わせ下さい。

透水コン、オワコンに興味がある場合も上記マップから直接相談することができます。

直接交渉となるため、余計な仲介手数料などは発生しません。

それと、DIY未経験でもオワコンDIYにチャレンジしてみたという場合には、現場相談員の無料派遣も行っております。

プロから直接施工指導を受けながらDIYができるので、安心してチャレンジできます。

→現場相談員についてはこちら

【施主向け】見積もりやプランの診断を行います

お庭や駐車場などの家周りの工事で提示された見積もりやプラン、本当に適正価格でしょうか?

お手持ちの見積もりをプロがあとだしじゃんけんワークスで無料で診断します。

LINEでの受付(宮本の個人アカウント)も行っている。

少しでも見積もりが高いと感じた場合や適正価格が全く分からないという場合には、お気軽にご利用ください。