長岡生コンクリート
ポータルサイト生コンでは随時生コンに関連する情報を生コンブログに載せて発信いたします。
その他、運営会社長岡生コンクリートからのお知らせなど、生コンブログをよろしくお願いします!

2020/08/04

【<固い固い>と言うけれど・ポンプ圧送-3】

【<固い固い>と言うけれど・ポンプ圧送-3】

地上4Fスラブの大量打設。
ポンプオペが、声を張る!


4Fに上がってみてビックリ!
地上15m打ち上げた先端で、さらに50mの水平圧送。


そりゃあ、スランプもロスすることでしょう。
ところが、筒先へ行ってみて、さらに驚いた...


↓ここまでの話は以下。

http://www.nr-mix.co.jp/topics/-1.html

http://www.nr-mix.co.jp/topics/-2_2.html


筒の先端では、ポンプオペ率いるポンプ手元が4人。
なんと筒先の配管から、さらにフレキ管を2本つないでいる⁉


3m+7mで、計10mのフレキ管。
そりゃあ、4人もいないと、振り回せないことでしょう。


通常フレキ管は、
圧送時の水平換算距離を、20m/1本として計算される。


「固て~...、固て~よ!
 もっと軟めで出してくれないと、詰まっちまうよ~!」


ポンプオペに対して、応える言葉。
「そりゃ、そうですよねぇ、これだけつないでたら」


「プラントにも、現状を伝えておきますよ」
そうとしか、言いようがない...


「ただ、ここまで長距離圧送するのならば、
 配合計画から見直した方がいいかも知れませんよ」


「それはぁ、俺の仕事じゃねぇ!」
現場監督に聞こえるようにか、ポンプオペはさらに声を張った。


(ま、そりゃそうだわな...)
そうして、いつも通りの打設光景が繰り広げられるのであった。

IMG_1131.jpg


昨日も今日も、プラントは生コンを出荷し、
ポンプは生コンを圧し、試験室はスランプを抜く。


トラブルは、原因究明をしてからの対処が効果的。
え、手の出せないところに原因があった場合?


それはまた、別のお話。
自分の影響の範囲内で、最善を尽くします。


NR試験室 二見

宮本 充也

主な著者生コンポータル 主宰
長岡生コンクリート 代表取締役 宮本充也

宮本充也のFacebook

1級建築施工管理技士/1級土木施工管理技士/コンクリート診断士/コンクリート主任技士

「生コンてなんて悪いことだらけなんだろう!」
僕が家業の生コンに入職した時に感じたこと。
朝は早いし、休みは少ないし、残業(残コンのせいで)もあるし。
建設業界の底辺に位置する産業 [ 続きを読む ]

このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら