長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

「いつでも見学受付中!」残コンステーション、ソリューション開発

  1. 建設現場における残コン対策:先行モルタル代替ページにリンクするボタン
  2. 建設現場における残コン対策:ホッパ内外の残コンページにリンクするボタン
  3. 生コン工場における残コン対策:残コン・残水・洗浄水ページにリンクするボタン

2021/12/31

「2021残コンソリューション(Re-con ZERO他)書き納め」

「2021残コンソリューション(Re-con ZERO他)書き納め」

当社としては先の書き納め透水性コンクリート事業よりも歴史が古い残コンソリューション事業について大晦日に1年間を振り返りたい。それぞれ別の軸として考えられていたポーラスコンクリートと残コン再生は交わり一つとなり二次関数の成長軌道を描き始める。



装填完了2021

⚫︎参考記事: 「老舗《ヤブハラ》が参戦?!いよいよ温まる残コン市場の役者が揃う」PUMP MAN・残コンキラー

月刊残コンを振り返ることで今年一年の当社における残コン再生事業を総括したい。

まずは、何よりも、本格的なRRCSの活動により「残コン」の認知が大きく前進した1年と振り返ることができる。

アカデミアや関連省庁が認知し始めたことにより、ゼネコンをはじめとした業界関連企業全てが嫌でも残コンを認知せざるを得なくなった。

「市場(いちば)がなければ、漁業や仲買、問屋や消費者は互いに結びつかない。結果としてサンマやアジは食卓に届かない」

このことは残コンソリューションにも言える。

いくら辺境で生コン工場が「残コンは業界全体にとって直視すべき問題なのです!さあ!取り組みましょう!!」と気を吐いても誰もそれには耳を貸さない。

透水性コンクリート事業よりも歴史の古い当社の活動が果たして産業の常識を変えることができていないことがその証拠だ。

一方、社団法人でありトップアカデミア東京大学野口貴文教授が代表理事を務めるRRCSは公益性の高い団体だ。

「知られていないことは存在していないのと同じこと」

まず、残コンソリューションというプロダクト(いちばにおけるサンマやアジ)が生コン工場や建設現場に届く(いちばにおける食卓)ためには市場を整備しなければならない。

「残コン」という市場を開くためにまず大切なことは、「認知」。

知られていないものは存在していないようなものであって問題や機会として取り上げようにも取り上げられない。

その認知・情報発信が2021年には大きく前進することになった。

ESGやSDGsなど社会のトレンドが「知られざる副産物」残コンの認知を加速させたとも言える。

いよいよ残コンにも市場のようなものがまだまだ輪郭はおぼつかないが立ち現れようとしている。

市場=フィールドが生まれと登場するのが具体的なプロダクトとしての残コンソリューションや担い手(プレイヤー)の存在だ。

当社らがもとより取り組んでいたRe-con ZEROシリーズやセルドロンはNETISに登録されるなど具体的な成果が上がる。

市場が生まれようとすれば当然プロダクト開発も促進され多くの協働が当社にも生まれた。

もとより協業していた白石建設、陽光物産、そして圧送業の有名人小澤さんが経営しているPUMP MANとのオープンイノベーションが加速。

参考記事に詳らかだが、エコスルプラスや残コンキラーなど、本格的に残コン問題を解消しうるプロダクト群の誕生。

いちばにとっての小売店の位置付けとなる建材卸・商社(ヤブハラなど)等流通ファクターも続々と流入し始める。

2001年4月に個人的に大変衝撃的だった残コンとの出会いはそのまま根強い課題意識として僕の脳裏に刻まれ、2021年今年は業界全体を巻き込んだ大きなうねりに発展している。

僕のようにラストワンマイルにあって残コンという不条理に喘いでいた全ての人たちの集合的意識が創発を生み出し「残コン」をテーマとした市場を構築することになったのが今年2021年だ。


一方、傍流で実に印象的な出来事が今年起きていた。

別事業で16年の歴史を数える当社ポーラスコンクリート(透水性コンクリート)と残コン再生が軸を一つにしたことだ。

もともと当社のコーポレート・コミットメントは、「大地を削らない、汚さない、蓋しない、循環するコンクリート」だが、その具体的な実践としてそれぞれポーラスコンクリート、そして残コン再生は位置付けられていた。

そして、それらは、別々に分けて考えられていた。

その分断に統合が生まれた。

今年8月下旬の着想から急激に社会実装が進んでいるモンスタープロダクト「オワコン」(造粒ポーラスコンクリート)の誕生。

灯台下暗し、あるいは瓢箪から駒、あまりにも衝撃的な出来事でそれを喩える術はないが、あまりに身近だった残コンソリューションの造粒技術がある日全く別の像として僕の目に結ぶことになった。

「造粒された残コン」としてではなく、「ポーラスコンクリート」として像を結んだ。

01F863A8-7C61-4047-8DBE-808B819B9D5B.jpeg

転圧コンクリート舗装の要領で施工され完成した造粒ポーラスコンクリート。

176008A7-EAFF-4B87-8F95-81D6347318FE.jpeg

(出典:https://corobuzz.com/archives/117500

アヒルと信じて疑われていなかったその絵はある時ウサギに変化する。

僕は、残コンソリューションやポーラスコンクリートという事業を通じて同様の体験をすることとなった。

それまで問題解決策・ソリューションとしか見えていなかった造粒技術Re-con ZERO EVO(アヒル)は、新たな可能性を開き飛び跳ねる機会・チャンス(ウサギ)として知覚された瞬間だった。

それまでお悩み解決の提案だったものが、ある日新しい市場を開くカギ(キーマテリアル)としてre-con ZEROが再定義されたのだった。

8月下旬に着想されたそのテクノロジーはたった4ヶ月で瞬く間に実装が広がった。

その経緯はこれまでのブログやYouTube動画に詳らかにされている。



2022年残コン引いては全ての建設副産物にとっての再生元年を迎えることになるだろう。

その抱負については明日元旦に2022年書初めとして表明したいと思う。

2021年はその飛躍のための装填が済んだと振り返ることができる。

引き続き問題解決策としていよいよ進化した残コンソリューションの拡大、そして傍流で突如誕生した新技術造粒ポーラスコンクリート「オワコン」の社会実装。

個人的には来年で22年目を迎える残コンソリューションの歩み。

敵とか味方とか、仲間か他人かとかではなく、これまで、そしてこれから歩みをご一緒する全ての人々に年の瀬に感謝の気持ちを抱いている。

都合が悪くなっていなくなる人も、面白そうだと近づいてくる人も、継続する人もそうでない人も。

そんな全ての人々との交流のアウトプットで多くの具体的な価値(プロダクト)が生まれてきた。

その大切なことを常に忘れず、これからも自分だけの貢献を念頭に歩んでいきたいと思います。

身近な全ての方々には今年一年大変お世話になりました。

どうぞ、たまにはゆっくりとくつろいで暖かく年の瀬をお過ごしください。

良いお年をお迎えくださいますよう。



宮本充也

 「オワコン」は有限会社長岡生コンクリートの登録商標です

オワコン商標登録

 2022年中にカインズでオワコンの取り扱いがはじまります

オワコンは生コンポータルより材料を注文することもできますが、2022年中に、ホームセンター カインズ(関東圏)での材料+施工の販売を予定しております。
(販売時期が確定いたしましたら、正式に告知する予定です。)

新しいコンクリートであるため実物を目にする機会が少ないですが、カインズに足を運べば展示用のオワコンを確認することができます。

おそらく生コンクリートのホームセンター販売はオワコンが初めてなので、興味がある方はぜひカインズでご確認ください。

対応予定店舗

 群馬:前橋吉岡店資材館PRO、伊勢崎店
 埼玉:新座資材館PRO、鶴ヶ島店資材館PRO
 東京:町田多摩境店資材館PRO
 静岡:沼津店

※展示の確認は可能ですが、事前に展示されているか店舗へ直接ご確認ください。
※カインズでの取り扱いは「材料+施工」です。材料のみの購入はできません。

【お知らせ】

カインズでの公式リリースは5月中を予定しています。
4月現在、店舗にお越しになっても受付はできませんので、下記フォームから当社へご注文ください。

注文フォームはこちら

DIYやるから材料だけ欲しい

こちらから製造業者へ直接お問い合わせください。

インターネットの現代、ウェブやSNS(庭ファンなど)で比較的容易に情報を入手できます。

透水コン、オワコンに興味を持った施主は上記マップから直接施工者に相談してください。

直接交渉なので、余計な仲介手数料やバックマージンは心配ありません。

ポーラスコンクリート(透水コン、オワコンなど)とは?

(引用:https://www.kagurazakakaryo.com/shopdetail/000000000001/

ポーラスコンクリートとは簡単に言えば「おこし状のコンクリート」

砂利とか造粒物(骨材)が点でつながっているため隙間(空隙)がある。

水や空気はそこを通って地面下に浸透する。

だから、水たまりはできないし、コンクリだからぬかるんだりしない。

雑草の根が伸長する体積もないため雑草も生えてこない。

防草シート(プラスチック製品)と違ってコンクリだから耐久性抜群、効果は半永久的。

それが生コンポータルが手がけるポーラスコンクリート。

全国800以上の生コン工場と連携し各地にその価値は届けられている。

【施工者】やったことないから不安・・・どうやって仕入れる?

不安な施工者・DIYerのために随時説明会や見学会実施中

施工の不安を解消するオンライン説明会・現場見学会を随時実施中!

オンライン説明会は毎日17時半から開催しています。飛び入り参加も可能。

参加申し込み→カレンダー

さらに施工当日は現場相談員を無料で派遣、施工をサポート

実際の現場には無料で経験豊富な施工相談員が派遣される。詳細→現場相談員について

仕入れは普段付き合いのある業者から可能、または当サイト掲載業者からも

掲載されている材料や施工については、生コンポータルから施工・製造をレクチャー。今は取り扱いがない施工者・生コン工場でも取り扱いをし始めるケースも多い。または当サイト庭コンにて掲載しているマップから購入も可能。

【施工者】支払い方法は貴社条件で

生コンポータルでは初めての取引でもマネーフォワード決済を導入しているため通常仕入れと同じように買掛可能※。

マネーフォワード決済についてはこちら

※決済には全てウェブで完結の簡単な登録が必要。

決済登録はこちら

お施主さんには下記サービスもおすすめ。

手間をかけたくないなら全国対応庭コンも便利です!

提示された見積もりやプランはあとだしじゃんけんワークスで無料診断が受けられる。

LINEでの受付(宮本の個人アカウント)も行っている。

「雑草・ぬかるみ・水たまり対策、猫よけできればいいんだけど」

もしもそんなニーズならば、雑草・ぬかるみ・水たまり対策コンクリ「オワコン」は現在、材料30,000円、工事一式88,800円で販売中。

⚫︎参考記事:《快適な庭》「材料30,000円です。任せても工事一式88,800円です。防草シート+砕石(化粧、防犯)敷きを検討中なら!」雑草・ぬかるみ・水たまり対策

⚫︎参考記事:雑草・ぬかるみ・水たまり解消「オワコン一式 《88,800円》 今なら全国一律で請け負います!!」生コンポータル

⚫︎参考記事:【募集】「全国一律5,000円/m2で請け負う《実験用》駐車場タイプの造粒ポーラスコンクリート《オワコン》施工」

このように、今では透水コン(オワコン他)は土間コン同様容易に手に入るようになった。


宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

エクステリアプランナー(2級)

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら