長岡生コンクリート

2023/04/18

【到着】「Mapecube GEOによるジオポリマー実機製造・出荷・実装見学会は2023/04/27に決定」

【到着】「Mapecube GEOによるジオポリマー実機製造・出荷・実装見学会は2023/04/27に決定」

待ちに待ったジオポリマー専用混和材Mapecube GEOが来日した。いよいよ来週27日は地球上で初めてとなる生コン工場で製造・出荷されるジオポリマーコンクリートの実装が見学会として公開される。



Mapecube GEO到着(2023/04/18)

7BB23EB1-82CC-4C3E-B3D0-FC1A356B03AA.jpeg

2週間前製造されたMapecube GEO初期ロット3000ℓのうち1000ℓがイタリアミラノから伊豆の国市に本日(2023/04/18)届いた。

<4DD340DC-3D1C-4801-AD1B-ADC1C83D2BAB.jpeg

Mapecube GEOとはMAPEI製造のジオポリマー用特殊混和剤。

関連記事:「ジオポリマー や AAMs セメントクリンカー の潜在性をブーストする全く新しい混和剤の誕生」MAPEI

 残コン女の子

本日(2023/04/18)は記念すべきLumber開店日ではありますが、「地球上で初めて生コン工場から出荷されるジオポリマー」を実現する混和剤Mapecube GEO初来日となりましたー。なんと、来週2023/04/27には地球上初の生コン工場で製造・出荷されるジオポリマーコンクリートが実装を迎えます。当日は見学会として公開しますので、ご希望される方は宮本さんのLINEまでDM待ってます。

最終調整ジオポリマー試験練り

244BB930-4EE6-4685-9319-89F5EDE5EAD9.jpeg

前々回(W/B:65.1%)、前回(W/B:55.1%)に次いで、今回は来週の製造・出荷・実装に備えた最終調整としてW/B:45.1%の試験練りを行った。骨材は100%RG骨材(残コンを粒状化させて得た骨材)、練り水も上澄水を採用。

19D49C4B-FB8F-4989-A01D-EB874A69894B.jpeg

目標スランプ18.0cmに対して、16.5cmが得られた。また、空気料は0.5%。試験練りを指揮した二見メンバーによればAE減水剤の量の調整が必要。

1週強度で比較すれば、W/B65.1で10.7N/mm2、 W/B55.1で13.3N/mm2と次第に増進しているから、来週に控えたジオポリマーコンクリート実機製造に期待が持てるよな。200mmの舗装版に適応されるってことだから、4週で21N/mm2も出れば安心だろ。間違いねーな。ちなみに、直前日に1週の強度がわかるから、そこで最終決断だ。

 残コン姐さん

来週2023/04/27はジオポリマー実装見学会


2023/04/26-27ジオポリマー実機製造・出荷・実装見学会のご案内
さて、来週水曜日、木曜日は本邦どころか地球上初のジオポリマーコンクリート実機製造・出荷・実装見学会を行います。ご存知、セメントを全く使わない混和剤以外は全て副産物(高炉スラグ微粉末、RG骨材、上澄水)で製造したコンクリートが生コン工場で製造・出荷・実装されるのは地球上初です。舗装コンクリートに適応を予定しています。おそらくこのありかたが今後のコンクリートのスタンダードとなるはずです。26日は室内試験練り祭からの前夜祭(@Lumber:伊豆の国市長岡925)、27日本番からの記念パーティー。奮ってご参加下さい。みんなに会うのが楽しみです。(宮本さんからメッセンジャーグループに寄せられた見学会ご案内)


 残コン女の子

お祭り野郎の宮本さんらしいご案内文です。。興味のある全ての方が対象となっていますので、奮ってご参加ご検討くださいー。

Mapecube GEOの欠点「高すぎる」


※Mapecube GEO暫定価格:
品代:1€(147円)/ℓ
物流コスト:25円/ℓ


ところで、Mapecube GEOの欠点が暫定価格が高えってことなんだ。宮本の推奨するように1m3あたり30ℓも配合しちまったら、30ℓ×172円=5,160円/m3になっちまうから、いくらエコフレンドリーとは言ってもとても採用できねーぜ。。
そのため、昨日の試験練りでは以下のような生コンクリートも並行して製造してみたぜ。

 残コン姐さん

高炉セメントC種に5ℓGEO

51203783-F5C8-4820-AC00-764F63489471.jpeg

結合材中に3割OPCを配合。

 残コン女の子

Mapecube GEOを6分の1にまで減じたので、GEOの原価は860円/m3となりましたー。仮に、OPC:15000円/t、高炉スラグ微粉末:10,000円/tとした場合、セメント130kg(=1,950円)高炉スラグ微粉末276kg(=2,760円)合計で4,710円/m3になるため、全量OPCだった場合(=5,925円)に比べて1,215円/ℓディスカウントできることになりますーー。GEOを差し引いても経済性は確保されてますねー。そして、RG骨材を使えばもっともっと、その原価圧縮額は大きくなるはずですー。

来週は歴史的事件に立ち会おう

残コンさん、残コン姐さん。歴史的瞬間になるであろうジオポリマー実機製造・出荷・実装見学会のご案内ありがとうございますっ。来週27日は1330〜Lumber(静岡県伊豆の国市長岡925 ※大きなお墓が目印)に集合だよ。Labで生コン車から降ろされたジオポリマーのフレッシュ正常をチェックしてから現場にGOだよ。人類はいよいよ毒性0、環境負荷0というコンクリート産業の到来の兆しを目撃することになるんだ。
今、Mapecube GEOの物流コストの圧縮を関係者らとあれこれ協議してて白石建設の武南さんの頭の中には何やら舞い降りてきたみたいだし、JIC森先生もついてることだし、配合をゴリゴリ最適化することで「生コンよりも安いジオポリマー」が普通に製造・出荷される時代ももうすぐそこまでやってきてるねっ。やっほー。
オワッコーン‼︎

 宮本

 残コン女の子

ぉ、おわ?
来週の見学会では生コンポータルのイメキャラ・職員一同皆さんのご来場を大歓迎いたしますー。
てめえら、つまらねえ仕事に追われてねえで伊豆半島を訪ねやがれっ。残コン‼︎ オワッコーン‼︎

 残コン姐さん



作者・宮本充也

宮本 充也

主な著者
宮本充也

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

日本農業検定(1級)/エクステリアプランナー(2級)

現在勉強中の資格:1級舗装施工管理技士(応用試験)