長岡生コンクリート

2023/04/12

【イワモル】「生コンスラッジや砕石スラッジ由来の骨材(SG骨材)を原材料とした流動化処理土」

【イワモル】「生コンスラッジや砕石スラッジ由来の骨材(SG骨材)を原材料とした流動化処理土」

前回紹介したスラッジ由来の骨材「SG骨材」(Sludge  Granulated 骨材)は「イワモル」の原材料となる。もはやRG骨材(Retuned-concrete Granulated 骨材)の用途はジオポリマーをはじめ無数に広がっている。さらなる技術開発はSG骨材に向かう。



流動化処理土とは

B68F40C3-151C-4195-BE8C-76CBB1D964EC.jpeg

3CF4D94F-EC1C-4B56-B9EF-7EE72446FF46.jpeg

C6FE1735-EC1E-4744-827C-0FC5E06F48B3.jpeg

富士市。流動化処理土夜間打設。製造:伊豆中央コンクリート.LLP、施工:渡正配管工業(10m3。下水ヒューム管埋め戻し。

 残コン女の子

今日は生コンポータルで長年の歴史を誇る「流れる埋戻し材」流動化処理土の打設現場と今後の可能性についてご紹介しますー。これまでも砕石粉(砕石スラッジ)を用いた流動化処理土(NRソイル)を出荷してきましたが、今度は生コンスラッジや砕石スラッジから細骨材を製造・利用して「イワモル」(流動化処理土)に適応しようと試みています。

スラッジから生成される細骨材

8CE3E7F8-D8AC-4631-8DCE-DDE79259B407.jpeg

5ABCE2A8-7CBF-4AEC-8E91-A1B870E43EFD.jpeg

SG(Sludge Granulated)骨材。https://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/post_576.html

流動化処理土でも「砂」を用いるんだ。前回blgで紹介したようなスラッジで作れる細骨材を用いれば原価にさらに圧かけることができるぜ。てか、スラッジは捨てるのに数十万かかるから、マイナス原価だな。

 残コン姐さん

イワモルなら全部スラッジ(生コン、砕石)

イワモルとは?

FCFBCDB7-3134-431F-BA65-7E6B5E26A5AB.jpeg

EB478332-66CA-42E6-BEDB-E7E31AC68653.jpeg

YNUらとの共同の末に生まれた「イワモル」(命名は細田暁教授)の原材料はRG細骨材(残コン由来の造粒骨材)。

 残コン女の子

RG(Returned-concrete Granulated)細骨材とセメント、水(上澄水)で流動化処理土ができたものを「イワモル」と命名して現在各地での製造・出荷が始まっています。ただし、一点問題があるとすれば、RG骨材の用途は非常に広く「流動化処理土の骨材にするのはもったいない」という指摘されてます。

SG細骨材ならもったいなくない

B465B2F1-BA38-4535-84D9-DD55E26714EC.jpeg

現在、砕石スラッジに石灰・高炉スラグ微粉末を掛け合わせて製造されているSG(Sludge  Granulated)細骨材。今後は、石灰の代替として生コンスラッジの使用を計画している。

RG(Returned-concrete Granulated)細骨材は今やジオポリマーや透水性コンクリートなどなどいくらでも利用可能な用途が生まれてるんだ。これまでクッション砂など用途が限定されてきたSG骨材ならイワモルにピッタリだぜ。

 残コン姐さん

SG細骨材でイワモルは本格始動

6BA0277A-124A-46DF-BB20-8CE2D6D01FC9.jpeg

ボイド管に打設され硬化したイワモル。要求される強度は「硬化後重機で掘削できる程度」であるため、細骨材に要求される強度も大きくない。

残コンさん、残コン姐さん。いつもPR活動ご苦労様でございます。
最近、「オワコン」や「オコシコン」の普及の様子を見ていても思うんだけど、一つのことをしつこくしつこく長年かけて伝え続けるって結構偉大だよね。1〜2ヶ月ではその価値は気づけないけど、5年10年と継続した暁に振り返ると大きい変化が生まれていることが理解されます。
「残コン」もまさに同様です。「残コンは問題だ!」という人はたくさんいるけれど、それを実際に解決、あるいは製品として循環させている例は希少だし、さらにはそれを支える工業規格はまだありません。
それでも、RRCSらの努力の甲斐もあって、RG骨材はJIS規格化への道のりを歩み始めてます。
悲観するのも楽観するのも当事者次第。常に「自分ごと」として周りの問題やリスクをきちんと捉えてこれからも具体的な実践を心がけたいと思います。
オワッコーン‼︎

 宮本

 残コン女の子

ぉ、おわ?
残コンも、減容されたスラッジも、すべて製品に還元される兆しが見えてます。この兆しをきちんと具体的な形にするためにも。誰もが参加しうるオープンイノベーションが求められます。
残コン‼︎ オワッコーン‼︎

 残コン姐さん



作者・宮本充也

宮本 充也

主な著者
宮本充也

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

日本農業検定(1級)/エクステリアプランナー(2級)

現在勉強中の資格:1級舗装施工管理技士(応用試験)