長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

「いつでも見学受付中!」残コンステーション、ソリューション開発

  1. 建設現場における残コン対策:先行モルタル代替ページにリンクするボタン
  2. 建設現場における残コン対策:ホッパ内外の残コンページにリンクするボタン
  3. 生コン工場における残コン対策:残コン・残水・洗浄水ページにリンクするボタン

2021/08/31

【静岡】「永遠にループする《終わらないコンクリート》 "オワコン" 発動」

【静岡】「永遠にループする《終わらないコンクリート》

脱炭素・再生資源100%夢の透水・保水コンクリート "オワコン" 試験製造・施工がいよいよ昨日(2021/08/30)生コンポータルで行われた。すでにオワコン施工現場は4件ほど予定されている。エクステリアシーンを爆心地として破壊的な普及が始まる。永遠にループする「終わらないコンクリート "オワコン" 発動」



終わらないコンクリート "オワコン" 発動

3994782A-3269-4A9E-8079-E1F14A04E5BD.jpeg

FF2D0445-09E6-4A75-93B7-8CDDF7887B76.jpeg

こちらが、オワコン(材料)だ。

作り方は簡単。

再生骨材(残コン由来など)を100%用いた生コン(あるいは、その工場で最も貧配合の原価が安い生コン)を製造し生コン車に投入するタイミングでY弾(陽光物産製造、高分子・急結材・フィラー)を添加し3分攪拌。

以上。

すると、写真のように造粒され、これがそのままポーラスコンクリートとなる。

いよいよ施工開始だ。

327517DE-52CA-48AC-9763-91E60E0DD8C8.jpeg

施工方法はドライテックと全く一緒。

つまり、転圧コンクリート舗装の施工要領となる。

生コン業界の古い人なら「ああ、RCCPと一緒だ」と理解するかもしれない。


RCCPとは、超硬練りコンクリートをアスファルト舗装と同じように、高締固め型スクリードを持つアスファルトフィニシャで敷き均し、振動ローラ、タイヤローラにより締固めて仕上げる大変施工性の良いコンクリート舗装です。(ガイアートT.K.より引用)


オワコンも超かた練りコンクリート、っていうか、スランプ0cm。

人力施工がメインとなるため、アスファルトフィニッシャは用いない。

よって、振動ローラやタイヤローラではなく、プレートで締め固めて仕上げる。

「大変施工生の良い」と謳われているようだが、これはまさしく道路会社の発想であり、アスファルトの施工と酷似していることを持って「大変施工生の良いコンクリート」となっている。

そして、事実、土間コンのように多重プロセスの工法に比べれば大変に施工性は改善されている。

E1971AE0-4F63-4BD7-ACA2-92073AC37137.jpeg

12CD49FC-728F-42CF-98D6-4279331CE4B4.jpeg

レーキ壊れてるし。

長靴じゃなくてスニーカーで施工してるし。

ここからも、その「大変施工性の良い」が理解されることだろう笑。

ドライテックと全く同じ、敷設された材料をレーキなどで平らに均し、まずは端部、そして全体をプレートで転圧すれば以上終わり。

BD333461-DCE8-4E8D-A8D9-6D207A468498.jpeg

29575B39-D851-4EE1-BB78-0F57844C3463.jpeg

オワコン、終わった。

本日(2021/08/31)も昨日に引き続き試験施工で適正な単位水量の把握を行う予定だ。

水分量が多すぎる場合プレートによる振動でブリーディングが浮いてきてしまい一部目つぶれを起こしてしまう。

なお、透水の模様は明日のブログで紹介予定だが、「白い固まる砂」みたいなテクスチャになることが想定されている。

車の乗り入れも可能だし、例えば犬走やサービスヤードみたいな空間だったら30mmで仕上げることで平方メートル単価が600円(20,000円/m3)と破格なマテリアルを提供できる。

無論、見てわかっていただいた通り、DIYめっちゃ可能

ていうか、DIYerのためのマテリアルと言ってもおかしくないだろう。

終わらないコンクリートオワコンの由来は、仮にこのコンクリートがなんらかの衝撃などで破損してしまったとしても、それは解体コンクリート塊から再生骨材を経由して再び生コン工場に循環し、蘇ったオワコンとしてまた同じ地域のどこかの地面を「蓋しない」で舗装することになる。

このストーリー性がオワコンの強みだ。

ナラティブなオワコンなのだ。

終わったコンテンツじゃないよ。

始まる前からオワコンなんだよ!!



永遠にループする "オワコン" そして、 "庭コン" で無料見積もりからの "あとじゃんチェック" でフィニッシュ!!

「え?たった600円(平方メートル単価)で材料ゲットしてDIYできちゃうの?」

「水はけも、雑草対策も、これでオワコンってこと?」

そんなふうに興味を持った人たちはMAPで製造工場、あるいは施工対応業者をサーチすることができる。

直接連絡したって、エクスショップなどのような一般消費者を専門に受付しているネットショップに相談したってOK。

どこぞのけったいなマッチングサイトみたいに、「繋げただけで有料」みたいなセコイ商売はしてません。

直接連絡していただいてOK。

紹介料も、仲介手数料も、広告料などの費用は一切取らない。

ものづくりで稼いでます。

で、複数者から見積もりをゲット。

「この見積もりって高いの?安いの?わかんないよ!」

みたいな方には、庭コンの至宝「あとだしじゃんけんワークス」が用意されている。

一般消費者は入手した最も良心的かと考えられる見積書をあとじゃんワークスにメール送信するだけ。

カウンターの概算見積もりが返信され、「ああ、適正価格だったのね」とか、「やっぱ、これ、高すぎるんだ!」みたいなことを知ることができる。

だから、安心して契約することができるのだ。



「永遠にループする《終わらないコンクリート》 "オワコン"発動」

ドライテックの姉妹プロダクトとして、主に犬走やサービスヤードなど、「固まる砂」「固まる土」「真砂土硬化舗装仕上げ」あるいは、「防草シートに砕石敷」がスタンダードなセグメントを対象にマーケティングが始まる。

コンクリートだから、土系に比べてその硬さは圧倒的。

無論、防草性能についてもいうまでもない。

砂利が散らかるなんてことは考えられない。

しかも、水をきっちり吸い込んでいく。

さらに、永遠にループする。

しかも、脱炭素技術をふんだんに配合可能(CCU)。

モンスタープロダクト "オワコン" いよいよ発動である。

エクステリア業界の皆さん。

どうぞ、お楽しみに。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら