長岡生コンクリート
創発により紡ぎ出される
コンクリートソリューション

2024/02/25

【残コンは砂金】「 誰もが招かれ必要とされる場所で起きている技術開発」(月刊残コン Vol.79)

【残コンは砂金】「 誰もが招かれ必要とされる場所で起きている技術開発」(月刊残コン Vol.79)

およそ全ての生コン工場にとって忌むべき厄介者でしかなかった「残コン」が資源循環・脱炭素の追い風を受けて誰もが欲しがる「砂金」のように価値を発揮する時代がもう見えてきた。 誰もが招かれ必要とされる安心な場所だからこそ生まれる創発型技術開発。(月刊残コン Vol.79)



残コンの夜明けはもう間近

 残コン女の子

本日は恒例「月刊残コン」としてこの1ヶ月を振り返っていきたいと思いまっす。これまでの縦割りとは一線を画したWEBのように点と点が必要に応じて結びつき響き合うそんな技術開発がたくさん生まれましたー。。

残コナプラント投入で作っちゃおうよCLSM「イワモル」

IMG_1117.jpeg

単位残コナ量を80〜120kg/m3をプラント投入(あるいはサイロからの供給)とSCMs50kg(高炉スラグ微粉末や高炉セメントB種など)と残コン由来の骨材(回収/粒状化)、上澄水で製造するCLSM「イワモル」の製造実験が白石建設で行われた。全て、SCMsを除けば全て残コン由来の資源循環コンクリートはあらゆる生コン工場で製造可能。

関連記事:「残コナのプラント投入でCLSM【イワモル】はあらゆる生コン工場で製造可能」

 

資源循環・脱炭素コンクリートの社会実装の鍵は生コン工場との連携

IMG_1118.jpeg

これまでの技術開発のようにゼネコンや研究機関の人員のみではなく、社会実装の担い手である生コン屋さんやポンプ屋さんを中心に据えたあり方が本当に「売れる」つまり「社会実装」が可能なコンクリートを生み出す。

関連記事:「これからのコンクリートの研究は生コン屋さんと繋がってるか否かが成否を分ける」

 

誰もが招かれ必要とされる安心な場所

IMG_0964.jpeg

テクノクラシーな技術開発、つまり権威をいただきに据えた階層的で選民的なこれまでのあり方ではもう循環は生まれない。誰もが招かれ必要とされる安心な空間だからこそさまざまな人たちの才能やエネルギーが解放されイノベーションは自然発生(創発)を見る。

関連記事:誰もが招かれ必要とされる安心な空間 【生コンキャンプ】 にはいったいどんな人が集まるのか

いとも簡単にすごいことができちゃう

IMG_1036.jpeg

誰もが招かれ必要とされる安心な場所だからこそ参加者全員の想いや情熱が解放され階層に妨げられ減衰することなくすごいことが起きちゃう。そんなことを改めて気付かされた生コンキャンプだった。

関連記事:思いつきで実機(BPとポンプ車)を用いてのフィールド実験ができる

地元 #世界一有名な半島 でも始まる

IMG_1106.jpeg

地元伊豆の国市建設のドン土屋建設土屋昭専務自ら「オワコン」施工。昨年より各地の地方公共団体での採用が進んでいる「オワコン」(資源循環・脱炭素を意識したコンクリート)はいよいよこの度生コンポータルのお膝元伊豆の国市の建設業協会青年部の方々向けの交流会が実施された。 現地で実際にインフラや防災に携わる技術者らの協力があってこそコンクリートに求められる資源循環や脱炭素が動き出す。

関連記事:思いつきで実機(BPとポンプ車)を用いてのフィールド実験ができる

「生コンキャンプ」で残コンを砂金に

でできること

設備見学、工場見学は
随時受け付けております。

下記申込みボタンから
お申込みください。

参加申込みをする

技術開発プロジェクトへの
参加申し込みは

下記よりお申込みください。

nagaoka-rmc@yr.tnc.me.jp

資源循環や脱炭素を意識した「残コン」の高度利用や非JISコンクリートの製造・施工に関する技術開発ではこれまで生コン工場にとっての厄介者でしかなかった「残コン」を「砂金」と捉える技術開発が盛んに行われている。

残コンさん、残コン姐さん。 あともうちょっとで「残コンは砂金」って胸を張って言えるような時代が到来しそうな創発型技術開発の模様のご紹介ご苦労様でしたっ。
「コンクリートをもっと身近に」
やっぱ、誰かを除け者にしたり孤立させたりハブにしたりってやっちゃダメだと思うんだ大人なら。もちろん、公序良俗に反したり明らかに違法行為は別として、ね。 誰もが招かれ必要とされる安心な場所だからこそイノベーションって起きる気がする。うん、宮本さんそんな気がする。
オワッコーン‼︎

 宮本

 残コン女の子

ぉ、おわ??。。 除け者にされたらそこには恨みも残りますからね。 みんな仲良くは難しいにしてもなるべく互いを尊重し合い独善的・一方的ではない技術開発を心がけ「残コンは砂金」を実現したいものですー。。
残コン‼︎ オワッコーン‼︎

 残コン姐さん



作者・宮本充也

宮本 充也

主な著者
宮本充也

1級(舗装・造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

危険物取扱責任者(乙4)/毒物劇物取扱責任者/日本農業検定(1級)/エクステリアプランナー(2級)/運転免許証(大型・中型)

勉強中の資格:採石業務管理者/2級FP技能士