長岡生コンクリート
残コン技術フォーラム
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに
  • HOME
  • 残コン技術フォーラム

残コン技術フォーラム

残コン技術フォーラムでは、 500~1,000円 / t で残コン・スラッジを処理できるIWAシステムをはじめ、

  • 脱モルタル0.5㎥ 先行剤「モレステ」
  • 少量残コン改質剤 「セルドロン」
  • ホッパー内残コン処理剤 「R2」

など、種々のソリューションを取り扱っています。

ECON/IWA のメリット - 生コン工場の問題解決!-
  1. 残コンによる残業カット
  2. 残コン処理手間の軽減
  3. 騒音、粉塵の発生抑制
  4. 廃棄コストの低減または0円化
  5. 完全ゼロエミッション工場
  6. リサイクル技術各種
  7. 先行モルタルを残コンにしない方法
  8. 残コンを現場でそのまま処理できる方法
  9. スラッジの再利用方法
  10. 繊維入り残コンの処理について

従来のフローでは

現場で余る(20m3) ⇒ 持ち帰る ⇒ 構内の所定の位置にストック ⇒ 翌日重機を用いて担当者が1時間?2時間かけて砕く(騒音・粉塵) ⇒ 産廃処理業者に引き取ってもらう (有料  ※東京都m3/7000円 ⇒ 20×7000+140000円

IWAのフローでは

現場で余る(20m3) ⇒ 持ち帰る ⇒ プールに捨てる ⇒ 15分かき混ぜる ⇒ 翌日骨材の出来上がり(2500)(※IWAm3定価3000円×20m3÷2.3骨材比重 = 1300円 / ton単価の骨材が手に入る)(廃棄量0円) ⇒ 翌日から生コンクリートの材料として再利用

デモンストレーションを随時開催しております。
お気軽にお問い合わせください

1.環境に優しい、エコアピール

骨材の再生利用 / CO2の削減に!

ECON/IWA

ECON/IWA

2.コストダウン

基本性能である埋戻し材の他に、捨てコン、ラップルコン、Non-JIS品などにもECONを使えます。

流動化処理 ECONの配合

配 合スランプ用 途
200
(15N程度)
A(8~12cm程度) 固まればOK
B(18~21cm程度)
250
(18N程度)
A(8~12cm程度) 通常用途
B(18~21cm程度) 通常用途(ポンプ打設)
300
(21N程度)
A(8~12cm程度) 強度が欲しい
ポンプ打設
B(18~21cm程度)

3.流動化処理土 ECONの耐久性 / 性能アップ

強度が上がる、耐透水性の向上

ECON/IWA ECON/IWA

ECON/IWA ECON/IWA

1年間で3,000㎥以上の実績

使用材料 水+固化材+細骨材+IWA骨材+混和剤+建設発生残土等
基本スペック スランプ 8~18cm   強度 13.5~21N ㎡程度

ECON/IWA カタログ

ECON/IWA カタログダウンロード(PDF/630KB)

このサービスに関するご相談・お問い合わせ

サービス名:
お名前必須
フリガナ
会社名(会社の場合)
会社名フリガナ
メールアドレス必須
確認の為もう一度必須
電話番号
お問い合わせ内容
送信確認必須

関連記事

  • 「韓国生コンをけん引するリーダーの往訪」 残コン・スラッジ

    「韓国生コンをけん引するリーダーの往訪」 残コン・スラッジ

    実は彼らは韓国生コンをけん引するリーダーの一団だった。 まさかの大視察団登場。 韓国からである。 MAPEIの時もそうだったが、 なんて当社はひきが強いのだろうか。 もちろんいい出会いばかりじゃない。...

    詳しく見る

  • 「今やりよらんと、いつまでたってもできん」 高野生コン・スラッジ・残コン

    「今やりよらんと、いつまでたってもできん」 高野生コン・スラッジ・残コン

    スラッジの山を見るとワクワクする。 こんな心境ご理解いただけるだろうか。 今年から始まった残コン解決スタートアップ支援プロジェクト。 ポジティブな女性工場長宮嶋さんの元気がきっかけだった。 (参考ブロ...

    詳しく見る

  • 「はまの残コン」 見学会・神奈川・残コン

    「はまの残コン」 見学会・神奈川・残コン

    横浜は言わずと知れた人口密集地。残コン・スラッジの処理方法の確立は喫緊の課題。残コンの有償化は進んでいるものの、発生そのものの抑制は完全ではない。 というわけで大都市、横浜。 神奈川県横浜市 静岡県と...

    詳しく見る

  • 「埼玉たまちゃんと残コン」 見学会

    「埼玉たまちゃんと残コン」 見学会

    スラッジケーキの乾燥機(日工社製)の設備見学 いよいよ満を持して埼玉で開催する。 それもなんと、 三和建業(朝霞市)で開催されるという超贅沢なロケーション。 三和建業といえば名物社長、 野島安広 が率...

    詳しく見る

  • 「THE KEYSTONE FOR SUSTAINABLE CONCRETE IN JAPAN」

    「THE KEYSTONE FOR SUSTAINABLE CONCRETE IN JAPAN」

    ひゃあ、めでてゃあじゃあ 敢えて伊豆弁でいかせてもらった。 世界企業MAPEIが発行する REALTA MAPEI 日本の事例として長岡生コンが紹介された。 ※66号 国際的に発行されている ※日本の...

    詳しく見る

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

取扱い商材・商品

  • 再生|蘇る生コンのゴミ『ECON/IWA』
  • 治生|生コン屋のコンクリート補修『RCトータルサポート』
  • 透生|水溜りのない土間コン『ドライテック』
  • 液生|いつもまにか誰にも知られず埋め戻される『流動化処理工法』
  • 筋生|メッシュ筋敷設不要『メッシュレスコンクリート』
  • 即生|養生からの脱却『超速硬コンクリート』
  • 見生|百聞は一見にしかず『定例施工見学』
  • 夜生|眠らない生コンプラント『ヨルナマ』
  • 俺生|極少量の特殊コンでも袋でお届け『俺の生コン』
  • 更生|日夜新しい生コン関連技術を開発『GNN』
長岡生コンクリート
このページのトップへ