長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに
お名前
メール
TEL
見積り内容
m3 m2 t
興味のあること
お問い合わせ内容
  • HOME
  • 残コン技術フォーラム

残コンの常識が変わります

econ_top2018.jpg

これまでの残コンの常識

  • 夕方の残コンでギクシャク(生コン車まるごと余らせた?!)
  • 「ポンプ返し」は実は危険作業
  • 残コンのせいで残業、翌朝も処理に数時間かかることも
  • 地域によっては費用請求や持ち帰りを拒否される
  • 建設汚泥(産廃)とみなされコンプライアンス上問題
  • 3Kの温床、これでは若者も女性も選んでくれない

これからの残コンの常識

  • あらゆる残コンも簡単に処理できるからみんな笑顔
  • 危険なポンプ返しをしなくてもいい
  • 夕方10分程度の作業で一発解決。翌日の作業もない
  • 建設、生コン、ポンプが協同して残コンに市民権を!
  • 現場内で自ら利用。だからコンプライアンスOK
  • テクノロジーは残コンをチャンスに変えた。

生コンのゴミを資材に

各種残コンソリューション紹介

①ポンプ・ホッパー内に残った残コンの再生技術「R2」説明

危険作業とアンコンプライアンスが潜むホッパー内残コンの処理に新しい手段(全圧連) 

②先行モルタル0,5㎥代替材

必ず残コンになることが知られており、生コン工場のデリバリー効率を悪化させるモルタル0.5の代替策 

③現場で発生した少量の残コンの処理技術「セルドロン」

屋内配管、スクイズ式ポンプで発生したホッパー内残コン、その他少量の汚泥に対して効果的な再生技術

④現場で発生した大量の残コンの処理技術 Re-Con ZERO

1㎥以上ドラムの中に残した状態で荷卸しが完了した場合に、Re-Con ZEROをドラム内に投入して残コンを再生砕石に改質する。
それらは現場内で仮設用砕石として再利用されることにより廃棄費用の低減と砕石等資材購入費用の圧縮を図る

⑤生コン工場に持ち戻される大量の残コンの処理技術「残コンスラッジ処理システム」

コンガラやスラッジの処理にかかわる時間を大幅に短縮し、騒音・粉じんの軽減、ゼロエミッション(ISO 14001取得)を実現することにより廃棄コストのカット

⑥自動はつり

生コン工場の重労働として知られるドラム内のはつり作業の撲滅を目指して開発された。1台当たり10分~20分程度の無人・完全自動はつり技術

このサービスに関するご相談・お問い合わせ

お名前必須
会社名
メールアドレス必須
電話番号
お問い合わせ内容

関連記事

  • 「【兵庫10月20日】日工100周年記念イベント|残コンスラッジ」

    「【兵庫10月20日】日工100周年記念イベント|残コンスラッジ」

    目の前の現実と闘っても何も変えることはできない。何かを変えたければ、今あるモデルが時代遅れになるような、新しいモデルを作るべきだ。(リチャード・バックミンスター・フラー)http://www.nr-m...

    詳しく見る

  • 「【京都】生コン業界の独りよがりじゃない|残コン」

    「【京都】生コン業界の独りよがりじゃない|残コン」

    残コン先進地区京都次のアクションは「ポンプモルタル廃止と実験結果について」は京都テルサで10月10日に開催。いよいよ4協組を上げて京都でポンプモルタル(先行モルタル)の廃止を決定。全国でも初の試みと、...

    詳しく見る

  • 「【岐阜】水を張ったプールに残水・洗浄水を排出してない?|残コンスラッジ」

    「【岐阜】水を張ったプールに残水・洗浄水を排出してない?|残コンスラッジ」

    広がるスリット水槽の設置。とにかく、水を除去する。これが残コンやスラッジを取り扱う上での鉄則。残コンスラッジ処理システムの初手となるスリット水槽が全国で広がっている。http://www.nr-mix...

    詳しく見る

  • 「【静岡】道路はゴミ箱? 残コン舗装」

    「【静岡】道路はゴミ箱? 残コン舗装」

    舗装するとお金がかかっちゃう。仮説路盤(砂利敷き)だと埃が舞っちゃうし雨の日に足が汚れそう・・・。そんなグレーな領域に利用されている安価な簡易舗装、実は生コン業界での困り者「残コン」が由来です。htt...

    詳しく見る

  • 「It's a small world 残コンとODAの意外な関係|残コンスラッジ」

    「It's a small world 残コンとODAの意外な関係|残コンスラッジ」

    エチオピア出張(SATREPS)の記事が、京大のWEBページに掲載される。このSATREPS事業はJST(=文科省)とJAICA(=外務省)の共同助成金で、今回採択された約10件のうち成果のあったもの...

    詳しく見る

関連キーワード

気になるキーワードをクリックしてください

このページのトップへ