長岡生コンクリート
創発により紡ぎ出される
コンクリートソリューション

2023/12/07

タグ:

廃止管充填に用いられる残渣式流動化処理土もCLSM「イワモル」も生コン工場で普通に製造可能です

廃止管充填に用いられる残渣式流動化処理土もCLSM「イワモル」も生コン工場で普通に製造可能です

CLSM「イワモル」だけじゃない。ICC(生コンポータル経営参画)では残渣式流動化処理土もパラレル製造・出荷を行っている。地中に埋もれたままのもう使われなくなった廃止管はそのままにしておくと沈下や陥没、落盤の原因ともなるため、前始末できちんと埋めておきましょう。
製造:ICC(担当:わたなべまさつぐ)、施工:渡正配管工業(4m3使用)



残渣式もCLSM「イワモル」もパラレル出荷

イワモル

本日はCLSM「イワモル」に先立つこと10年前から製造・出荷をしている残渣式流動化処理土が廃止管充填に採用された現場のご紹介ですぞ。
こうした製品は地中構造物など人目に触れない箇所を対象としているのでイマイチ身近に感じてもらえないのが玉に瑕ですぞ。

新規配管に伴う廃止管のメンテナンス

IMG_8162.jpeg

こちら、写真に見える新設舗装の下には新規配管が設置されている。それに伴い、老朽化した配管のメンテナンスが必要となる。通常は開削と言って配管上の土被り(どかぶり)を削って廃止される管を撤去してさらに埋め戻して、からの舗装、という手順が想定される。

残渣式流動化処理土で廃止管を充填だから開削不要

IMG_8161.jpeg

こちら、廃止が決まっている配管に直接連結されている管を通って残渣式流動化処理土が充填される。そのため、開削やそれに伴う舗装などの手間が全て省ける。

ポンプ圧送だから施工者らはただ見てるだけ

IMG_8160.jpeg

なお、施工は全て圧送車を用いて自動的に行われるため重点のための配管を連結する、あるいは連結を解除する作業以外は労務は全く発生しない。ただ、見てるだけ。知らぬ間に充填が完了し、そのまま周辺地盤と同程度の強度を発現するから沈下などの懸念はクリアとなる。

残渣式流動化処理土は砕石場の残渣を利用

残渣式流動化処理土とは中村建設らが知財管理を行っている流動化処理土であり砕石場などで発生する残渣を水に溶かした(解泥)ものにセメントミルクなどを配合することで得られる製品。

CLSM「イワモル」は残渣でなくて残コン由来

IMG_7934.jpeg

なお、アメリカACIで基準・規格が整備されているCLSM(Conntrolled Low-Strength Material)の特徴は流動化処理土のそれと酷似しており、当社らも参画するHAYN隊らで基準・規格策定が進んでいる「イワモル」も同じく適用可能であるため、ICC(生コンポータル経営参画)では残渣式と「イワモル」のパラレル出荷を行っている。

ご注文は「生コンビニ」からお気軽に

現場サポート「生コンビニ」
単価送料最低
注文数量
オワコン 30,000円~
/m3
0.5m3
オコシコン 40,000円~
/m3
0.5m3
まさ固 20,000円~
/m3
0.5m3
生コンクリート 25,000円~
/m3
0.5m3
オワコンの素(Y弾) 10,000円
/1m3分
1袋
バルチップ 5000円
/1袋
1袋
ドットコン型枠
(1枚あたり0.81m2)
3,800円
/枚
1枚
ヌルコンDIYキット
駐車場1台分
17,000円
/kg
1セット
ヌルコンDIYキット
駐車場3台分〜
52,000円
/kg
1セット
オワコン袋タイプ(オワモル) 1,500円
/袋
1袋

「貴社条件」(既往の支払い条件)でご購入いただけます。
「工場指名」既往の取引先(工場や建材店)からの仕入れも可能です。
「現場立会」(経験豊富な施工者を派遣)は初めての施工に限り無料です。
「直営施工」(出張納品)を施工研修としてご利用いただけます。
・ご希望される方には「庭コン」から無料送客を行なっています。

※ 「当社旧製品(ドライテック)にお困りの方はお問い合わせください」

生コンデスクフォーム

流動化処理土やCLSMはあの博多駅前道路陥没事故の時に一躍有名になった製品です。生コン工場が積極的に取り組むことでその知名度は上がることでより身近にご利用いただけるように努力しています。

まさ固さん

「イワモル」や残渣式に興味ある? 生コンキャンプ

なお、生コンキャンプでは現場見学・定期交流会や設備見学会などへの参加申し込みや、技術開発プロジェクトへの参画も受け付けている。イワモルや残渣式流動化処理土などに興味・関心があるなら迷わず問い合わせを。

関連記事:ドットコンやオワコン、オコシコン、まさ固(イワモル)の見学の後は足湯やパーティーで寛ごう

イワモルくん、まさ固さん。今日は地元廃止管充填に採用された残渣式流動化処理土のご紹介ご苦労様っ。
「コンクリートをもっと身近に」
てなわけで、これで3本目のブログ完了、毎日毎日よくやるよね、我ながら。それもこれも、普段馴染みのないコンクリートの活躍を「伝える」ことで知ってもらって、もっともっとお役に立ちたいからなんだっ。
オワッコーン‼︎

 宮本

 イワモルくん

ぉ、オワッコーンですぞ。。  そんな残渣式流動化処理土やCLSM「イワモル」に関心のある方はお気軽に生コンキャンプにお問い合わせくださいですぞ。
ぉわっこーン!

まさ固さん

作者・宮本充也

宮本 充也

主な著者
宮本充也

危険物取扱責任者(乙4)/1級(舗装・造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

毒物劇物取扱責任者/日本農業検定(1級)/エクステリアプランナー(2級)/運転免許証(大型・中型)

勉強中の資格:採石業務管理者/2級FP技能士