長岡生コンクリート

2023/04/07

「粒状化骨材100%で製造したジオポリマー(RG骨材GEO)の1・4週強度結果」

「粒状化骨材100%で製造したジオポリマー(RG骨材GEO)の1・4週強度結果」

続々と結果が報告されるRG骨材100%で製造されたジオポリマーコンクリートの強度。「主なCO2発生源セメントを用いずに普通コンクリート同等の強度発現する」。この結果に建設・コンクリート産業の構成要因、とりわけゼネコンや生コン組合は真摯に向き合うべきだろう。



ジオポリマー4週強度

9EE384D4-AE03-433E-A4CE-6E14ADF16898.jpeg


Mapecube Geo 試験練り(ゼロセメント)・28日強度試験結果
1バッチ目(Geo 60㎏/m3添加、AE減水剤なし)
 17.3 17.2 17.4
 平均 17.4 N/㎜2
2バッチ目(Geo 60㎏/m3添加、単位水量 -30㎏/m3)
 19.2 19.1 19.4
 平均 19.2 N/㎜2
3バッチ目(Geo 30㎏/m3添加、AE減水剤あり)
 16.6 15.9 17.6
 平均 16.7 N/㎜2
(二見メンバー共有)


 残コン女の子

今日はみんなが注目している「生コン屋さんから製造・出荷される」ジオポリマーコンクリートの試験練り強度結果をお知らせします。
普通コンクリート・水セメント比(W/C)65.1%の配合のセメント量をそのまま高炉スラグ微粉末に置換(W/B 65.1%)したもの。ちょっと驚いていただけると思うのですが、呼び強度18N/mm2には及ばなかったものの(3バッチ目)それでも、16.7N/mm2という結果は、「生コン屋さんからジオポリマーが当たり前に出荷される世界」の兆しと読むことができそうです。

W/B 55.1%のジオポリマー 1週強度

5880F426-FD32-4B2F-8031-A2CC4F619E9B.jpeg

AD14F6C8-9BF5-425E-9DD9-B4126E863370.jpeg


230407【ジオポリマー 試験練り‐2】
Mapecube Geo 試験練り‐2
3/31打設・7日強度試験結果
Geo 30㎏/m3添加、W/B=55.1、AE減水剤 1.2%
 13.2 13.5 13.1
 平均 13.3 N/㎜2
おう、てめぇら、見ろこの結果。W/B65.1%の1週強度結果から考えれば確実に18N/mm2〜20N/mm2以上は楽々発現する勢いだぜっ。

 残コン姐さん

RGジオポリマー経済性は?


ジオポリマー 配合値(㎏/m3)(→ 3/31 実施の試験練り配合 ※1週強度13.3N/mm2)
W:148 B:323 S:664 G:784 Geo:30 (AD:2.98)
 B → 高炉スラグ微粉末(密度:2.88)
 S → RG細骨材(密度:2.05)
 G → RG粗骨材(密度:2.30)
 AD → SV10L
ーーーーーー
元配合(18-18-25 N
W:178 C:273 S1:457 S2:460 G1:448 G2:453 (AD:2.98)
 C → 普通セメント(密度:3.16)
 S1 → 山北(密度:2.61)
 S2 → 富士川(密度:2.63)
 G1 → 相生(密度:2.62)
 G2 → 富士川(密度:2.65)
 AD → SV10L


①RG骨材利用分

GEO→S:664 G:784→1,448kg

RMC→S1:457 S2:460 G1:448 G2:453→1,818kg

 残コン女の子

ジオポリマーに用いられた骨材は100%RG骨材(残コン由来の粒状化骨材)でした。V骨材4,000円/tに対してRG骨材は1,000円/t(暫定値)とするならば、GEO(ジオポリマー)とRMC(生コン)の骨材コストは以下の取りになります。
GEO:1,448円
RMC:7,272円
つまり、5,824円GEOの方が安い!ということになりました。

②高炉スラグ微粉末利用分

GEO→B:323

RMC→C:273

小卒で細かい計算ができねえのでざっくり行くぞ。セメントを15,000円/t 高炉スラグ微粉末を10,000円/t で仕入れたとすりゃ、この通りだ。
GEO:3,230円
RMC:4,095円
GEOの方がやっぱり、865円安くなったなっ。骨材と合計で6,689円/m3安くなる計算だぜっ。

 残コン姐さん

混和剤(GEO)のコストは?

9AAB12BD-93C6-4FF0-B369-9A490CC60165.jpeg

FB4A99F9-8112-47A0-88A1-2F832050CFB1.jpeg

現在イタリアで初期ロット生産が始まったばかりの混和剤(Mapecube GEO)の日本向け価格はまだ決定されていない。https://www.nr-mix.co.jp/econ/blog/_aams_mapei.html

うーっす、うーっす。宮本さんです。現在外国からの旅行者でパンパンの新幹線で大阪に移動している宮本さんで〜す。いやー、コロナ禍終わったね、これ、うん。マスクしてる人随分減ったし。これから大阪で仕事済ませたらその足で岡山県高梁市に移動する引っ張り凧と思わせぶりは事実勝手に押しかけているだけですが汗。
RG骨材GEO(残コン粒状化骨材によるジオポリマーコンクリート)すごいね、何せ通常の生コンよりも混和剤コスト別で6,689円/m3安くなっちゃってるんだから。まだ、混和剤の価格が決まってはいないんだけど、真面目にゼロセメントにする必要もなかろうし、10%〜30%くらいセメント使って混和剤をその分ケチったりして、いろんな配合を検討しうるだろうし、これ、本当に物凄い潜在性を秘めているよねっ。とってもワクワクします。
とりあえず当社では当面は赤字(船便ではなく空便で1000ℓ混和剤を取り寄せる)で地域社会での実装やサンプル提供を予定してまっす。こちらをご覧になられている建設・コンクリートの技術者・研究者で興味のある方は遠慮なく宮本さんのLINEにDM待ってるよっ。とって食うようなことしないから安心してw。
オワッコーン‼︎

 宮本

 残コン女の子

ぉ、おわ??
価格のアドバンテージももちろんですが、主なco2発生源であるセメントを使わなくてもコンクリートが製造できちゃうってことが本当にすごいですよね。生コン組合やゼネコンの皆さんと一緒に、こうしたコンクリートを標準にしていきたいです。
残コン‼︎ オワッコーン‼︎

 残コン姐さん



作者・宮本充也

RG骨材GEOさらなる検証

 残コン女の子

今回まではジオポリマー専用混和剤(Mapecube GEO)の性能を中心に検証してきました。今後はV骨材とRG骨材での対照実験を行うことで、果たして RG骨材に含まれているアルカリ成分がジオポリマーに影響を与えているのかなどを探っていく予定です。もちろん、W/B W/Cの調整や、混和剤量についても、まだまだ検討の余地がある、「まだ始まったばかり」のこの分野には多くの参加者が必要です。お気軽に宮本さんまでご連絡くださいっ。

宮本 充也

主な著者
宮本充也

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

日本農業検定(1級)/エクステリアプランナー(2級)

現在勉強中の資格:1級舗装施工管理技士(応用試験)