長岡生コンクリート
骨材の再生利用、CO2の削減、コストダウンに

「いつでも見学受付中!」残コンステーション、ソリューション開発

  1. 建設現場における残コン対策:先行モルタル代替ページにリンクするボタン
  2. 建設現場における残コン対策:ホッパ内外の残コンページにリンクするボタン
  3. 生コン工場における残コン対策:残コン・残水・洗浄水ページにリンクするボタン

2021/11/22

「オワコン、その後どうなってんの?ちゃんと水通してる?」(週刊生コン 2021/11/22)

「オワコン、その後どうなってんの?ちゃんと水通してる?」(週刊生コン 2021/11/22)

先週はまさにオワコンセンセーショナルなデビューの一週間となった。先々週静岡県沼津市で着想から3ヶ月も経ずして実装を記録したモンスタープロダクトはこちらもたった1週間で3つの現場で実装された。快進撃が始まっている。(週刊生コン 2021/11/22)



オワコン、その後

⚫︎先週の記事1: 【静岡】「年老いたご両親にオワコンをプレゼント 《雑草から解放》 親孝行しませんか? その方法」エクスショップ・透水宣言

いよいよ始まった。

本格的な造粒ポーラスコンクリート「オワコン」の社会実装。

先々週初実績を見たオワコンはなんと先週1週間だけで3箇所で施工されている。

まだ、着想から3ヶ月も経過していないのに、だ。

こんな足の早い信じられないスピードで実装が進むプロダクトを誰かご存知だろうか。

少なくとも、生コン21年目のこの僕の知る限り1DAY PAVEをはじめとする業界を挙げたプロモーションだけは一丁前の「全く売れない」生コンクリートしか知識として持ち合わせていない。

ここまで早い普及は当社透水性コンクリート事業としては16年目の結晶とも言えるドライテックをも凌駕する勢いだ。


我が国ではポーラスコンクリート舗装40年の歴史を数えている。

佐藤渡辺によるパーミアコンがその草分けとなる。

公道も含め、我が国ポーラスコンクリートのテクノロジーの蓄積はそれだけに深い。

一方のオワコンはそれこそ今年の8月に生まれたばかりで社会実装も先々週から始まったばかり。

だから、研究が全く追いついていない。

どのような配合にすればどのような強度他特性が得られるのか全く未知数。

だから当面は絶対に大丈夫な性能を要求される分野、「雑草」「ぬかるみ」「排水」のみをその要求性能として設計された簡易な配合で実装されている。

今後多くの研究機関、道路会社、生コン工場らの手により創発型の研究開発が進む見通しだ。

⚫︎参考記事: 《急募》「造粒ポーラスコンクリート【オワコン】で駐車場の舗装実験」

はて、その生まれたてのオワコン。

その後どうなってんの?

ちゃんと水通してる?

尤もな疑問である。

僕自身も興味ある。

冒頭に挙げた動画はまさに透水性を示すものであるが、そもそもコンクリートでありポーラス構造であるから、ポーラスコンクリート同様恒久的な透水性は約束されている。

アスファルトのように石油製品と違って脆性物質コンクリートはそもそも空隙つぶれなどを起こさない。

絶対に、水を通し続けるのだ。

アスファルトとの違いを解説している動画。

アスファルトとコンクリートは似て非なるもの。

空隙が潰れて透水性能を回復できないアスファルトと違ってコンクリートは永遠に透水性能を保持する。

施工2日後のオワコン表面の様子。

触っているのは映画「透水宣言」の主人公透水性夫役の菅野貴夫さん。

先週は立て続けに採用されたオワコンの撮影も行われた。

至近、映画「透水宣言」にてその様子は公開予定だ。

生コンポータルの活動(ブログ、動画、SNSのコンテンツ配信)を通じてオワコンの耐久性や強度が実績として明らかにされていくことだろう。


⚫︎先週の記事2: 【静岡】《オワコン》「乾かない。作業が忙しくない。一人でもできるよこれ」池田ブロック

⚫︎先週の記事3: 【静岡】「母が石につまずいて、転ぶ心配もなく安心」あとだしじゃんけんワークス

こちら、2現場目。

リアルあとじゃん活動に寄せられた相談から犬走にオワコンが採用された。

なんと、もともと提示されていた見積もりが3分の1に圧縮されただけでなく、当初予定されていなかった犬走にオワコンが舗装された。

ご満悦で泣けるお便りまでお寄せいただいた。

きっと暮らしが始まって数年後にその本当の価値に気づきさらに感謝してもらえることを僕たちは知っている。


⚫︎先週の記事4: 【茨城】「とにかく、雑草・ぬかるみ・排水。多くを求めないなら安い《オワコン》で決まり」ジャービス商事・當和

そしてこちらはついさっき書き上げたばかりのブログ。

先週の土曜日栃木県(静岡県ではない実績では初!)で採用されたオワコン。

まさに、オワコンの鑑のような施工実績である。


今はたと気づいたが、「オワコン」という文字をここまでたくさん連ねているブログっておそらくなかろう。

ネットスラングとして登場した「終わったコンテンツ」の略称「オワコン」。

おそらく10年内外の歴史を持つ2ch出身のこの言葉に新たな意味を付与しようとしている。

「SEO的にはライバルが多いから埋もれちゃうと思います」

当社小松職員からのネガティブな指摘である。

確かにそうかもしれない。

ただ、エクスショップの加島さん(代表取締役)いわく、「オワコンもそろそろオワコン化しているし、若い人知らないかもしれないから、逆にいいかも」と、インターネットの申し子がそうおっしゃっていただいているので自信がついた。

「オワコン、その後どうなってんの?」

という本ブログのタイトルがまさにここにきて意味を持ち始める。

オワコンは、オワコンになりますが、新たなオワコンがその役割を別の形で引き継ぎます。

透水性や保水性を持つ全く新しいポーラスコンクリートとしての役割をね。

それではお後がよろしいようで。



宮本充也

宮本 充也

主な著者
あとじゃん先生(宮本充也)

1級(造園・建築・土木)施工管理技士/コンクリート主任技士・診断士

メーカーは消費者のことを啓蒙する必要のある素人として軽んじている。
「最近の施主はインターネットで付け焼き刃に知恵つけやがって」
こんなプロ施工者や製造者のひどい声を聞かされることもしばしば。
ものづくりは消費者の方を見ていない。 [ 続きを読む ]

WEBセミナー中継中!

長岡生コンクリート
このページのトップへ

施工実績はこちら

お問い合わせはこちら